義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

レ・ミゼラブル

◇時間:
14:00

◇会場:
帝国劇場

◇キャスト:
ジャン・バルジャン:福井晶一
ジャベール:川口竜也
ファンテーヌ:二宮 愛
エポニーヌ:唯月ふうか
マリウス:海宝直人
コゼット:清水彩花
テナルディエ:橋本じゅん
テナルディエ夫人:谷口ゆうな
アンジョルラス:上原理生

司教:増原英也
工場長:伊藤俊彦
バマタボア:宇部洋之
グランテール:丹宗立峰
フイイ:杉浦奎介
コンブフェール:鎌田誠樹
クールフェラック:持木悠
ジョリ:篠田裕介
プルベール:若松渓太
レーグル:深堀景介
バベ:町田慎之介
ブリジョン:山崎一郎
クラクスー:石飛幸治
モンパルナス:田川景一
ファクトリーガール:伊藤美咲
買入屋:般若愛実
かつら屋:桑原麻希
マダム:本田育代
宿屋の女:三森千愛
カフェオーナーの妻:篠崎未伶雅
病気の娼婦:高梨さおり
鳩:五十嵐志保美
あばずれ:華花
若い娼婦:松本ほなみ

ガブローシュ:大西統眞
リトル・コゼット:山崎瑠奈
リトル・エポニーヌ:禾本珠彩

◇スタッフ
作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
原作:ヴィクトル・ユゴー  
作詞:ハーバート・クレッツマー
オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
演出:ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル
翻訳:酒井洋子 
訳詞:岩谷時子 
プロデューサー:田口豪孝/坂本義和
製作:東宝

◇スペシャルカーテンコール出演者
今井清隆
橋本さとし
村井國夫
鈴木壮麻
今拓哉
井料留美
宮本裕子
堀内恵子
折井理子
小西遼生
野島直人
コング桑田
三波豊和
鳳蘭
杉村理加
森田浩貴
岸祐二
ブレニン・ラーク

荒木里佳
大久保祥太郎
角川裕明
上谷麻紀
黒川胡桃
西條勝久
澤田鮮子
島田彩
清水裕明
鈴木良一
高島みほ
高野絹也
中井智彦
永嶌花音
中本吉成
林アキラ
桝井賢人
三戸亜耶
村井麻友美
山岸麻美子
横田大明
若林亮


公式サイト


壮麻さん!
と國夫さん!!!!
そして折井理子さんと鳳蘭さんもいらっしゃる…なにこれ…
そして小西さんも…やばいなにこれ…
すでに私が死んでる。
まって、壮麻さんいるだけでもすごいのに、國夫さんと壮麻さんとかやばすぎるし、レミゼで最初に好きになったアンサンブルさんの理子さんいるのも神だし、小西さんと理子さんたぶんマリコゼとしてはやってなかったし、鳳さんとか神すぎてなにこれ状態。
あと林アキラさん久しぶりで嬉しい。
司教様~
大久保祥太郎さんもいる。
SOS以来だ。
壮麻さん何年ぶりの帝劇だろ…2008年エリザ以来?
昨日いただいた燭台&欄干ブローチつけてるんだけど、これはもうなんか今日のこの日を祝福するための神の采配のような気がする。
昨日のジャベ会含めて。
偶然知り合いから、チケット余ってるから行かないって言われて行くことにしたけど、演劇の女神が微笑んでくれたんだとしか…。
お席は1階後方上手端だったけど、もういられるだけでうれしいよ!
ちなみにちょうど同じ日に見てた友人は最前列だったらしい(笑)



川口ジャベの「そいつのことならよく知ってます」がムキになってる感じで。
「俺が間違ってるって言うんですか!」みたいな。
あと、「あなたを見て思い出す。そいつは仮出獄で逃げたが」で、怒りのあまり市長の手ぎゅっと握りしめるの、なんともいえない(笑)
ジャベは萌えキャラと知ってはいるけど、それにしても。


宿屋で盲目の旅人さんが自分の飼ってる鳥をミンチにしたのを食事に出されて、そうとは気づかず食べて、羽が口にしばらくついてるの切ない。


ベガーズで、コゼットがパンをあげるのがリトルちゃんだけど、たぶんリトエポの子なんだろうけど、リトエポに大人コゼットがパンあげるっていう図が泣ける。


コンブフェールは茶色の上着の人か?
「列に入れよ」って歌う。
んで、「殺せ肥えた豚ども」はクールフェラックかな?
アンジョが「手には武器を」で話しかけてた気が。


今日もエポコゼが萌えてるんだけどこれなんかこう、マリウス=ヴィクター、エポニーヌ=ルンゲ、コゼット=アンリなんじゃないだろうか。
「この子が案内してくれた」でのエポコゼ邂逅やばくないか。
今回の演出。
エポはもちろん嫉妬してるけど、コゼットはコゼットで、自分よりも近くにいるエポに嫉妬するわけで。
それが因縁ある相手ならそりゃもう微妙な表情しますよね…


バリケードから下水での熱さはなんなんだバルジャベ。
「なんでわからないんだ!」「お前こそなぜわからん!」みたいな言い合いが、落ち着いて話し合えよと思ってしまう。
あとバルジャンはジャベールの異変に気づかなすぎ。
気づいてやれよ!
あんなよろよろして出てきてんだから!
バルジャンは「なにもわかってないな」っていうけど、確かにジャベもわかってないけど、バルもいいかげんわかってないよね…あんな状態のジャベほってくなんて。


レミゼって、なんであの時代のものとしてしか上演・映像化されないのか考えてみたけど、バルジャンが市長になるからだな。
国王によって任命される仕組みで、まだ写真も鉄道もないから、パスポートがないと前科者だとわからない。
焼き印と人の記憶に頼ってる。
てゆか、今年の一月には日生劇場でノリノリで焼きごてしてた壮麻さんが、昨日は帝劇で焼き印されたバルジャン追っかけてたとか考えるとなんだか胸が熱く…は、ならないか(笑)



そしてスペシャルカーテンコール。
冒頭に全員でワンデモア。

全員紹介後、インタビューアーに岡幸二郎さん登場。
橋本さとしさん
岡「失敗談あります?」
橋「いっぱいありますよ」
岡「みっつまで」
橋「えーと…稽古でファンテーヌが死ぬシーンを初めてやったとき、なにも知らなかったからシーツを掛けるときに顔までかけて、ファンテーヌが生き返った」
岡「ほかには」
橋「司教のところから銀食器を盗むのに、一番高そうだからと燭台を盗んだら、司教がそのあと渡すものがなくなった」
岡「ほかには」
橋「対決で椅子を壊すのに、何度やっても壊れなくて椅子を捨てて素手で」
岡「そのときのジャベールも警棒捨てて素手対素手になった」

鈴木壮麻さん
岡「ジャベールの印象を」
壮「やる前に、村井さんがいろいろと教えてくれた。稽古の時に。コートの丈のことを気にしてくれたり。おまえが一番きれいに見えるように、って」
國「その割に俺を呼び捨てにするよな」
壮「くにお♪ ファーストネームで呼びあう仲になりたくて」

村井國夫さん
岡「ジャベールと言えば村井さん、村井國夫と言えばジャベール」
國「この作品にでてから、多くの作品にでられるようになった。失敗談話そうと思ってたんだけど」
壮「カツラ事件とか?」(オフマイク)

ここで壮麻さんと國夫さんは次の曲のために退場。

コング桑田さん
岡「失敗談とかありますか?」
桑「通しのときに、キーをあげてしまって1オクターブくらい高く歌ってしまって、今井清隆さんが笑っちゃって止まってしまった。そのときのプロデューサーに、止めたのはおまえが初めてだって怒られた。みんなが大笑いしてしまって。そんな笑うようなシーンじゃないのに」

三波豊和さん
岡「思い出とかありますか」
三「結婚式のシーンで指輪を見せようとして指輪がない。いつもなら指輪をはずしてお客さんに見せるけど、あるふりをして抜いて、そのときのマリウスが野島くんで、野島くんを見たら大きくうなずくので任せようと思って、彼の手を握って渡すふりをした。そのあとどうなったかは彼に聞いてください」

鳳蘭さん
岡「初演からのテナルディエ夫人」
鳳「宝塚をやめて4~5年のころで、まだ男役のイメージも強かった頃、それなのに子どもをいじめる役で、こんな人だと思わなかったって手紙もらって、ファンがいなくなった」
岡「顔も汚されますね」
鳳「どんなに汚しても綺麗だから」
岡「お綺麗です」

杉村理加さん
岡「その鳳さんのあとをついでテナルディエ夫人は」
杉「ちょうど赤版、青版のCDを作ることになって、ライブ版を名古屋公演の3日くらいで収録した。夜にもう一度みんなで集まって録りなおしたり」
岡「始まって3日くらいで、僕もまだバリケードに慣れない頃で」
杉「いつもはマイクをここ(頬)につけてたんだけど、ここ(額)につけろって言われて、ネットを破らなきゃいけなくて、アデランスの人が泣いていた」

野島直人さん
岡「三波さんの指輪事件の続きは」
野「受け取って、どうしようと思ってポケットに入れようとするけど、マリウスの服ってポケットがなくって、仕方ないからあるふりをしてポケットに入れるふりをした」
岡「プルベール、マリウス、アンジョルラスと3役経験して」
野「プルベールの時は盆の後ろで旗を振っていて、いつかあの行進に加わりたいと思っていたけどマリウスになって行進に加われた。アンジョルラスになったらその中心にいけた」

小西遼生さん
岡「思い出はなんですか」
小「初めての時に緊張して、みんなで円陣組むんですけど橋本さとしさんもちょうど初日だったから隣に行ったら、さとしさんの手が冷たい。それだ緊張している、バルジャンがこんなに緊張しているんだと思ったらそれで勇気をもらえた」
岡「そこから今いろいろ活躍されて」

折井理子さん
岡「急に小さくなった、小人の国に来た。マテロット、いまは役名もなくなったけど」
折「2007年6月8日が私の初舞台の日で、ちょうど10年。レ・ミゼラブル30年の年に。マテロットの時はコゼットをやりたいとずっと思っていて、毎日コゼットを見ていた。マテロット、コゼットときたので、次はリトルコゼットをやりたい」
岡「ずっと見てたよね、袖で」

宮本裕子さん
岡「同じ94年組。旧演出は今と違って盆があったし、バリケードも大きかった。セットの思い出は」
宮「失敗談なんですけどコゼットはプリュメ街で、真っ暗ななか盆が回ってるときに走り出てこなきゃいけなかった。平衡感覚や方向感覚がなくなるんだけど、あるとき客席から向かって門の向こう側が内側でそこにいなきゃいけないのに、門の外にスタンバイしてしまって、目を開けたらお客さんがいない。急いで門の脇から入ったけど、どうみても夜遊びして帰ってきた娘。しかも第一声が『不思議ね』」
岡「94年でがらっと新しい人がどんどん入ってきたよね」

堀内敬子さん
岡「彼女とは某劇団の同期。オーディションの思い出など」
堀「某劇団をやめて初めての舞台で、某劇団でもオーディションは大変だったけど、外にでても大変だなと思った。ここからはじまるんだ、と」

岸祐二さん
岡「今回唯一の現役。旧演出も経験している。最初の印象が稽古場のバルジャン」
岸「代役でバルジャンをやっていました」
岡「立派になって。新旧知っているものとしてはどう」
岸「オリジナルを知っている人間として新演出にも携わっていけるのは幸せ。30年の重みの上に、新しいものを作る一人として、次の30年につなげていきたい」

井料瑠美さん
岡「彼女とは大学の同期。でも某劇団では先輩」
井「ひとつだけ。14年前に初めて出演して、カーテンコールで帝劇がふるえるくらい拍手をもらって、マンモスミュージカルに出演しているんだと。お客様に本当に愛されてるミュージカルだと思った」


今井清隆さん、村井國夫さん、鈴木壮麻さん、今拓哉さんによるスターズ。
岡さんが「なぜ私はここで歌っていないのか」
始まりは國夫さん。
「紙の道を行くのは俺」から今さん。
「スター、星たちは限りなく暗闇を照らすのだ」から壮麻さん。
「そして落ちるときは炎のなか」から今井さん。
「(痛みという代償をだれでも払うのがこの世の)決まりだ」以降全員でハモり。

ここでサー・キャメロン・マッキントッシュ&クロード=ミッシェル・シェーンベルクと、アラン・ブーブリル、ブラジルとロンドンのレミゼカンパニーからビデオメッセージ。

ブロードウェイからのゲストに、エポニーヌ役のブレニン・ラークさん。
公演みた感想も。
「正直言葉わからないけど感動したからレミゼの普遍性を感じた」というような内容。
歌唱披露でOn My Own。

最後は全員で民衆の歌。


壮麻さんのマオカラーほんとジャベール意識していらっしゃるんだろうなってチョイスだし、アスコットタイなのだってほんとそういうイメージできてくれてるんですよねって感じだし、もしかしてシャツが星の散ったようなかんじなんですかっていう。
袖しか見えなかったけど。
あと、pianoの髪型ともちょっと変えていらっしゃって、でも短髪だからもうこのまま本編出られるよ!っていう。


壮麻さんが歌ったのは「スターズ、星たちは」から「季節ごとにめぐるのだ、同じように」まで。
スターズのスターズたる所以な部分じゃねーか!
「決まりだ」で全員揃うのヤバイと思うし、そのあとハモってるの、スターズでハモるとか前代未聞だし、メインメロディ壮麻さんだしなんなのこのご褒美、私誉められるようなことしてないよ、神様ありがとうございます!みたいな心境。


ワンデモアとスターズのときは、終始ジャベール状態なのに、民衆の歌ではずっと笑顔の壮麻さんまじ壮麻さん。
あの、國夫さんを終始支えてる壮麻さんが介護みたいだし、手繋ぐし(それはだいたいみんな)、最後は國夫さんと腕組んで少ししたら振り払われてるし、なんなんですかあれ。
みんなで手を繋いでのときに今さんだけ後ろの方にいってて、壮麻さんが途中で気づいて「いいの?」みたいな顔してたのまじ天使。
あと、緞帳に合わせて下まで手を降るとか、最後は國夫さんともやっててまじ可愛いんですけど。
最初の緞帳の時は壮麻さんだけやってて、そのあと最後に緞帳降りた時は、壮麻さんが促したのか、國夫さんも一緒にやってたのほんと…ほんと…
そして、舞台の上では國夫さんといちゃいちゃしてたと思ったら、舞台裏では小西さんともいちゃいちゃしてたのでほんと愛されてるなぁと思う。
壮麻さんのブログのツーショット→着替え前の服装
小西さんのブログのツーショット→舞台用に着替えたあとの服装
っぽいの、何回ツーショットとるんだよってなるので、ほんとありがとうございます。ぜひ何度でもやってください。
壮麻さんと國夫さんの「尊敬してるならなんで呼び捨てなんだよ」「リスペクトこめて❤️」はもう鉄板だと思う。
さりげに壮麻さんの発言の「お前が一番きれいに見えるように、って考えてくれた」って発言はなんなの。
あの時代はジャベは美しくなきゃいけなかったの?
確かに岡さんと今さんもいて美しいジャベばかりの時期があったけどさ。


DCIcpsBV0AAejw9.jpg
今日のスペシャルカテコで歌ったスターズの歌詞の割り振りなんだけど、基本的にバルジャンのことばっか歌ってるなかで壮麻さんの箇所だけは純粋に星の話してて、やっぱ壮麻さんのジャベだなぁって気がしてる。
鈴ジャベは、バルのことも他の犯罪者と同じ程度にしか思ってなさそう。
鈴ジャベってある意味すべてに対して平等だと思うの。
とても厳しく厳格に。
罪を犯せば犯罪者。
そしてその予備軍。
それ以外は尊重すべき善良な市民。
だからバル個人に対しての執念そのものは薄そう。
それが崩れるのがバリケード後だからいいんですよ(じゅるり)
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻 鈴木綜馬 レ・ミゼラブル 橋本さとし 折井理子 今拓哉

コメント

非公開コメント

FC2カウンター