義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ブロードウェイミュージカル『フロッグとトード ~がま君とかえる君の春夏秋冬~』


◇時間:
11:00
15:00

◇会場:
彩の国さいたま芸術劇場

◇Based on the books by:
Arnold Lobel

◇Music by:
Robert Reale

◇Book and Lyrics by:
Willie Reale

◇演出:
鈴木裕美

◇上演台本・訳詞:
高橋亜子

◇音楽監督:
八幡茂

◇出演:
川平慈英 鈴木壮麻
戸井勝海/中山昇 宮菜穂子/樹里咲穂

◇キーボード:
飯田緑子

◇協力:
文化出版局

◇企画・製作:
シーエイティプロデュース

◇ストーリー
がま君とかえる君、二匹はとても仲良し。
物語は春の訪れとともに始まります。
「手紙を一度ももらったことがないから郵便が来る時間はかなしい」というがま君。
それを聞いたかえる君はお家でがま君宛に内緒で手紙を書きます。
でもその配達をカタツムリに頼んだので…。
さあ、ふたりの一年がはじまります!

公式サイト




お席はマチネが下手、ソワレが上手の端の前方。



夜、そーまさん喉のとこ、途中から赤くなってた。
あせも?
かぶれ?
化粧つけちゃったのかしら。
橇に乗る頃にはいつもくらいの色になってたけど、なんだったのかしら。


「素晴らしい春が大好き、素敵なことばかり」のとき、夜に客席から声が聞こえてきて「んー?」ってしてた。
だだこねは横向きでした。わーい。
「つまんない!」のじたばたに客席の小さなお友だちがざわざわしてた。
がま君のわがままとか過激なとこ目立つけど、かえる君も大概わがままだよなぁ。
愛嬌で許されてるだけで。


芽に対してちょいちょい葉っぱを指先で触るような動きしてたり、芽に手を振るような動きしてるかえる君めっさ可愛い。
てゆかがま君が「種さんに聞こえる」とか言うの、かえる君のせいじゃんねぇ(笑)
だからちゃんと、かえる君自身も種さんに向けて話しかけたりしてるの素敵。

昼。
「芽が出てるよ」
「どこ!?」
「ここ!!」
二人の声が2度ほどタイミングかぶってて、そういうとこまで仲いいんかい、と(笑)
「よく見てよ」
「どこ!?」
「どこいくの、そこスイカ畑だよ!」
「ほんとだ、スイカがいっぱいある」
「ここ!」
「カボチャもあるぞ!」
「カボチャもあるの?」
(妖精さん)「あっち!」「うしろ!」「かえる君のいるとこ!」
「あっちってどこ!?」
「スイカとお話ししてるの?」

夜。
「めーが♥」
「どこに!」
「どこにいるの!? そっちはスイカ畑だよ!」
「ほんとだ、何でここ二つも空いてるんだ!」
「誰かがスイカ二つもってっちゃったんだよ」
「いま根っこ踏んだ、ごめんなさい」
「根っこ? ごめんなさい」
「どこ!?」
(客席)「花壇!」
「なに?」
「スイカの精とお話ししてるの?」
「え、なんだって?」
(客席)「花壇!」
「花壇っていってるよ」
「ほんとだ! 芽が出てる!」



相変わらずラジオ体操のかえる君がええ声やし、「たんたらたんたらたんたん」って歌いだすと客席がざわざわするのおかしい。

昼。
「僕の話聞いてた?」
「聞いてたし信じた」
「信じたのはいいけど、あっち向いててっていっての。いま超ガン見、見てるじゃん」
「そう?」
「あっち(向かせる)あっち向いてて」
「ぁ…そっか(理解)」
かえる君、頭の中が「がま君の水着は変」で埋め尽くされてるのね(笑)

かえる君の泳ぎめちゃくちゃ早いから世界狙おうよ(笑)
でも背泳ぎはそんな早くない。
お話ししながらだからかもしれないけど。

昼。
「これな、ぷるぷるになるねん」
「ほんとだ、ぷるっぷるになってきた」
「これで他のカメと差つけたいねん。綺麗になりたいんよ」
「いつも綺麗ですよ♪」
さらっと紳士なかえる君。

こないだからかえる君の「水着着ると変なんだ」がメロディラインにのせてないなぁと不思議だったんだけど、あれ関西弁風なのか。
ようやくわかった。
そして先日の大阪からがま君が「ぶっとばすぞ!」
おお、なかなか怖い(笑)
かえる君がぎょっとしてた。

岩に隠れたあと、昼はリズムに乗って腰振ってるかえる君。
楽しい方にかなり心が傾いてた(笑)
夜は「水着着ると変だって」の動きを練習してた。

夜公演でさ、水着のかえる君の胸に、ぽっちが見えてたんですよ。
あの水着の材質なんだろうってそればっかりが気になって。



下手端なので、一人きりで湖の島にいるかえる君の顔が見えたよ。
暗くてよく見えなかったけど、どこか遠くを見つめていたよ。
てゆか、ひとりきりのときの多幸感すごい。幸せ以外の感情が存在してないんですけどあの人(カエルだけど)

夜に歌詞違えてた。
「心の声感じるのさ」って。
もしかして気づいてないかもってくらい自然に歌ってた。

「君がいる」の心底いとおしそうな感じたまらなく好き。
これ以上の理由はないよね。
隣に大好きな人がいるなら。



今日の昼にも「あ、やだ、今日時計のネジ巻くの忘れてた❤️ えへへへ」可愛か。

ネズミさん助け起こしたあと、昼にそのまま彼女の腰に手を当ててがま君がクッキー取り出すの眺めて机までいってたんだけど、かえる君がやるとやらしさが欠片もなくてただの電車ごっこにしか見えないのなんなの。
下心皆無だからなの。



夜に、「ぐんぐんぐん走ってよ」と、ぐんが一つ多い(笑)

凧揚げのときに「ぐんぐん♪」っていいながら頭振って走ってくのめっちゃ可愛い。
とても楽しそう。

今日のマチネは「必ず飛ぶさ」が本来の音程だったけど、ソワレでは「飛ぶさっ!」と上げていた。

下の歯むき出しにするそーまさん好きだなぁって。
野にして卑にあらず、みたいな。

飛んでく凧に向けて昼は「すっげー! ここだよー!」と手を振るかえる君。可愛い。


「びっくりさせちゃお! ふふふっ!」って笑ってるかえる君めちゃくちゃ可愛いほんとなんなん。
「散歩してるんだ」言われて「わっ!」って笑顔向けるのも可愛いし、「ゆ、ゆっくり、なんだよね」って必死にいいわけ考えてるのも可愛い。

落ち葉拾いにいくとき、夜は率先して遠い方を拾いにいくがま君優しいなと思った。
「落ち葉は、ここに、ぷんぷくぷん」
「落ち葉は、ここに、ちょんちょこちょん」
がま君の「ぴゅー」で落ち葉が落ちて残って、蹴って向こうにやってた。
その間ちまちま走って待ってるかえる君。


ミルク舐めるときの動きが、別に最初から舐めるつもりとかそういうのではなくて、ミルクを注いだら思ったよりこぼれちゃって慌てて指先で掬うっていう流れなのすごい好き。


手紙をかたつむり君が持ってきたとき、しばらくはかえる君気づいてなくて、それよりもがま君にZIPされたショック大きくて落ち込んでる。
でもかたつむり君に気づいて少し気持ち上向いてて、そのあとかたつむり君に向けてお辞儀してた。
お辞儀するのは初めて見たかも。

手紙が地面に叩きつけられたあと、思わず伸ばす手もいいし、がま君が来てとっさに腕を引いたあと、その手を背中に隠す二段階の動きだったのもすごいよかった。
こういういい芝居を見たくて来てるんだ、って、切ないシーンなだけどわくわくしてしまった。
夜は角度のせいで二段階のほうは見えなかったけど。


今日はかえる君ココアを二口くらい飲んでたよー。
飲める熱さだったのかな。

「君こそプレゼント」のあとお互い帽子引っ張るときに、かえる君が引っ張られるときは昼は屈んで、夜は伸びてたのずるい(笑)

ラストでかえる君の椅子に体ねじ込んできたあとめっちゃ足開いて座ってるがま君と、がま君が座れるように足をよけてるかえる君の図が可愛すぎるし、かえる君そんななんでも受け入れなくてもいいのよって思う。
夜はがま君がなんか足をつっぱって伸ばしていた。


昼。
慈英さん「夏休みの宿題に、写真日記を」
壮麻さん「小動物の生態?」
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター