義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ブロードウェイミュージカル『フロッグとトード ~がま君とかえる君の春夏秋冬~』


◇時間:
13:00

◇会場:
森ノ宮ピロティホール

◇Based on the books by:
Arnold Lobel

◇Music by:
Robert Reale

◇Book and Lyrics by:
Willie Reale

◇演出:
鈴木裕美

◇上演台本・訳詞:
高橋亜子

◇音楽監督:
八幡茂

◇出演:
川平慈英 鈴木壮麻
戸井勝海/中山昇 宮菜穂子/樹里咲穂

◇キーボード:
飯田緑子

◇協力:
文化出版局

◇企画・製作:
シーエイティプロデュース

◇ストーリー
がま君とかえる君、二匹はとても仲良し。
物語は春の訪れとともに始まります。
「手紙を一度ももらったことがないから郵便が来る時間はかなしい」というがま君。
それを聞いたかえる君はお家でがま君宛に内緒で手紙を書きます。
でもその配達をカタツムリに頼んだので…。
さあ、ふたりの一年がはじまります!

公式サイト




今日もかえる君が可愛い。
壮麻さんの目がめっさ見開くの、ほんと目落ちないか心配になるくらい。
どんな表情筋持ってたらそんな表情できるのか。

がま君とかえる君お互いにしょっちゅう真似っこするのが最近のトレンドなのか。
がま君が否定的に発した言葉もかえる君がポジティブに変換するし、元々ポジティブな言葉はもっと楽しいものになっていくし、ほんと仲良し。

がま君ちの家具は深緑で、かえる君ちの家具は茶色系なのなんなのセンスよすぎかって思う。


基本的にがま君はかっこつけるというか、決めてきたりするのに、かえる君は常に自然体なのかすごくおかしい。
最初のアナウンスもそうで、がま君の「ご遠慮、くださぁい」のあとにかえる君のふわっとした「上演中は」ってこられるとそれだけでもうおかしくて。
それなのにお化けガエルのところだけは、かえる君が技巧的というかかっこつけ…ではないけどわざとらしく振る舞うとこで、がま君はかっこつけてる余裕ないっていう逆転が起きてるのも可愛い。


オープニングの「最高の友達さ」で枕ぎゅっと抱き締めながら嬉しそうにがま君の方見てるかえる君がとても可愛いです。
志木とかではただ幸せそうにぎゅっと枕を抱きしめてたけど、最近はあえてがま君のほうを見ているので、余計に相思相愛っぷりがすごい。

鏡見ながら髪を撫で付けてうんって頷くのも可愛いし、クッションを裏返してくのも可愛いです。
あと、「彼以上の友達は」で今日も人差し指を顎に当ててました。
それされると余計に可愛く見えるからほんと困る。


「だから、いまと未来の間のいつか」
(略)
「間の」
「あ、あいだ?」
「あ、あいだ」
「あああ、あいだ?」
「あああ、あいだ」
真似っこ可愛い。

「間」でしばしもだもだしたあと。
「い、つ、か♥」で、さっさと種を見に身を屈めるかえる君がなんかおかしくて。
その前もずっと種さん相手に何やら話しかけてたのすごい可愛い。


スイカ畑に来たがま君、「あっちー」の声に答えてたら、花壇のところにいるかえる君が「スイカとお話ししてるの?」。
妖精さんのなかには「こっちじゃぼけー!」みたいに言ってた子もいたようで(笑)
さすが大阪。
壮麻さんの「妖精さん」とか「スイカ畑」発言は、うまい具合に客席(特に子どもたち)を舞台の一員に引き込んでしまう言葉だなぁと思う。
いい感じのファンタジー。
やっぱり彼らは妖精の言葉が聞けるんだよ。

出てきた芽を見ながら「でもちっちぇな」「すぐ大きくなるよ」「すぐっていつ?」「すぐさ、がま君。すぐ」「…あ、これでしょ!(辛抱)」
二人で胸とんとん。
可愛い。



「郵便が来る時間だから」をふわふわ言うがま君の、唾がすごい飛んでたようで、かえる君が顔をしかめて顔をぬぐってた。
それでも怒ったようではなくて泣きそうな顔なのほんとなんなの、たまには怒ってもいいのよ?


そういやかたつむり君からの水遊びのシーン、いつもなら曲終わりの少し前に幕が開くのに、今日は曲が終わるくらいのタイミングで幕が上がってた。
なんかあったのかしら。


「君に手紙来た?」って訊くときのもじもじ照れてれしてるかえる君が可愛くてならない。
嬉しくてたまらないのね。

「かえる君、僕の言ってたこと聞いてた?」
「聞いてたし信じた!」
「聞いてるのも信じてくれるのもありがたいけど、僕あっち向いててっていったよね」
「?」
「いま超ガン見してるでしょ」
「そう?」
「あっち、あっち向いてて(体を向かす)」
「あ…(理解)」
「あってなに(笑)」
最終的にがま君はかえる君の顎掴んで顔を上向かせていました。かえる君、そこまで許していいのか(笑)
「わかった?」
「はーい…(高い声)」
「なにそれ。おっけー?」
「おっけー(高い声)」
可愛いのとおかしいのでどうにかなりそう。

かえる君の泳ぎがめっちゃ速いしあれ意識してめっちゃ速くしてるんだろうな。

カメさんにオイル塗るとこ。
「ぷるぷるになってきた」
「甲羅もつやつやになるねん。モテモテになるわ。モテたいんや」
「心の叫びやね」
「うるさいわ!」
壮麻さ…(笑)

がま君が水から上がるときの「体が青くなっちゃうよ」は、原作でかえる君が具合悪いときの「君顔が青いよ」「だって僕かえるだもの」にかけてるのかしらと思わないでもない。

がま君が水から出たとき、いつもはすぐに腹抱えて笑ってるけど、今日は驚いた顔して、思った以上に変だったようで、それから笑いが込み上げてきてた。可愛い。



「だいすきながまくんへ」のメモに大喜びでちゅー贈るがま君は、ちゅーがだんだんより愛情籠ったものになってきてる気がする。

一人きりで、岩に座ったあとかえる君がというか、壮麻さんがベストの背中のとこ触ってて、暗いからよく見えないけど引っ張ってたのかなと思って明るくなったらむしろスラックスの上に引っかかってて、どういうことだ!?これサービスかなんかなの!?って混乱した。サスペンダー見せてくれるの?

「溺れちゃダメ! 掴まって!」って手を伸ばしてるかえる君可愛いけどさりげに要求度高い(笑)



クッキーのときに時間訊かれて「あ、やだ、今日時計のネジ蒔くの忘れてたわ」なんで女言葉(笑)
似合うのがまた困る。

辛抱してるがま君に、近くの席の妖精さんが「こげちゃうよ…」って呟いてたの可愛かった。

クッキー迫られてネズミさん「濡れてる…」
かえる君「顔びちゃびちゃになった…」

クッキー迫られて「顔びちょびちょ……こ、これにする…」「それにする? いいよいいよ(逃げようとするかえる君についていって)それだめ、それだめ」とても怖い(笑)

「かりっ!として、なかはぁ、しっとーり!」の「なかはぁ❤️」が毎回好き。嬉しそう。

「クッキーを食べない作戦!」がなんか可愛かった。
あと、高いとこにおいたあとのぐるぐるが、「だめだ! だめだ!」って言ってるように聞こえた。

「これで最後!」
「また意地悪するー」
「意地悪じゃない、君のため!」
親友のために心を鬼にするかえる君…゜゜(´O`)°゜
きっと以前食べ過ぎてがま君はお腹壊したことあるんだ。

「あそこになにか潜んでる!」言われて机の影に隠れるかえる君、足先が揃ってて踵が開くハの字になってるのがとても可愛い。

「鳥さんたちー」がいちいち可愛いし笑顔も可愛いし、「ミミズの方がいいわ」言われて「そうかなぁ?」って箱覗き込んでるのも可愛くて、とにかく全体的に可愛いですはい。



凧揚げで「必ず飛ぶさ!」が普通の音程に戻ってた。
鳥さんたちにあれこれ言われてるときにかえる君ががま君励ますの「見返そうよ!」って言ってたっぽい。
諦めないかえる君かっこいい。



かえる君「がま君ちの落ち葉を掃除して、んー! びっくりさせちゃお!!」
がま君「かえる君ちの落ち葉を掃除して、んーーーー! びっくりさせちゃおー!!」
真似っこ仲良しさんめ。
かえる君のは自分の思い付きが嬉しくて思わず漏れちゃった感じで、がま君がそれを真似してたの可愛かった。

がま君「落ち葉はこっちにぷるぷるぷるるん」
かえる君「落ち葉は、こっちにじゃきじゃきじゃききん♪」
笑っちゃうがま君とかえる君。
「ぴゅー! …よし!…(笑)…おうちへ帰らなきゃ」

「こんにちは、リスさん」の、「こんにちは」が笑っちゃったせいでとてもか細いかえる君。
あと、次に出てきたときに「にひひひひ」って笑いながら右足首をグリグリ回してたの可愛かった。



今日もミルク舐めるのは中指だった。
「あいてるよ。あいてるってば。ちょっと待ってね」って、紅茶放り出してくかえる君律儀だし可愛いしあのシーンだけでかえる君の魅力つまってるからぜひ見てほしい。

「僕がまだちっちゃなアマガエルだったころ、ママとパパと、あ、ピクニックに行ったんだ」の「あ」が歌舞伎とかで入るあれみたいになってて、壮麻さん、松竹さんや歌舞伎の人とのお芝居をしたことが生きてるのかしらなんて思ったり。
ここだけ歌舞伎っぽかった。

「聞かない方がいいよ」とかの、がま君を怖がらせてるときのとても楽しそうで瞳の奥が底光りしてそうな目をしてるかえる君と、物語が落着してからの揺り椅子に座ってのふんわりした笑顔とか、がま君に向けての「やーい、ひっかかったー」ないたずらな笑顔とか、いろんな笑顔オンパレード。



手紙が地面に叩きつけられたとき、一瞬だけ怒ったような顔をしていた。
ほんの一瞬、眉の辺りが。
ショックを受けてるとか悲しんでるとかではなくて、怒りがよぎっていた。
鳥さんたちにさえも、そこまで怒らなかったのに。

「なんだい、がまくん」でがま君の方ちらっと見るときが切ない。
「君ともう一度しゃべることにするよ」言われて小さく頬を緩めてて。
あれずるい。
ほっとしてた。
「スープをあっためようと思うんだ」への「いいね」の心理的遠さも切ないし。
あの時点ではかえる君は自分は蚊帳の外感ある。
そっからの「君の分も」での微笑みですよ、はっきり笑うんですよ。
心底よかったって思いながら、がま君がそういってくれたのが嬉しくて、でも、そのまま泣いちゃうのつらい。



プレゼント持ってきたかえる君、がま君たちの姿を見てちょっと驚いてたけど、嬉しそうだった。
でも「迷ってたんじゃ?」「穴に落ちてたんじゃ?」と訊かれて、意味がよくわからなくてとりあえず否定してる。
この両者のギャップがいい。
がま君の心配が、かえる君にはここまでは全く伝わってない。

「君こそプレゼント」でちょっとつつきあったあと、互いの腰に手を回そうとしたのか、お尻触ろうとしたのかは不明だけど、なんかとてもいちゃいちゃしてるのでほんとけしからんもっとやれって思う。

ソファに座るとこで今日も一度は「僕が座るの!」って真面目な顔して座るけど、がま君に「もうっ!」って押し退けられてきゃっきゃ笑いながら空けてあげるのすごい可愛いし、がま君の肩に顎預けてくっついてるのとかほんとなんなの…末永く爆発しろよ。


エンディングの「お茶飲むんだ」で珍しくお茶のマイムではなくぎゅっと体をちぢこめるようなきゃっきゃした動きしてたの可愛かった。
がま君とのティータイム大好きなんだろうな。

がま君パートでのかえる君の動きが今でにないものすぎてうまく説明できない。
「かえる君と~」で…なんかしてた。
うん、あの、手を…えーと、片手ずつ横に斜めに伸ばして、もう片方は肩の位置にやってるやつ。


「どの夢にも君が出てきたよ!」でかえる君の肩に両手をかけて伸び上がるがま君。
「僕の夢にも君がでずっぱりだったよ!」でがま君の肩に手をかけて傾いて片足あげてるかえる君。
まってそれバレエ。



カテコ2回目があって、壮麻さんからご挨拶。
「小動物たちにたくさんエールを送ってくださってありがとうございます。スイカ畑の精たちも」
慈英さん「赤いちゃんちゃんこになるまでやります!」
壮麻さん「(お辞儀しながら)案外すぐだよ?」



がま君を変だというけど、個人的にはかえる君の方がよっぽどクレイジーだと思う。
目立たないだけで。
だって誰に対しても平等に対等に、先入観も偏見も持たず、違いを恐れず理解できないものを拒まずただそのものとして受け入れるなんて、よほどの大人物か狂人だよ…さすが元神の子。
かえる君のすごいところは、かたつむり君になんの偏見もなく手紙の配達を頼んだとこもだけど、彼の予想以上にかたつむり君が遅かったことを知っていてもなお、かたつむり君がプレゼントを運ぶことを止めない、「のんびり待とうよ」って言えちゃうところ。

ぬいぐるみの写真撮ったときにちょっとスタッフさんとお話ししたんだけど、昔かえる君だけ鞄につけてたらいつのまにかいなくなってて、がま君を探しにいったのかも、二人でないとダメね、っていったら「そりゃ彼らは二人でないと」って同意されたので、あの二人はセットということでひとつ。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター