義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》


◇時間:
16:30

◇会場:
松竹座

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト



花道の酔っぱらいさん、お客さんに手を差し出してハイタッチ待ちしてた(笑)
お酒飲んだ時の顔が、ご満悦というよりは「にぱっ!」って感じの無邪気な笑い方。


楽屋に最初出てきたときの荒尾様の中の人、すごい楽しそうに何度も客席に手を振ったり親指たてたりしてテンション高い。
あと、荒尾様の楽屋の奥の方に「女中」「月日」(縦書き)って書いてあるんだけど下の方が見えない。
何が書いて張ってあるんだ。


荒尾様の眉が太めなのは、ほんとは髪と同じ色なのを隠すためにあんなに濃く塗ってるとか考えたら燃える。
生粋の完璧キャラというよりは、努力して完璧になった人っぽい。


荒尾様の本気の歌い上げ怖い。
荒尾様の本気の歌い上げマジすごいっすよ。
あと「どんな女でもイチコロだぜー!」のラストの音ひとつか二つ高い?
「我は泣く子も黙る」の動き、いつもは右腕だけなのに両手でやってた。

「あそこもすごいぞ」であからさまにアレを撫で上げる荒尾様。エロいから!
子供に見せられないよ!!!!

てゆか荒尾様の歌が全般的にすごい楽しそうで弾けてるんですけどなんか一つレベルアップしました?



殴る順番がランダムで、後ろから二番目の家臣さん→侍さん→前へ。
殴るのも、頭叩く→横蹴り→頭叩く→後ろ蹴り。
バリエーション豊富すぎる(笑)


「生きる伝説だからな!」に笑い転げる侍さんが荒尾様のすんごい近くで笑うもんだから「何してる。近すぎる」と怒る荒尾様。
侍さん、ほとんどくっついてたもんね…(笑)


「あっちが澤野屋ですよく見てください」言われて丁吉の背に手を回して丁吉の顔を覗き込む荒尾様、めっさ近い(笑)
丁吉が苦労して顔を向けさせてた。



「絶対だめ!」という金吉に「何かっこつけてんだ」と近寄って、だん!と足をならして「ダメだと!?」
やっべーこれ怖いわ。
壮麻さん、304以来ほんと怖がらせる足の鳴らし方上手くなってるわ…


お高の顔を最初見たとき、驚きすぎて腰を抜かして膝をついちゃう荒尾様。
その後何事もなかったかのように立ち上がって膝を払ってた(笑)
まさかの、膝をつく荒尾様二つ目。
物語の時間軸的にはこっちが先だけど。




「あ~あ~」の動きがなんか増えてた。最初のは左右に顔を降るのが増えてて、もう一つのはなんかこう…シャッフルするような動き? 糸巻き? みたいな。
あ、でもイゴールもこの動きたまにしてたわ。
エヴァの後ろで踊ってるとき。
後ろじゃなくて横だったか?
中の人は同じなのねぇ。
こんなとこで実感した。

「拍手はいらない!俺を誉めるな!」で拍手が起きて、拍手煽って止める荒尾様!!!!!



ほっぺちゅされたときに嬉しそうな顔がちょっと長め。
数秒感覚を味わってから「お前じゃない!」ってなってた。

「越後!? どんな病気だ」「伝染病だー!!」で皆さんがパニクる中、一人冷静に顎に手を当てて少しだけ考えてからさっと手をあげて音楽を止めてる荒尾様がかっこよすぎてな。
「頭脳明晰」は伊達じゃない。
「そんなものは流行っていない」のときに丁吉の頬をなぞる荒尾様。
やだ惚れる…(笑)
「じゃあなんでみんな騒ぐんです」に「さぁ?」ってする荒尾様もかっこいい。
なのに花嫁の遺体が動いたら腰抜かして床に足投げ出してるし!!!!
大好き!


お高に声かけるとき、馬に乗ってから。
馬からすたっと降りて、両手を広げて「俺のバージン!」
そして逃げ帰るときもお馬に乗って。
イゴール!!!!!!
お馬に乗って、手綱を引いてぱからしてる荒尾様がサマになりすぎてて、あの人乗馬も得意なんだろうなって。


お美津を振り向かせるとき、肩にかけた手がすごく優しげで、怖がらせないようにそっと触れてて、そのあと頬から顎にかけて指の背を滑らせていくのも繊細で心遣いにあふれていて、これで惚れない女がいたらむしろどんな人か知りたいくらいだわ。
壮麻さんがこういう、欠点がないのが欠点みたいなキャラやってるときの圧倒的完璧さ、常人では到達できない二次元感あって好き。


お守りを出したときに親子3人でお守りくっつけてるのほんと可愛い。



エンディングで双子のとこにいくのがちょっと早くていったん戻った荒尾様が照れたように笑ってたの可愛かった。
んで澤野屋の「この先心配」に笑っちゃった荒尾様というか荒尾様の中の人というか壮麻さん素敵。
そーいや荒尾様の「みんなで乾杯」は英語だと「I get twins」らしいんですが、ローマ版見てないのでなんとも言えないけどいくらなんでも唐突すぎませんか。
個人的には日本語版の方がいいなぁ。


カテコで、カピタンちゃん役のさくらさんのハピバ。
途中から壮麻さんが指揮やってらして(モニターに映る指揮者のを見てやったのかな)、途中からとても歌いやすかった。
舞台監督さんがケーキ運んできたら、ろうそくの炎が消えないように手で壁をつくって一緒に移動してくれる壮麻さんって天使だよね?
その気遣いなんなの、神なの?


トークショー、最初に愛之助さんがちらっと登場。
ミュージカルということで、普段は歌舞伎役者として松竹座にも立ってるけど、こんな格好でいるのは不思議な気持ち。
でもお客様が盛り上げてくださるから楽しく勤めてます。
あと早着替えが今回はないので、これが一張羅、とか。

高橋さんに「ミュージカル界の重鎮」と紹介される壮麻さん。「今年の6月で35年くらいになる」という壮麻さんに「じゃあ俺がこのあいだ35周年だからあんま変わんないじゃん。なんで俺年寄りやってんだよ」と高橋さん。
壮麻さんは「6月で35年くらい」とは言ったけど「くらい」であって、35年になるのは来年ですからね。

愛之助さん目当てのお客とか上品だから俺が下品な台詞いってると引かれる。この間子供がいたからちょっと台詞変えたりしたけど、と高橋さん。
「壮麻さんもその格好じゃコンビニいけないでしょ」と言われて立ち上がって見せる壮麻さん。
コンビニはさすがに普通に無理かも(笑)
衣装感ありすぎて。

失敗談ということで。
高「壮麻さん、最後の、もももももしや、ってお守り出すところで、お守りが出てこなかった」
壮「内側にお守りポケットがあるんですけど、(胸を叩くしぐさ)とかやって出てこなくなって」
高「その3日後綾ちゃんがお守り忘れた。で言ったのが、私も持っていた!」
綾「荒尾様に高い高いされながら何て台詞言おうって考えてた」
あと、高橋さんの「人の失敗は楽しい」発言に壮麻さん「ひどいなぁ(笑)」

残り9公演で昨日で60公演目、全部で69だから、という話で壮麻さん「僕はそんなに出てないけどね。東京では20くらい? みなさんシングルで一ヶ月やるのになれてらっしゃるけど、僕はいまだにヒーヒーいってる」とのこと。
あんなに優雅にやってらっしゃるのに…(笑)
でも壮麻さんは努力家だから、劇場には誰よりも早く入ってる、とも。
壮「僕修道僧みたいな生活してる。劇場行ってホテル帰って洗濯して」
高「俺はその時間(壮麻さんが劇場入りする時間)まで飲んでるのに」

元妻はいいけど娘に会いたい、と客席を探す高橋さんに「ジョージさん、客席探さないで!」と泣き笑いでなだめる平野さんと、見守る壮麻さん。

ルーさんが素で返しちゃったときあったそうで。
高「あ?っていうから、お前はいつからそんな口が聞けるようになったんだって」
壮「ご主人様なのに」
ここでルンゲがちらっと顔を覗かせていた、気がした(笑)
ルーさんの、丁吉の妹のところが毎回違うと平野さんが熱弁。
「何回も見た方は知ってると思いますけど。だから何回も見てほしいなって」
高橋さんはお客さんの顔チェックしてるそうで、「内くんのファンがよく見かける」だそうな。
壮麻さんが、高橋さんは怖い人かと思ってたけどみんなのことよく見てくれている、と。
あの人世話好きっぽい。

高橋さんと平野さんと壮麻さんで「ロード」とか贅沢すぎるトークショー。
しかもちゃんとハモってた。
ロード歌うことになって、着物で歌うのやだっていう高橋さんに「着物とすごく似合ってますよ」と壮麻さん。
なんか今日の壮麻さんはフォローしてる姿が多かった気がする。
さすがミュージカルの天使。
歌い始めるというときに壮麻さんが「スマホ忘れた!」平野さんが「私も!スタッフさんお願いします!」(笑)
顔とかそんな似てないけどなんか似ているお二人。
間奏で平野さんと一緒に揺れてる壮麻さんが可愛くてな。
最後は客席にマイクを向けて全員で「なんでもないようなことが~」と数回熱唱。
壮麻さんが一瞬普通に歌いかけて「あっ、ちがった」と、マイクを肩に辺りにつけてたの可愛かったし、客席に歌わせようと立ち上がってマイク向けてるのも素敵だった。


今日同行者に話したんだけど、荒尾様の中の人と舞台監督さんの距離感好きだなって思ってて。
舞台監督さんは、なかなか手を焼かされる荒尾様に困ったなと思いつつも、荒尾様の人柄とか人間的魅力にしょーがないかってなってそうな。
同行者さんと「壮麻さんあんな細いのにどうしてあんなに動けるのか」「腰から太腿にかけては意外と筋肉ついてる」「必要なもの以外削ぎ落としたような体してる」という話を。
ほんと細い。のに、必要なものはちゃんとある。たぶん。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター