義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》

◇時間:
16:30

◇会場:
松竹座

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト



酔っぱらいさんが、前の方に空きがあるのに「なんで空いてるんだー」って言いながらお酒だばーってかけてた。
それから急かしにきた舞台監督さんにひょうたん差し出して「飲むー?」ってやったら、舞台監督さんが軽く頭はたいてた(笑)
頭はたくんかい(笑)
しかも荒尾様の中の人、ぜんぜん気にしてないようだし。
それから自分も手を振ったあと座長の手をとって振らせてた。
舞台監督さんと荒尾様の中の人の距離感好きなんですよ。
監督さんは「ちゃんとしてくださいよ」って思ってるけどでも荒尾様の中の人はやらせればなんでもできちゃうから強くは言えなくて。
真面目な学級委員長と奔放なくせに万能チートなリア充みたいな関係性。


楽屋にいる時間が今日は長い。
いつもより早く出てくる。最後だからサービスしてくれてるのかしら。
荒尾様の中の人が楽屋に出てきたのがいつもに比べてどれくらい早いかというと、最初は、いつもは布袋屋の「男性のみなさんに忠告」だけど、今日はお高の「一つ、比呂の頭がよくなるものを食べさせること」のあたり。
次も丁吉の「お江戸の結界が切れたのは」なのが「なんじゃ、あの声は」あたり。
そういや、荒尾様の中の人が舞台を見下ろしてる感じ、どこかで見た気がすると思ってたけどズボン船長だ。
真ん中で起こってることを微笑ましげに、時にハラハラしながら見てるけど、同時並行で自分のこともやってる、ちゃんと役として存在してる感じ。



高尾太夫が千秋楽仕様で松竹(まつたけ)太夫に。松竹座だからって!!!!(笑)



事故もあるけど、今日は高橋さんがどんどんいろいろ入れてくるわ。
お美津と抱き合ったあと丁吉が来ても離してくれないし、「ちょっと待っててくれ」といいながらお美津に触るし、お美津が悲鳴あげてた(笑)
んで、布袋屋と丁吉が話してる横でお美津がすごい気合い入れてた。
頑張れ!

てゆか、「女中に夢中」の金吉が歌詞忘れちゃってそのままぐだぐだになって、必死に歌おうとするんだけど澤野屋のとことか歌っちゃって大変だった。
舞台監督さんとかが歌詞を伝えるんだけどそれも効き目なく。
んで、歌のあと布袋屋に「お前のせいだー!」って攻撃されてた。



鎧着て出てくときにお茶に蓋していってて、てことはやはりあれ中身入ってるのかしら、と。


今日荒尾様の家臣たちが来て云々してるときに何度か楽屋にいる川端老人と目があった気がして、しかも一度手を振られてて、こっち向けかはわかんないけどこっちに向けて振られた気がしたのでつい手を振り返してしまった。


荒尾様全開っすな!
素敵にかっこよくて可愛くてかっこよくて怖い!
花嫁歓迎の歌はもうほんと素晴らしいの一言。

「右、左、右、左、澤野屋はどこだ」で荒尾様が立ち止まると、侍さんが「さがれー!」と家臣さんたちに(笑)
仕事できる侍さん。
振り返った荒尾様が不審げな顔してた。

荒尾様がちょいちょい芝居がかった言いかたしてて楽しかった。
「そち、は」とか。
あと低めの太い声でやってくれたのすごい好き。

松竹太夫(高尾太夫)へのアプローチ、今日は頬を撫でて顎撫でてそのまま左肩へ。
くっ、この、微塵も強引さのない、でも逆らえないイケメンってよりもプレイボーイオーラがやばい。
女の扱い知り尽くしてる感やばい。
てゆか武士でイケメンでプレイボーイで、なのに頭もよくて武力もってどうよ。

「あそこもすごいぞ」の撫で上げはよくないと思います!
ほんとけしからんと思います!
エロしかないじゃないですか!
なのにかっこいいとかずるい!

「頭脳明晰」のときに唇に人差し指を当てる荒尾様かっこいい。

壮麻さんの手の動きが美しすぎて困る。
「俺から逃げるなんて…」のとことか。
考えてみたらあの人バレエも得意だった。


あと怒ってる荒尾様の鼻息がすごい聞こえる(笑)
相当お怒りの様子。



金吉の「ダメ!」に、「ダメだと!?」で足踏み鳴らして両腕をあげる荒尾様。
ファイティングポーズ。
普通に真剣に怖い。
待たされてる間再び家臣たちを小突く。
前の方から順番に、軽く小突いていって最後の侍さんだけ頬を軽くぺちん。
むしろ頬に手を添えたくらいの軽さ。
え、ちょっと色っぽ…(違)


そろーっとでてきた荒尾様がお高に声かけられて「ぅわぁ間に合ってます!」って逃げ帰ったときにうっかり笑ったのは私ですすみません。
だって面白かったんだもん。



「絶好調!」まつりにお美津まで参加したあとの二階での「いつまで待たせるんだ!」の荒尾様、ちょっと「絶好調!」やろうか迷ったのか少し間があったけど、やらずにいつも通りに。
でもそれでよかったと思う。みなさんが役よりも中の人的なアドリブしてるなかで、壮麻さんまでやっちゃうと。
むしろ壮麻さんが「荒尾様」としての芝居に専念していたからこそ、舞台としての作品が締まったんだと思う。
といいつつ荒尾様としてのアドリブはどんどん繰り出してくださいましたが♪
そのへんのバランス感覚素晴らしいなと思う。
やはり根っからの役者なんだなって。
「お気に召すまま」でも、「ほんとは正面からハグしたかったけど芝居を壊すから後ろからで我慢した」みたいなこと言ってたりもしたし、やらなきゃいけないこと、やりたいこと、やれること、でもやっちゃいけないこと、そのへんの範囲をちゃんとわかってらっしゃるなぁと思う。


葬儀で「もう待てない! 音楽!」のところ、「もう待てなーい! ミュージック!」
すんげーいい発音で。
丁吉が「ミュージック? ミュージック?」って三回くらい言ってた(笑)
一応お江戸なので丁吉は英語わからない設定を踏襲してるの偉いなと思う(笑)

「拍手はいらない! 俺を褒めるな(*´∀`)」でまた拍手が起こって、うんうん頷きながら拍手を煽って、止める荒尾様。
何度見ても素晴らしい。
目を閉じて頷いてる姿がオルレアン公思い出す。
しかもそのあと静かに「Thank You」がめっさかっこいい。
荒尾様ほんとかっこよくてやばい。
そうなんだよ、壮麻さんがやるアドリブは荒尾様なんだよ。
おじさまたちのは結構中の人がかなり透けて見えるんだよ。
それはそれで面白いからいいけど、壮麻さんはちゃんと芝居としてやるから、壮麻さんが出てくると一気に芝居になる。
もちろんいい意味で。
愛之助さんは全体をまとめてらっしゃったけど、丁稚という立場上あまり強引なことはできないし(すごく切り回しうまかったよ!)、流れを強引に元に戻せる役回りは荒尾様しかいないんだよね、役柄的にも。
だからこそ、アドリブまつりには参加しても絶好調まつりには参加しなかったの偉い。
座長とアンサンブルさん除けば、「招福座の役者」という劇中劇の外側部分をちゃんとリアル役者と違えて演じてるのがはっきりわかるのって荒尾様くらいじゃ…?って気が。

「その前に! どけ! (胸に手をあて)最後に別れの接吻を」「もちろんです!(ちゅっ!)」「(*´∀`)…………お前じゃない! でもちょっと柔らかかったぞ」なんの感想(笑)
なんで嬉しそうなの(笑)

金吉と丁吉の言い争いを、袖で待機して見てる荒尾様が、舞台監督さんの肩に手をおいてたりしてて、そのあと監督さんが「行って下さい!」みたいに扇子で差してるの、すごい好き。
舞台監督さんはよく扇子使ってるけど。


いつもなら薬のんで倒れる丁吉の様子見るのに全員から「お前行けよ」って指差されて荒尾様が様子見に行くし、実際「行くわ」って手をあげてたけど、布袋屋と金吉の三人でじゃんけんはじめて、布袋屋が負けてた(笑)
負けたのか、グーとチョキ二人に見えたけど。
んで、「キスしてー!」の丁吉に、みんなして騒いでるとき今度こそ布袋屋に「お前行け」されて、ちょっと泣きそうな顔しながらも、丁吉に向き合うときはきりっとしてる荒尾様素敵(笑)


最後カテコで全員挨拶。
最初にプリンシパルさんで、そのあとさらに拍手なりやまず、アンサンブルさんと愛之助さん、壮麻さん、平野さん、松田さん、ユカイさんが登場して、アンサンブルさん一人ずつ挨拶。
全員の声聞けるのありがたい。
ほかの方々は帰っちゃったのかしら。

内さん。
(低い声)どうも。普段はこんな声なんです。(爆笑のちぐだぐだで元の話し方に戻る)2ヶ月無事に今日を終えることができたし、僕自身もすばらしいみなさんに出会えてよかった。明日からゆっくりしたいです。

平野さん。
(品のある話し方で)本日はありがとうございます。普段はこんな声です。(声戻して)こんなにエネルギーに満ちあふれたカンパニーに出会えたことが幸せだと思います。

高橋さん。
一ヶ月間娘を待ち続けました、会えませんでした。(「ロード」歌う)

松田さん。
(可愛らしく)えっとぉ、普段はこんな声なんですけどぉ。(戻し)お客様に支えられ、座長に支えられて参りました。歌にありますけど、つらいこともすべて笑い飛ばして、みなさまも、つらいときも楽しく生きていければと思います。

ルーさん。
なにも言うことはありません。みなさまのラブに包まれて、身をパウダーにしてやってまいりました。

ユカイさん。
みんなこうして笑ってるけど中はぎすぎすで大変でした。(誰なんだよ、のツッコミに)コシノジュンコです!

壮麻さん。
みなさん、こんにちはー! 大千秋楽にこうしていらしていただいてありがとうございました。猛獣ばっかりのカンパニー(おまえが言う?などツッコミ多数)の中で、(徳井さん「珍獣」)珍獣? 珍獣は優さんさんでしょ。毎日なにが起こるかわからないハラハラドキドキ、ミステリーツアーのような日々で、こうして千秋楽を迎えることができて感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしいスタッフのみなさま、お客様に支えられての2ヶ月でした。そして上山竜治と一緒に勝ち取ったこの大千秋楽だと思います。彼はレ・ミゼラブル(ちょっと噛む)のお稽古中だと思います。またみなさんと出会えることを楽しみにしています。

徳井さん。
せっかくの千秋楽なので愛之助さんとのエピソードを披露します。初日に愛之助さんから自伝の本をいただきまして、電車の中で呼んでいたら、愛之助さんの初仕事が徳井の初仕事と同じだと! これは愛之助さんに言わなきゃと廊下で会って伝えたら愛之助さんも「えー!」と、演舞場の廊下で二人で。「ほしがりません、勝つまでは」のドラマでした。

愛之助さん。
こんな、動物園みたいな(笑) でもみんな仲良く亜門さんがこっちこい、ってしてくれて、見守ってくれました。できればまたどこかでこの作品再演したいなと思ってます。そのときには同じメンバーでと思っています。そのときにはぜひお越しください。そしてそれぞれのメンバーも見守ってください。

壮麻さんのカテコ挨拶の「毎回ハラハラドキドキのミステリーツアーみたいだった」発言がじわじわ来てる。
カンパニーの皆さんを猛獣とかいう壮麻さんと、だったらお前は珍獣か、と突っ込みいれる徳井さんに「珍獣は優さんでしょ」と言ってる壮麻さんがたまらなく可愛くてな。
ほんと可愛くてな。
いつものようにキャストスタッフお客さんへの感謝を口にしたあと、上山さんのこともおっしゃってて、彼もやっぱりカンパニーの一員で、今は別な舞台のお稽古に励んでるけどそれでも忘れちゃいけない人なんだな、って。
その心遣いに泣ける。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター