義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

テアトル・エコー公演 153 八月の人魚たち


◇時間:
14:00

◇会場:
テアトル・エコー

◇出演:
森澤早苗 シェリー
杉村理加 レクシー
薬師寺種子 ダイナ
重田千穂子 バーナデット
渡辺真砂子 ジェリー・ニール

◇スタッフ:
作:ジェシー・ジョーンズ、ニコラス・ホープ、ジェイミー・ウーテン
翻訳:鈴木小百合
演出:酒井洋子
装置:大田 創
照明:橋野明智
衣裳:伊藤早苗
音響:山崎哲也
舞台監督:金子武男
演出助手:浜野基彦
ヘアメイク:アトリエレオパード
著作権代理:タトル・モリ エイジェンシー
宣伝写真:三井 実
宣伝美術:市川きよあき事務所
制作:白川浩司 吉川朋美
主催:(株)テアトル・エコー

◇ストーリー:
アメリカ南部ノースカロライナ州アウターバンクスにある、簡素なコテージ。
この島々が連なる美しい海岸線の保養地へ、毎年夏の終わりに集うことを何よりも大切にする人たちがいた。
かつて大学の水泳部で同じチームだった5人の同級生だ。
1年に一度ここで迎える仲間との週末は、それぞれが近況を語り、とりとめのないおしゃべりが続くだけ。
しかしここは、永遠に続くように見える海と、生涯の友情が確かに感じられる唯一の場所だった……。


http://www.t-echo.co.jp/wp/?p=4901


ギリギリ駆けつけた。
五人の女性のみで繰り広げられるお話。
元水泳チームの仲良し五人が、それぞれの人生もありつつ喧嘩したり仲直りしたりしながらお互いを大事にしてる姿がとても面白いし、女性同士ならではの開けっ広げさが楽しい。
よかった。すごいよかった。

前半は44歳と49歳、後半は54歳と77歳。
人生の荒波はあり、お馴染みのハプニングもあり、驚きのイベントもあり。
お互いのチームワークは変わらず、でも少しずつ変化していき。最後はほろりと。
南部のビスケットについての熱弁がたいそう面白かった。

たぶん一番悲惨な人生だった女性が、最後にいろいろと忘れていって、「私の人生は幸せだった?」って聞くのがとても切なくて、でもそれに、友人たちは「あなたは幸せだった」って返すのがもうほんと…(T_T)
こんな友情に支えられた人生なら、確かに幸せなのかもしれない。

今日見た作品はちょっとだけ春夏秋冬っぽくもあり、なんとなくかえる君を思い出してた。
ああいう、違うキャラだからこそぶつかり合うこともあるけど大事な友人っていう関係は男女関係なくいいね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター