義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》


◇時間:
11:30

◇会場:
松竹座

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト





大阪に来て壮麻さんの壮麻さんらしさがより開花してる気がする。
あの変幻自在さとか。
いろんな引き出しを惜しみ無く開けていくのとか。
しかも前にはなかった新しい引き出しまで開けて見せてくれたり。


花道でお客さんとハイタッチして、客席に酒をだばだばかけて、中央に横になって両足ともあげてた酔っぱらいさん。
「そろそろ本番始まりますから」って舞台監督さんに言われても聞いてない(笑)
すごいいい顔でお酒のんでる。


「いいことも悪いことも」のときに唇に人差し指当ててるのめっさかっこよかった。
ほんとかっこよかった。



荒尾様今日はかっこいい路線。
かっこよさのかたまりででできてる。
昨日の昼みたいなあふれでる男の色気、みたいなのはなくて、ただひたすらにかっこいい存在な荒尾様すぎて二次元感半端ない。
昨日のエロエロで歩くエロ製造機みたいな荒尾様もすごいよかったけど、今日のひたすらかっこいいの権化みたいな荒尾様もほんといいっていうか今日は天上人すぎてもうほんと。
雲の上の人感すごいんだけどなんだあれ。

高尾太夫の頬を撫でた指で顎くいしてた荒尾様めっさかっこよかった。

あと、「あそこもすごいぞ」で撫でなかった(笑)



待たされてイライラしてる荒尾様、今日は奥の家臣から頭叩いて、最後の侍さんは膝というか腰で押してた。
叩かれた皆さんすごい痛そうにしてた(^_^;)

笑いすぎて股裂けした侍さんに「やめろ。裂けたのか。大丈夫か」優しい(笑)


「この俺から逃げるなんて…信じらんない」からの「二千両はいただかないことにいたしまーす♪」までの間に右手を顎にかけて左手で右腕を支える荒尾様のポーズがかっこいいし、「いたしまーす♪」に微動だにしなくてほんとかっこいいんですけど。
私荒尾様かっこいいしか言ってない。


澤野屋の主が出てくるの待ってるときに、前髪をちょっと撫で付ける荒尾様。
視界が気になったのかしら。
無駄にかっこいいから困る。


休憩って言われた荒尾様、「ん…? え? あ、あああああ!!!」目をぱちくりさせてるのが可愛いんですがなんなんですか。



今日は2幕も比較的かっこいい荒尾様感強くてほんとひたすらかっこいい。
油断すると「壮麻さん可愛い」しか出てこなくなる。
壮麻さん可愛い。


「俺はこの家で待つ!」
「ダメ! それは、ダメ!」
の金吉に、「なんだその歩き方は」と文句つけて真似したあと「ダメだと!?」と凄む荒尾様のいちゃもんが(笑)
そのあとまた歩き方真似してたし。


「ここには甘酒しかない!」って怒ったあと鼻を触ってらっしゃったけど単に触っただけなのか鼻風邪でも引きそうだったのかは気になってる。


お高に一旦逃げ帰ったあと、ほんとにこそーっと出てくる荒尾様が可笑しくて。
お高の歓待をよっぽど受けたくないんだなぁ(笑)
東京ではここでなんででてくるのかよくわからなかったけど、こうしてこそーっと出てこられるとよくわかる。



「ああ、悲しみが胸を突き刺す! っだから支えろぉん!↑」みたいな言い方になってるのすっごい笑えるのでほんとどこからそういうの持ってきたんだろうかと。

「この俺のすごさを知らずに逝くとは」のときの腰の動きがやばいんですけど荒尾様。
なにあの技巧派…!
動きが細かいしちょっとこう、あの、うん、リアルだった。
壮麻さんにこの手の動きはできないだろうと思ってた私が間違ってました。

「こんなときになぜ食える!」のときに丁吉をぺしぺし叩く荒尾様が可愛い。
こういうあたり憎めない人だなぁって思う。


葬式の辺りの仰々しさがもうひとつの様式美にまで高められてて、歌舞伎でもないミュージカルでもない、すずきそーま独特の芸にまでなってるの見事としか言いようがない。

荒尾様、珍しく一度間違えた歌詞をまた間違えた。
「花を、ろうそくを、鐘を打て」を「薪を積め」と。

「薪を積め! 燃やすのだ…」の「だ…」が息を吐きながらで、深い悲しみとか感嘆が込められてて素晴らしかった。

荒尾様の「俺を誉めるな」のバリエーションありすぎて楽しい。
「拍手はいらない」のあとの「俺を誉めるな」ほんと嬉しそうで可愛い。

「戦に出陣する。待て! その前に…(花嫁の死体のそばに移動)その前に…(花嫁じっと見つめて)…何が可笑しい?(笑いにざわつく客席へ)」
おお、もしかして初めてじゃなかろうか「拍手はいらない」以外で荒尾様が客席にからむの。

キス騒動のあとの「伝染病だー!」にみんながわーきゃーしてるとき、一人冷静に顎に手をかけてちょっと考え込んでからさっと手をあげて音楽を止めてる荒尾様が超絶かっこよくてな。
なのに動く花嫁の死体にめっさ腰抜かして倒れ込む荒尾様が素敵だった!!!!!
もう最高でしかないだろあれ。
壮麻さんの企みに完全にはまってる…


「はっはー。俺のバージン!」ってお高にいったときの、するりと布袋屋の柱を撫でて足を滑らせるように移動してるとこがとてもきれいな動きでかっこいいし、紳士的で好き。
ダンスの素養ありそうな動き。
お高に「私、バージンじゃありませんよ」って言われて「うわぁ!わかってるわ!怖いー!」って逃げてく荒尾様。
布袋屋の入り口でのあれといい、今日は相当お高に苦手意識あるようで(笑)


「この喜びに免じて」でお美津の頬を指の背でなぞったあと、お美津を振り返らせて両手をとって上下に揺するのが可愛くてですな。
荒尾様に手を揺すられて、お美津がだんだん笑顔になっていくのが、あともうちょっと見つめあってたらお美津も荒尾様に恋しそうで(笑)


今日はうっかり笑っちゃうことが皆無だった荒尾様。
むしろ一番笑わない人だった。
なのにラストとかの笑顔はほんとものすごく輝いてるんだぜ。


壮麻さんが、いままでやってなかったようなことをやってるのを見ると「こんなに成長して…」っていう親戚のおばさんの心境になる。

昨日知り合いのゲイのかたと江戸時代ぐらいまで遡ると男同士の恋愛はあるにはあったのにね、みたいな話になって「役者にも多かったのよ、新橋演舞場の近くとかに陰間茶屋とかあってね」みたいに言われてついうっかりコメトゥナのことを思い出してしまったのは不可抗力だと思う。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター