義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ブロードウェイミュージカル『フロッグとトード ~がま君とかえる君の春夏秋冬~』


◇時間:
14:00

◇会場:
東京芸術劇場プレイハウス

◇Based on the books by:
Arnold Lobel

◇Music by:
Robert Reale

◇Book and Lyrics by:
Willie Reale

◇演出:
鈴木裕美

◇上演台本・訳詞:
高橋亜子

◇音楽監督:
八幡茂

◇出演:
川平慈英 鈴木壮麻
戸井勝海/中山昇 宮菜穂子/樹里咲穂

◇キーボード:
飯田緑子

◇協力:
文化出版局

◇企画・製作:
シーエイティプロデュース

◇ストーリー
がま君とかえる君、二匹はとても仲良し。
物語は春の訪れとともに始まります。
「手紙を一度ももらったことがないから郵便が来る時間はかなしい」というがま君。
それを聞いたかえる君はお家でがま君宛に内緒で手紙を書きます。
でもその配達をカタツムリに頼んだので…。
さあ、ふたりの一年がはじまります!

公式サイト



なんかこう、かえる君の声の表情がめちゃくちゃ可愛い。
これはちょっと、困る。
ほんと可愛い。
自分の中の「可愛い」の基準が否応なく引き上げられるくらい可愛い。
なんなのあの子。
てゆか、今日のかえる君が可愛すぎて昇天しかけるし、がま君はあれこれアドリブしてるくるからかえる君もさらに加速するし、鳥さんたちの動きはいいしなんなの。
かえる君の「だいじょぶ?」が可愛くてならない。
かえる君の「うん」がめちゃくちゃ可愛いので、ただうなずくかえる君をひたすら見てたい病にかかりそう。

たぶん、私が行ったなかでは今日の池袋が一番客席の反応が熱かった。なにしろ、がま君のかえる君救助隊の歌やラストの春が来たにも手拍子が起こってたしね。


今日は2度ほどJさんのマイクトラブル。
最初はかえる君が「僕今日はちょっと失礼してもいいかな」っていうあたりで外れちゃって、付け直していた。
もう一回は「僕を一人にした!」って怒ってるときにマイクにあたって外れちゃったのかな。
「ものすごくすごく(略)怖かったんだからな!」の前。

でも今日は低音はあんまり響いてなかったかも。
もう少し聞こえてもいいなぁと思ったけど、劇場の音響のバランスもあるからなんとも言えない。


戸井さんの鳥さん(早口言葉みたい)、最初の頃はダンスにぎこちなさがあったけど、かなり動きよくなってて、その分芝居のうまさが際立ってきてる。
ここからが彼はきっともっとよくなるだろうな。
すごく楽しみ。
あの人はダンスしながらも芝居をする人なので、ちゃんと動きできてきたいまもっと光ると思う。


夢の中のかえる君の動きがぱきぱきしててかっこよかった。
すべての瞬間が絵になるような。
夢から覚めるところがいつもよりもはっきりと肩をぴくっとさせて、いま目覚めました!って感じしてた。
そして「お茶飲むんだ」の「だ」とか、「友達さ」の「さ」とか、語尾がとても強かった。

「彼こそ一番♪」のあとの、ベッドに向けて歩いてくかえる君の、チャプリンみたいな歩き方可愛い。
膝を使って。
そして、くしゃくしゃの布団に「わぁたいへん!」って驚いて見せるのがたまらなく可愛くてですね…ほんと可愛いが服着て歩いてるよ…
そういや、かえる君は自分でベッドメイクするけど、がま君のは鳥さんがやってるんですね。
原作の「あしたやるよ」の、ちらかしたまま明日に回そうとしてたがま君を思い出した。
あのがま君は、最終的には自分でちゃんと全部やったけど。

そうそう、今日はアキレス腱伸ばししてなかったよ!
なんか腕あげて、背伸びしてたのかな。

夢の中のかえる君だいぶぱきぱきした動きだったけど、起きてからは滑らかな印象。

冬眠から目覚めて家の外に出たときに「わぁまぶしい!」って比較的はっきりいってた。可愛い。
あと、途中で身だしなみやるとこ、ちょっと長め。
がま君の家の扉を叩くときに、手のひらでなく拳になってた。
そのあと鳥さんたちに向けて肩すくめてみせるのすごい可愛い。

ひょこ!って寝てるがま君のとこに顔を出したかえる君、出てきたときは怒ったような顔をしてるのに、寝てるがま君見つけて噴き出してるのいいなぁ。
最近これなかったから。そのままの眉怒らせた顔で「がまくーん!」ってやるよりも、一旦笑ってほしい。

あと、「がーまーくん!」って一度がま君のほうの顔寄せるときに素敵な笑顔で、そのあとの「がまくーん!」のあとも、もっかい笑顔向けてて、これってがま君が目覚めて最初に見るのがかえる君の笑顔だからかなって考えるとな、ね。うん、いいよね。

「だけど見てよ、お花のつぼみがある」で、鳥さんたちも一緒になって「わー素敵!」ってしてるんだね。
今日のかえる君は「つぼみ」がま君が強め。あと、「あーるー」を長めに伸ばしてました。

目覚まし時計なって「もう春なの!?」「そうさ!」で両手広げてるかえる君可愛い。
あと、宮さんの鳥さんだったか、目覚まし時計止めにいこうとして他の鳥さんに止められてた、たぶん。
「ぼくの靴をとってくれるかい」「もちろん!」で靴をとってあげて、二人で笑いあってるとこ、今日はかえる君が「ふふふ、んふふふ」って長めに笑ってた。
だからか、そのあとの時計壊すとこのびくっ!もすごい楽しくなってた。

「起こす人、だいっきらい!」言われたかえる君がちょっと傷ついてた。
がま君たら…
「春はつまんないー(じたばた!)」のあと、なんか横になってた。
揃った膝が可愛かった。

「四月もだいたい終わり…」でハッとして、振り返るときに口許を歪めてるかえる君。どうしたらそんな口できるの(笑)
左右を見て、誰も見てないので小さくガッツポーズするのも可愛かった。

そういや、「1月から何も食べてない」ってことは、新年を迎えてから冬眠したんですよね。
余談ながらフィンランドのムーミンたちは11月には冬眠に入るんですよ。
だからクリスマスも知らない。
でもそれより遅い時期に冬眠するってことは、少なくともあの森はフィンランドよりは南なんでしょうね。

カレンダー片付けたあと客席に向けて「しー」ってしてるかえる君可愛い。
今日のかえる君はいっぱい客席とアイコンタクトしてた。

「かーえーるーくーんー!」「なんだい?」のかえる君が素敵にニコッとしてるの可愛いかった。
あとがま君がええ声やった。

ぼくの時計が壊れてる!なんで!と怒る、人の話を聞かないがま君に「だって…自分で…自分で、…ばんって…ばん……ねぇ?」と切れ切れの単語になるかえる君可愛い。

がま君が花壇用意してるの見て「よし!」って両手の拳握ってくの可愛いし、そんときに膝を開いて軽く腰を落としてて、カエルさんになってたのとても好き。
そーまさんがに股になってもスマートでキュートなのなんなん。

かえる君は、がま君と同じ走り方もするけど、一生懸命走ってるときの小刻みに刻んでくステップも私は嫌いじゃないってか可愛いよ。


種を掲げて持ってきて、鳥さんたちとがま君のやり取りを見てる間も種の袋を高く持ってた。
がま君に声をかけられてから袋をポケットにいれてた。
あと、種の袋を取り出したあと、一緒に出てきたポケットの裏地をさりげなく押し込むとこ好き。
すごいマニアックな自覚はある。

がま君が種を蒔いたときに、「十の次は…」って考えてる横で、両手の人差し指を立てて教えてあげてるかえる君も、客席の「11!」も全部ガン無視して口笛吹くがま君。
お水あげてるときにちょっとずつ去ってくかえる君、客席に向けてニコッとしたあと、がま君を手で示してて「見守ってね」なのかな。


水着のとこ。
「信じた」(ガン見してるかえる君)
「…ぼくの話聞いてた?」
「聞いてた」
「あっち向いててっていったの」
「ん?」
「いまガン見してたよね。あっち。あれ(客席下手上部指差し)見てて」
「はい…」
不承不承あっち向かされてるかえる君可愛いし、なんだ最後の「はい」って。

がま君が水に入るときにあっち向かされてるかえる君の、笑ってるようないぶかしんでるような不安なような悪巧みしてるような、コンマ秒ごとに感情が変わってるようなあの表情を、言葉でどう説明したらいいんだ。
私は一応言葉を武器にしている人間なのに、そーまさんの芝居の前では言葉が敗北する。
そーまさんの芝居を説明しようとすると最終的には「とにかく見ろ」になる(笑)
見て感じるんだ。

カメさんにオイル塗ってるとき。
カメさん「(略)90%オフやねん」
がま君「計算おかしいよ」

かえる君「つやつやになってきたよ」
カメさん「あんたうまいなぁ。明日もこの時間ここにきてや」
かえる君がカメさんの専属オイル塗り係に指名された(笑)

水遊びでトカゲさんパートのときに、上手から覗きながらかえる君親指咥えてたよね。
そーまさんはたまに指を咥えるけど、親指はちょっと珍しくって、可愛いなぁと。
ライナスか。
…なるほど、ライナスか。

水遊びの終わりは「ごめんね、ごめんったらぁ」。
最近ずっとこれね。これがいまのところ一番可愛い。


湖の島にいるかえる君、今日はガードが固くて背中のサスペンダーがちらりとも見えなかった。
ちぇー(笑)
あんまり前屈みになってなかったからだろうな。

丸木船に乗ってるカメさん、がま君が暴れ始めたときに「あんた、落ちる、あたしが落ちる!」って(笑)

一人きりのときの、二人の距離がさらに近い。
「ぼく溺れちゃうよ!」
「溺れちゃダメ! 掴まって!」
このやり取りがまず可愛い。
引き上げたときに顔を見合わせてからぎゅっとハグ。
あと、「口笛吹いたら感じた」でがま君の胸を拳でとんとんするかえる君。
なんだろうこの青春漫画みたいな。


がま君とネズミさんのやり取りのときにかえる君が片足あげてたのなんなの、驚いたの。
面白かった。

ネズミさんに説明してるときの「ぼくの時計が壊れてる」に対して、かえる君が下のほうで手をくいくい動かしてたのがアメリカンだった。
ほら、向こうの人がよくやる「さぁね」とか「しょーがない」みたいな動き。

がま君の、ネズミさんにクッキー事情を説明するの、なんかいろいろ変な動きをしていた。
最後がコマネチだったのは覚えてる。

クッキー勧められて、「ディ、ディナーのあとにするんだろ?」で必死ににこっとするかえる君ほんといい。
がま君を傷つけないようにお断りしようとしてるの。
と同時に、この言い訳ならきっと引いてくれるという希望もあって。

クッキーを差し出されて拒みきれないかえる君。
「どれにする?」
「どれもどうかな…じゃ、じゃあ、これ…」
「それにする?」
「ぅ、ぅぅぅわぁぁぁぁぁぁー!!(逃げ出す)」
「(ぴったりついてくる)いいよいいよー、どうぞー」
がま君怖い(笑)
なんかそういうついてくる系妖怪いそう。

そして、ファルセットきれい。
ファルセット後の箱下ろして食べるとこ、今日はいくつか食べて、それからの「これで最後! 最後! だめ!」可愛い。

鳥さん呼んだとこからのかえる君の足取りがめっちゃ軽い。
めっちゃノリノリ。
体軽いなぁ。

鳥さんたちに「これを食べていいの」言われたらむっとして「そんなことないよ!」って反論し、「クッキー美味しい」言われれば「でしょ!」ってにっこにこしてるかえる君が可愛すぎるんだけど、でもあなた食べる前はあんなに怯えてたのに(笑)



凧揚げで下手に走ってったかえる君、戻ってくるのが前より少し早めになってるかも。
いままではがま君と鳥さんが話してる間なにしてんだろと思ってたけど、比較的早く戻ってくるので、凧が飛ばなかったなぁ、ぐらいのタイミングに見えた。
特に最後帰ってきたとき。

「そのまま走れ!」はあげてなかったけど、凧のとこ変化してたよ。

凧の「ジャンプしながら、腕をぐるぐる振り回すんだ」で実演してるかえる君。
腕を振り回すのはたまに見た気がするけど、ジャンプあんなにいっぱいしたっけ?


落ち葉掃除で、かえる君はちゃんと箒を体の後ろにうまく隠してるのに、がま君は頭の後ろから飛び出てる感じも二人らしくていいし、がま君の頭の後ろの箒に気づいてないかえる君も可愛い。
たぶんそこまで観察する余裕ないんだろうけど。
なんというか、ここまで相手のことを見てないというか見えてないそーまさんって珍しいんだなぁ、とふと。
見たくないわけでも見ようとしないわけでもないんだけど、それでもあんまり見えてない。
そーまさんがやるとだいたいすごく洞察力とか高い人に見えるんだけど。

今日のタップあれなんなんですかめっちゃかっこいいじゃないですか。
どうしたの壮麻さん。
めちゃくちゃよくなってたじゃないですか。
見ててすごくワクワクした。
音もよかったと思う、たぶんいままでで一番硬質でクリアな音だった。
でもダンスそのものの切れがよかった。
素晴らしかった。

箒をひっかけるやつ、がま君はやったのにかえる君はやらずに「ぴゅー」っていうだけで、がま君も「は?」って言ってるんだけど子どもたちからも「えー」って声上がってて、それに応えてか落ち葉を「ぴゅー」とまとめたあと、客席に向かって「しー」と人差し指を立てて笑うかえる君可愛かった。

膝を使ってるといえば、箒をギターにして「彼はわからない♪」と歌ってるときの、膝を使ったステップ好き。
もちろん、そのあとの足あげての動きも。


「開いてるよ! 開いてるっ…ちょっと待って」
ミルクを注いでミルクポットから垂れたミルクを掬って舐めるというのが本当に自然すぎてすごいんだけど、「垂れた液体を掬って舐める」って動きをさせたらそーまさんほどうまい人はいないんじゃないかと思い始めた。

あ、紅茶は上手からでした。
それにしてもガタガタの夜はかえる君ほぼ空気椅子やなぁ…めっちゃ腰低い位置で。
あ、「ぴったりなものがあるんだ」「クッキー!!!!!」「クッキー。それもいいけど」確認してくれた。

今日のお席は真ん中より少し前な辺りで、正直オペラグラスほしい席だったんだけど、オペラグラスなしで見てみた。
かえる君以外見えてなかったのでいろんな発見があった。
特に化けガエルの登場は素晴らしいね、とても怖い。

今日改めて思ったけど、お化けガエルの話は完全にヘンゼルとグレーテルではなくなったね。


そり遊びで突っ込んでったがま君探してるときに、かえる君が「がまくーん! がま君たらー! いたー!」っていってた。
「がま君たら」がめっちゃ可愛かった。
かえる君のいう、「がま君ってばぁ」も可愛いだろうなと思うけど、「がま君たらぁ」の破壊力はそれ以上だった。



かたつむり君の訛りがさらにすごくなってたし、「Thank you IKEBUKURO!」はずるいと思います(笑)


がま君がクリスマスに「必要なのは、必要なのは…」って言ってるときに、毎回脳内で「必要なのは、な、に、か」「もちろん、あ、た、し、の、衣裳でしょ❤️」ってトラちゃん出てくるのなんなん。

「迷ってたんじゃないの?」
「いいや」
「深い穴に落っこちてたんじゃないの?」
「いいや?」
「狼に追いかけられたり」
「…してないけど」
のやりとりを横で見ているモグラさんたちの反応面白い。
あの人たち、がま君の救助装備を見て勝手に救援隊やってくれてるのよね。
かえる君が遭難してたわけじゃないと知ってちょっとがま君の早とちりを責めるような動きをしたり、「なんで遅くなったの」に今度はかえる君に向けて「話を聞こうか誰がどうしたか」とばかりに聞く体制にはいるし(笑)
でもそれがプレゼントを包んでたときいて動揺してるのも楽しい。

かえる君がプレゼントを袋から取り出してるときにがま君がうっかりソファの足に引っ掛かったのに気づいたかえる君が「大丈夫?」「そこにひっかかっちゃった」っていわれて「えいっ」てソファの足叩きに行ったのめちゃくちゃ可愛くてなんなのあの子…ってなる。
しかも「えいっ!」の言い方も可愛い。
もうね、ほんと可愛かったんだから。
ひっかけた友人にとっさに「だいじょぶ?」って訊けるのもいいし、引っかけたときいてそのままぺしんと叩きにいくその仕草も思考回路も何もかもが可愛い。

「平和なクリスマスイブだなぁ」って言ってるとき足伸ばして座ってた。

「時計も歌うチクタク」で、時計のそばに耳近づけて指先でチクタクやってんのとか、全体的に可愛すぎる。

「メリーもうすぐクリスマス、君こそプレゼント」でお互いをつつきあう二人、かえる君が足をあげて避けたりしてた。
今日の壮麻さんたくさん足あげてる。
「メリーもうすぐクリスマス」で今度は仲良く肩を組んで。
そのあとお互いのとんがり帽子を引っ張りあうけど、かえる君が一緒に跳ねてた。
がま君にとんがり帽子引っ張られるのと同時にぴょんって跳ぶかえる君が可愛すぎた。
なにやってんのいたずらっ子!

わざわざがま君が座れるように隙間空けて座るかえる君マジ可愛い。
そこにがま君が来るのわかってるのね。
そして体捩じ込んでくるがま君(笑)
わざわざがま君のスペース空けて座るかえる君もだし、そこに無理くり体ねじ込んできて嬉しそうにしてるがま君もがま君だし、ほんと君たちなんなの、密集して冬を越すてんとう虫か。


「もう、春だもんねぇ!(めっさいい声)」
「そう! はるー(めっさいい声)はもうすぐそこの(略)」
そこのええ声の二人、なにしてんですか(笑)
あれだよね、がま君はボケだけど、かえる君もボケでこの二人ツッコミ不在(他の動物たちがツッコミ?)だよね。

かえる君「ねぇ、鳥さんたちー!」
がま君「鳥さんたちー!」
かえる君「鳥さんたちー!」
鳥さん「はーい!」
なんだこれ可愛い。

エンディングのかえる君の「最高の友達さ!」に、ベッドに腰かけるがま君を鳥さんたちが「いぇーい」ってしてるけど、なんかこう、あれですよね、「ひゅーひゅー!」に近い…(笑)


カテコで、緑子さん(キーボード)呼ぶ前の六人のお辞儀のときにそーまさんがなんか百面相みたいなことしてたのなんだったんだろう。
めっちゃ目を細めたり眉を寄せたり。
面白かった。

撮影中、壮麻さんが「記者会見みたい」ってまた言ってた。
一眼レフ構えててごめんなさい。
慈英さんが「2階席も!」ってしたら壮麻さんが手を振って「Thank you for coming!」
なんかかえる君が英語しゃべったーぁぁぁぁあ!!!って私の中で騒然と…しないか(笑)


前期は、物語の最初と最後でがま君も変化(成長)したけどかえる君も変化あったよねって思ってたんだけど、今期はどうもかえる君はかえる君のままというか、あまり変わらないからこそ意味があるというか。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター