義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ブロードウェイミュージカル『フロッグとトード ~がま君とかえる君の春夏秋冬~』


◇時間:
15:00

◇会場:
日向市文化交流センター

◇Based on the books by:
Arnold Lobel

◇Music by:
Robert Reale

◇Book and Lyrics by:
Willie Reale

◇演出:
鈴木裕美

◇上演台本・訳詞:
高橋亜子

◇音楽監督:
八幡茂

◇出演:
川平慈英 鈴木壮麻
戸井勝海/中山昇 宮菜穂子/樹里咲穂

◇キーボード:
飯田緑子

◇協力:
文化出版局

◇企画・製作:
シーエイティプロデュース

◇ストーリー
がま君とかえる君、二匹はとても仲良し。
物語は春の訪れとともに始まります。
「手紙を一度ももらったことがないから郵便が来る時間はかなしい」というがま君。
それを聞いたかえる君はお家でがま君宛に内緒で手紙を書きます。
でもその配達をカタツムリに頼んだので…。
さあ、ふたりの一年がはじまります!

公式サイト



大千秋楽!
最後の最後までとても楽しい舞台でした。


あの、後ろの席のお子さまの突っ込みが的確すぎてちょっと、ほんと、笑いすぎた。
「十の次は…」「11!」「教えちゃダメ!」
「い、つ、か❤️」「5日?」
クッキーに「焦げちゃうよ」とか。
ほんと、いいなぁ。
観客含めて舞台だなぁ。
さすがの大千秋楽で、全員なんかしら面白いことをやってくれたので、笑いすぎてお腹がいたいし、子どもたちの的確すぎる突っ込みが大変に面白くてどうしたらいいのほんと。


「僕らの家はすぐそば」のステップすごい好き。
てゆかフロッグとトードは振り付けも可愛くておしゃれで素敵だったなぁ。
いちいち動きがかっこよかった。
足元もすごくかっこよかったし。
ツーステップとかボックスとか、簡単に見えるのにすごくかっこいい。


開演前に、ガマガエルは腕力すごいんだよ、蓋の上に置いたレンガの重しごと動かしちゃったり、水のはいったバケツをひっくり返すこともあるくらいなんだよ、って話をしてたら、「だから時計が一発で壊れたのか!」と言われて目から鱗だった。
そうか、あれはがま君の腕力の賜物…
ガマガエルは腕力強いからがま君も…説に、土の入った花壇も運んでいたねって来たので、確かに…あれ本来はかなり重そう…
マッスルポーズもしてるし、がま君はマッチョなのか…もしかして…

そういや、よーそろーしてるときのがま君の歌が今日は大和に戻ってたね。
あと、先日のW杯よほど嬉しかったのかしら、昨日今日と。
「みんなでいこうね、ロシアー」の寝言に、妖精さんが「ロシアって(笑)」


「大変だよ?」「覚悟のうえだよ!」のときに、体を低めにして下から見上げてるかえる君に、がま君がめっさ顔近づけて鼻がぶつかりそうだったし、お化けガエルの時は額があたったのか離れたときにがま君が額さわってたし、最後の最後までとても近かった。
あの距離を、例え芝居でもできるのってすごい。


がま君「十の次は…」
客席「11!」「いっちゃだめだよ!」「11!」
がま君「なに?」
かえる君「妖精さんの声がするね」
がま君「(蒔く)十の次はいっぱい」

「どこ!?」
「どこいってるの!?」
「畑だ!」
「そこスイカ畑だよ!」
「ほんとだ、ちっちゃいスイカに…カボチャもあるぞ!」
「マンゴーもあるんじゃない?」
宮崎だけに。


「あっち向いて」のときに無理矢理体を向かせるんでなく、あっちを指差して「あっち。この指先の向こう」って言ってあっち向かせるの斬新だった。

カメ界のスターを狙ってるカメ姐さん。
きっと彼女ならいける。
てゆかカメ界のスターってどんなんだろ。
ウサギとカメのカメとか、竜宮城のカメとか、ライバルは多そう。


「気づいたんだ、さみしさに」って言いながらがま君の肩に頭をもたせかけるようにしてて、なんかこう、…可愛い。
一言で言えばかえる君可愛い。

そして最後の最後も、いや最後だからこそ、ほんとに素晴らしい歌でした。
なんであんなに情感込めて歌えるんだろうか。


「クッキーを覗いてみよう」のときのがま君、毎回舞台から落ちないかとひやひやしたんだけどたぶんそういう演技なんだよね。かたつむり君の転びかけるのと同じで。
どの役者さんもそういうの上手いからほんと困る。
うまい人が多いと目が足りない。

ファルセットのロングトーンめっさかっこよかった!!!
「だめー、だめー」からの「あけよー!!!」が全体的に力強くて。
てゆかダメダメ言ってるかえる君がめっさ可愛いんですけど。
いや、顔は、うん、表情はね、うん、鬼みたいな表情してるけど。
でも可愛いんだよ…困ったことに。
可愛く見えるんだよ。

あと、鳥さんたちきてからのぴょんぴょんがすっごい踊ってて、足取りめっさ軽いしほんとかえる君すごいなって。




幕間で、隣の2年生に計算問題だしてと言われて「がま君が120個クッキーを作りました。かえる君が一個食べました。鳥さんが56個食べました」っていったら後ろの子が「ええっ!?」って(笑)
可愛い。
いや、適当に4で割れる数字を言っただけなんだけど。
そんな驚かれるなんて。
ちなみに出題された方の子は平然と計算して43!と答えてくれました。
この計算だと、鳥さんが一人あたり14個でかえる君たちが一人22個食べてることになる。
適当に数字いっただけなのに案外いい感じの数字になったの楽しい。



凧揚げに関して、前はヘンゼルとグレーテルっぽくもあったから、かえる君は誰かと凧揚げしたことなくて人がやってるの見てただけで、だから凧揚げのコツとかすぐ出てこないのかなって思ってたんだけど、今回はそういうのないから、きっと普通にパパガエルたちとやってたんだろうなって思う。
「僕らの凧はかっこいい!」できりっとしてるのに、「ただひとつだけ言うの忘れてた」が可愛いので、ギャップ…orzってなる。
このとき考え込んでるの、今回は思い出そうとしてるのかな、と思う。
前のときはこのあと舌を出したりしてて、なんかこう、いたずらっ子な印象だったけど、今回はそういうのない。


いまさらなんだけど、なんであの二人は夜にお茶会しようと思ったんだろ。
原作にはなんかあったかな。


水着のことで、かえる君はがま君を追いかけて謝るけど、そりのときにはがま君は追いかけていけないの、二人の性格の互いなのかシチュエーションの違いなのか考えてるけど、後者かなぁ。
そもそもかえる君ががま君をおいて立ち去るというシチュエーション自体が特殊だしなぁ。


かえる君がソファに座ったあとがま君がそこに座ろうとして、かえる君的には膝に乗られるのもオッケーだったのか受け入れ体制できてるっぽかったけど、がま君がそれじゃダメだったようで、最終的にいつも通り椅子の隙間にねじ込んできてたの面白かった。
pianoにはならなかった。
二人でくっつきながら雪がふってるの眺めてるのほんと幸せそのものを切り取った絵のようで素敵。
末永く爆発しろ。


すっごいどうでもいい話だけど、がま君がくるっと回るとき髪の毛の後ろがふわっとなるのがなんか好き。
ほんとどうでもいいとこだけど。


カーテンコールで慈英さんから千秋楽である旨と、また来ますという宣言。
ほんとに、またぜひやってほしい。
そして今度はがま君に「何でここ空いてるんだ!」って言われないように、こっちもいっぱい呼びかけよう。


最終的に「かえる君可愛い」って言いたいだけの人生だった。
だって可愛いでしょ、可愛いよね!?(逆切れ)
知ってる、あの人はやろうと思えばどこまでも可愛くなれる。
アドリブで出てくる台詞がいちいち可愛いのほんと困る。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター