義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》

◇時間:
11:30

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト




祝東京千秋楽!

荒尾様…迫力素敵…大好き…

酔っぱらいさんがなんか「千秋楽だぞー!」的なこといいながら客席にお酒かけてた(笑)
え、それってつまり千秋楽のご祝儀のお酒?

荒尾様の役者さん、わがままだし横暴だけど憎めない人だよなぁ。
と思いつつ、たぶん舞台監督さんあたりは苦いものもありそう。
たまに座長に「あの人いいかげんにしてもらえませんか!」とか言いそう。
でもきっと人気あるんだろうなぁ、女の子に。
客が喜ぶんだろうなあ。


3人組を紹介する座長さん、真ん中の「お江戸の…忍者!」の代わりに「かぶき者!」で、慌てて見得切って「コメディ・トゥナイト!」ってやっていってた。
とっさのアドリブさすがです。

改めてなんだけど、愛之助さんのちょっとした独り言みたいなのが初日からするとすごく増えてて、それらが全部「なぜ丁吉がその行動をとるか」の裏付けになってて、アドリブと言うほど目立つわけではないけどこういうのが舞台のお芝居だなぁと思わせる自由さで、さすがだなぁ、と。
アドリブで面白いことを言うより、聞こえるか聞こえないかでもいいからそういう独り言的なものが増えてくれる方が見てて楽しい。
そのキャラクターがリアルに生きているって感じがするもん。
舞台にいる間は常に役として生きているって感じがする。


そうだ、荒尾様の楽屋(違)、壁に刀が何本かかけられてるんだけど、あれって小道具なの?
それともあの役者さんの私物?
招福座の芝居小屋の楽屋は倉庫も兼ねててよく使うものを置いてるから、今回は使わない刀掛けをあそこに置いているだけとか?
3~4本くらいかかってない?

楽屋でお茶飲んでるのがとても美味しそう。
特に最初の一口目。
飲んだあとほぅっと息を吐き出す様子が。

布袋屋の「このように後が怖い」って言ってるあたりで吹き出す荒尾様の中の人。


比呂に「どんなことしてた?」
訊く内容が具体的(笑)
でもたぶん比呂はわかんないよ…

澤野屋がキセル吸ったら煙出てて、あれほんとのたばこなのかな…?

お美津を自分が引き受けよう、という丁吉、「私がかくまおう」に戻ってた。
匿うのか。

侍がこないか見張ってて、と言われて上手を見てる比呂、なんかすごい屈んで睨んでた(笑)
やだ、不良だわー(笑)
あと、比呂のポーズ取らせたときに今回も「ララランド♪」

金吉に引き裂かれたあと、金吉を伺いながらちょっとずつ比呂に寄ってくお美津可愛い。
あんな短期間でだけど、心底惚れてるのね、お美津の方も。

丁吉の妹話。
今回は「泣きぼくろがあってとってもチャーミングな」

一緒にいていい、と言わされた金吉が丁吉の太腿つねってた(笑)
あと、「おい、覚えてろよ」とすごんで帰ってた。

「心配しなくてもあの子はあなたのもの」言われて一気に舞い上がってる比呂の単純さが愛しい。
金吉に「いつもありがと、可愛い顔だね」のホケホケ感といったら。

薬の本を「自由への通行手形」っていうの聞くたびに脳内でバルジャンが出てきて困る(笑)
ほら、同じ黄色だし。


楽屋にいる二枚目役者さん、違うとこいきそうになる川端老人を、目を丸くして下覗き込んでるのが楽しい。
あと、川端老人の花道は立ち上がって結構長く拍手して見送ってる。
こういうところ、この人いい人だなぁって思わされるんだよなぁ。
気遣いとか、仲間への思いとか、ちゃんとあるんだなって。
冒頭は酔っぱらってるけど(笑)

布袋屋親子の様子を、床に座ってみてる二枚目役者さん。
たまにお茶飲む。
歌が終わるとやっぱりすてきな笑顔で拍手して親指立てて。

布袋屋親子が歌った前後辺りでいつもは鎧を着るんだけど、今日は抱えて奥へ戻っていった。
鎧抱えたまま、「お風呂屋いってきまーす!」ってしてる比呂を見下ろしてる二枚目役者さんなんか可愛かった。


侍に追いつめられてこけた澤野屋を、さらに脅す侍さん。
やめたげてー(笑)
侍見送って「もうきちゃった…」とつぶやく丁吉。


今日の荒尾様のマントばっさぁがとてもかっこいいので、壮麻さんにもっとマントやコート翻す役待ってます(笑)
「その言葉、聞きあきたわ!」で今日は拍手せず、力こぶ作ってる荒尾様。

高尾太夫への顎クイの指先もとてもとてもエロいし、しかも右手の顎に添えた手と、あとは視覚だけで高尾太夫を落としてるのなにそれやばい。
高尾太夫に触れてるのが人差し指のほんの少しなんだよ。
それなのにあっという間に骨抜きにしちゃってるんだよ。

「女、女、俺を知ったら、ほかの男じゃ満足できない」ってのにすごい同意した。
壮麻さんを知っちゃうと、他の人の芝居じゃどこか物足りなくなっちゃう。
同じものを求めてはいないんだけどねぇ。

「どんな女でもイチコロだぜー!」のあと「へいへーい! はっはー!」とても楽しそうな荒尾様。

花嫁が出てこないのでイライラしてる荒尾様、今日はついに侍さんを蹴りましたよ(笑)
かなり足あげてましたよ!
おお、蹴る壮麻さんをこの目で見られるとは!
ジャベールのときにテナルディエを蹴ってたんだよね。
あとの三人は蹴るというよりは膝で押してた。

「俺は、いきる伝説だからな!」に笑い転げる侍さんが、床に転げて笑ってた。
荒尾様はすごい醒めた目で見てた。


「俺から逃げるなんて…信じらんない!」のポーズほんとかっこいいんだけど、そのあとの目を細めて眉を寄せてるのもすごい好き。
てゆかそのポーズかっこよすぎるからもう一秒だけ長く!(笑)
あと、目をすがめてるのかっこいい。
そしてしゃくれた顎(笑)

丁吉の「お約束の二千両、いただかないことにいたしまー…す?」の、「す」に合わせてちょっとだけ首を傾ける荒尾様、合わせたのか合ったのかはわからないけど。

「金も逃げたといいたいのか」のあとしばらく鼻息が荒い荒尾様。
久しぶりに怒りでふすふすいってらっしゃるの聞いたわ。
怒りが高ぶりすぎて鼻息がすごい。
なお、鼻風邪とかそういう様子は見られない。

「私は澤野屋とはお友達で」
「おとも?」
鸚鵡返し荒尾様可愛い。

「よく見てください!」言われて丁吉の方に顔をぐいっと寄せる荒尾様。
この人たぶんパーソナルスペース狭い。
丁吉の肩においた手の指をグリグリさせててとても怖い(笑)


今日は「その、願い、とは」が仰々しくて楽しかった。

「休憩させて☆」で「…おい! おい!!!」って客席にも何度も指差して。



2幕始まるとき愛之助さんが「お弁当食べました?」とか客席に聞いてくときの、「おむつ替えました?」に今回はお客さんがうなずいたようで、「ほんとですか!?」ってなってた(笑)


「もし彼女が男だったら荒尾様のように素敵だったでしょう」って言われたときに、「男だったら」に小さく確認するように頷いてた。
基本素直で可愛いお方。

「それほど見事なのか」ではくはく口をさせてるのも可愛い。

布袋屋に入ろうとするので待たされる荒尾様、両手をあげて客席脅す。
おお、ちょっと久しぶりに見たかも。
荒尾様に脅されたー♪

レディーファーストした荒尾様、「かもん!」っていってた(笑)
女たちに「たのしもうな、ゴージャスだな、怖いなぁw」って。
これはもう惚れるしかないよ、こんなふうにちゃんと一人一人見て反応してくれたら。


布袋屋主人に精力剤持ってくるようにいわれてげんなりしてる金吉、「女郎だけの屋敷」まって女郎以外にもいるでしょ!(笑)


「近親憎悪」の「ぞーお」がとてもおどろおどろしい舞台監督さん。


「なぜなんだ、よせー! 俺を褒める者しかいなぁい!」
ほんと嬉しそうな荒尾様のお声で(笑)

200人、に「うぇー」って顔してた。
「わわわ、わしにかまうな!」って逃げ帰るのほんと可愛い。


葬儀屋の権八が死んだと聞いて、「ごんぱちー! ともだちだったのにー!」
よかったねぇ、こっちの葬儀屋は死んだら悲しんでもらってるよ。
フランケンのフランツ・コッポラはむしろ主人公に殴り殺されてたのに。
そして彼の死をたぶん誰も悲しんでなかったのに。

Wait、いわれて「わからないよ」とツッコミ入れる丁吉。


着替えて出てきた布袋屋、いつもは上手だけに香油のにおいを振りまくけど、「今回は特別にこちらもに」と下手の方まで。
で、上の方見て「…安移籍のお客様は、また大阪で」(笑)


「何て危ないんだー」のとこ、「怖い!」が素で出た声みたいな、低めの声で、ちょっと頭振ってから「何て危ないんだー」って棒読み気味に言ってて、ああこれ荒尾様の中の人(壮麻さんではなく)が出ちゃったんだな、と。
きっと裏で大道具さんに「たのむよほんと!」って文句いってる(笑)

「俺を褒めるなっ! 何度いったらわかるぅ♪」
声だけなのに可愛い。


ラブリーのリプライズで丁吉が金吉の鼻先、額、鼻先と指先でつついて、それに当惑する金吉に、舞台袖から爆笑が聞こえてた(笑)
てゆか今日の舞台袖の笑い声すごかった(笑)


「ああ、悲しみが胸を突き刺す! んな、支えろ!」
感情をぽいぽいぶつけてくる荒尾様ほんと可愛い。
「葬儀を終えるまではかえらーん!」と宣言。
二回目の突き刺すは「突き刺す! って支えろ!」
なんかこう、いちいち可愛い。

ところで、「あそこもすごいぞ」もそうなんだけど、「俺のすごさを知らずに逝くとは」のときにあからさまに腰を振ってて、このところだんだん激しくなるなぁと思ってたけど、今日のは完全にその動きだったし、しかもエロかった。
直接的な動きでそう感じる日が来るなんて…と妙な感動を覚えた(笑)
いやあの、2008年の「ウエディングシンガー」以来、壮麻さんってその手の直接的な具体的な動きって苦手なのかなって思ってたもので。
M字開脚とか服をはだけるとか、そういう方向のエロスはとても上手いのに。
あと、手つきだけならほんとやばいくらいエロいのに。
というわけで、10年くらい、そういうの苦手なんだろうな、恥ずかしいんだろうなと思っていたわけなんですが。
ついにその手の動きも堂々とできるようになったんですね…!
という、よくわからん方向での感動(笑)
うん、ちゃんとエロかった。
でもやらしすぎない。
荒尾様はエロい話をしていても爽やかだから許される気がする(笑)

「そう、あそこも」で三階席に向けてうんうんとうなずく荒尾様。

「花を」の低さすごい好き。
でも「中止だー!」とかは高いのよね、ギャップすごくて好き。

今日は拍手煽らなかった。
残念。


「ぶっころーす!! まてー!!!」と走ってく荒尾様。

今日は証文を持ってき忘れたのかなんなのか、いつもは証文を比呂に投げるところで「さっき裏から渡した証文ありますね!」


お高にちゅーしちゃって、川端家から出てくるときに口を拭ってる布袋屋主人、今日はおえええええってなってて(笑)
ちょっと、それはいくらなんでもひどくないですか(笑)

「店!?」って聞き返す荒尾様がなんか好き。
あの人、人の話聞いてないようで案外ちゃんと聞いてる。


丁吉が死んだか確かめにいくとき、家臣の肩に手をおいてその親指を唇に当ててるのがなんかこう…うん、ずるい。


お美津相手にきゃっきゃしてるとこ、ほんとにきゃっきゃって感じで可愛らしいんですけど荒尾様。
お美津の肩に手をかけて振り向かせるところまでは獲物を狙う肉食獣だったのに、お美津の両手とって上下に揺らしてるとこは可愛い以外の何者でもなかったよ。

先日の「もももも、もしや!」以降、「も、も、もしや!」みたいにどもるようになった荒尾様。
このときの息遣いとか、動悸が一気に上がっちゃった感じすごい好き。
見てるこっちも緊張が高まって一緒に嬉しさが爆発する。

そうそう、今日お美津が「にいさん」って呼んでたので、「この子は兄さん呼びなのか…!」って感動した。
そうか兄さんか…ふふふ。


カテコでプリンシパル全員からひと言挨拶。
ざっくりまとめ。
落としてるのもあると思う。

内さん:「あっしたー」と挨拶。「参加できてよかった」的なことも言ってました。
平野さん:毎回何が起こるかわからなくて、今日も。私たちもハラハラしていました。あと半分、大阪まで是非足を運んでください。
高橋さん:私の最後の台詞は台詞なんです。みなさんに笑われると、このためにあったんだと。ここから見るだけでも4回、5回の方もいらっしゃいます。大阪は遠いですけど大阪のお友達に言っていただけたら。
松田さん:お客様は神様です。みなさんが喜んでくださるなら私はブス役でもやります。(最後にお歯黒を見せる)
ルーさん:役者、スタッフ、関係者、みんな身をパウダーにして(高橋さんが通訳「身を粉にして」)きました。大阪に行かなきゃならない、またワンマンス(高橋さん「もう一回」)がんばります。
ユカイさん:草間弥生です。(愛之助さんのことを褒めていたと思う)
壮麻さん:♪みなさん、みなさん、ありがとう、すばらしいお客様よー!(早く、早く、つれてこい、麗しき我が花嫁~の節で替え歌)こんなすばらしい作品に携わらせていただいてありがとうございます。スタッフのみなさん、汗水垂らして、裏も大変だったんですけど、ありがとうございます。今日はいませんが上山竜治くんと二人で、僕はこの荒尾という役をやらせてもらいました。大阪も是非応援してください。
徳井さん:大変長らく挨拶におつきあいくださりありがとうございます。あとは座長から。
愛之助さん:いろとりどりの役者たち。ミュージカルだけどミュージカルの人ほとんどいないという(笑) 大阪でお待ちしております。

壮麻さんのお辞儀がめちゃくちゃ深くて、もちろんそこまで頭を下げてくださることにも感動なんだけど、体柔らかい…


今日のファン仲間との会話。
私「ところで、越後ってそんな近いの? 今日越後から、って」
友「…荒尾様ならいける?」
私「でもお供は…あ、だから侍さんはあんなボサボサなのか…! 荒尾様と一緒に越後から強行したから…」

私、自分には壮麻さんがすべて可愛く見える呪いがかかってるから荒尾様が可愛く見えてるのかなって思ったけど、ファン仲間も荒尾様は可愛いと言うので間違ってないのかなって。(みんな同じ呪いにかかってる可能性については考えないものとする)

壮麻さんに事故ちゅーされた直後の公演では愛之助さんがとても用心していたと聞いて、やっぱりそうなのか、と(笑)


壮麻さんがお歯黒してみたいといってたのでお高をたくさん見ちゃうようになったんだけど、イゴールの真っ黒唇でエロかったんだから、壮麻さんがお歯黒して赤い口紅塗ったらやっぱりエロいんじゃないかと思うよ。

役者以外の舞台に尽力してる尽力してる人を、壮麻さんは積極的に取り上げてくれるので、私はとても嬉しい。
役者だけでなく、たくさんの人が関わって舞台は作られていることを教えてくれる。
裏でたくさん汗を流しながら、もしかしたら役者以上に大変な人たちがいて、支えてくれてる。

スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: 鈴木壮麻 ミュージカル

コメント

非公開コメント

FC2カウンター