義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》


◇時間:
16:30

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト



前楽!
お席は1列目真ん中!
誕生日と同じ日だ(笑)

荒尾様からお酒かけられたー(笑)
ばっしゃー!って客席にかけてた(笑)

花道で客席にお酒をかけたり、お客さんと握手したり、「なにみてんだよー」って絡んだり(笑)
真ん中に腰下ろしてお酒飲んでるとこに三人組さんたちが来てお辞儀してくんだけど、あの人一座で一番の人気役者とかそういう扱いなのかしら。
だから酔ってても許されるのかな。
真ん中でお酒飲んでるの、座長さんが頑張って引っ張ってた(笑)


鎧脱いだあと、ストレッチしてる二枚目役者さん。
腕を横に曲げる運動して、肩をそれぞれ回して、腕の筋を伸ばして。
今日は上半身の腕周りが多め。
それでいったん楽屋を出たあとすぐ戻ってきて、腰かけてお茶飲んで、それから床にあぐらをかいてお化粧。
お化粧してる二枚目役者さんはとても真剣。
前髪あげて額にもちゃんと塗ってた。
それから頬杖をついたり、立て膝をして顎に手を当てたポーズで舞台を眺めてた。
楽しそうでした。
それと、彼の楽屋の上の方の柱に大入り袋がたくさん貼ってあるんだけど、もしかしてあれって増えてる?
今日は六つ。


水軍のお兄さんが「がはははー」って笑ってから子供をさらうのがデフォになったのね。


比呂の恋の目覚めで花を差し出すときに、客席に顔を見せないようにしている舞台監督さん好き。
比呂が時々カクカクしたしゃべり方になってたのはなんだろう。
「あの窓から時々顔を出す子」のあたりとか。
滑舌よくしようとしてたのかな?


澤野屋へようこそで、「テキーラ、カステーラ、きよみずでーら!」
ここ毎回なんかいってるんだけど、あんまりよく聞こえてなかったり何を言ってたのかわかってないときあったので、今回はわかってよかった(笑)

そういや毎回気になってるんだけど、澤野屋にあるバランスボールみたいなのはなんなの?
重し?

トリップガールズの紹介、今日ははっきり聞こえた!
「ニーハオ、チンタオ」っていってた!
でもたぶん澤野屋のこのへん、全体的にアドリブ。


丁吉の妹発言に「折り紙の鶴が折れない」。
毎回妙にリアルなんだけどどこから持ってきてるんだろう(笑)

「一緒にいていいよ」といわされて「なんてこといってしまったんだ。覚えてろ!」と金吉。


「お船に乗って」で二人にお酒勧めてるけど、比呂は飲んでるけどお美津は口を付けかけてやめてる。
このときちょっと可愛い表情してる。

金吉に「ありがと、いつも可愛いね」と帰ってく比呂。


布袋屋が新しい女中と…とその気になりすぎてるのに困ってる丁吉、「弱ったな…あ、いいこと思いついた!」と小声で。


川端老人が違うとこ行きそうになるあたり、上から肩を揺らして笑ってる二枚目役者さん。
あと、布袋屋の「母上!? どこ!?」にも笑ってた。
リラックスして自然体で楽しんでる感じがする。
壮麻さんに限らず、袖で見ている役者さんたち、舞台自体をとても楽しんでるっぽい。
見てる方が楽しいのは大前提だけど、やってるほうも楽しいっていいな。
親子の歌は、顎に手を当てて見てるのがかっこよかった。


荒尾様のとこの侍に脅されてそのまま転んだ澤野屋、「なんだこの人」って(笑)
一方で丁吉は「もう来ちゃったの!?」って独り言。

金吉の「澤野屋の、旦那様」で唾がかかったらしい3人組の真ん中の方。
嫌そうな顔をされてた。


丁吉の前で「そちは」って訊ねるときの荒尾様が、ひらん、と一足飛びに近づいてて、足取り軽いなと。
さすがバレエも踊れる人だけある。
あんなに重そうにいろいろ着てるのに身のこなしが軽い。

「その言葉、聞きあきたわ!」で今日も家臣たちと拍手してる荒尾様。
無邪気な感じで可愛い。

高尾太夫に迫る荒尾様、今日は顎クイしたあと両手で肩か二の腕辺りを抱こうとして丁吉が引き剥がしてた。
おしかった…←

花嫁歓迎の歌を歌い終わったあとのすごい楽しそうな嬉しそうな荒尾様素敵。
終わり辺り息が乱れたように見えて、そういえば今日はマチソワの日だったからお疲れが来てるのかもしれないな、と。
いやでも、歌はもちろんすごい迫力でしたよ。


花嫁が出てこないからとイラついてる荒尾様が、手下たちをどつくとこ、侍さんを膝で押すっていうか突き飛ばしててかなり向こうまで倒れてた。
可哀想に。
そしてあとの二人は膝でやったあと、最後だけ頭叩いて。
なぜ最後だけ(笑)


「金も逃げたと言いたいのか」って丁吉に迫る荒尾様、拳を握りながらでとても迫力。
戦闘体制の準備されてるわー。
めっちゃ声低い。

「これは悪い冗談です」って言われて怒りに口をわなわなさせる荒尾様。
ぶちきれる直前でいらっしゃった(笑)
あと、「私は澤野屋の友達で」「とも?」って。

「見ればわかるでしょ、あっちが本物の澤野屋です」って丁吉にいわれて丁吉をぐいっと見て、「あっちですあっち!」と、今日も顔を向けなおされてた。
とりあえず距離近い(笑)

休憩で「はぁ? (明るくなる客席に)あー!!!!」ってしてるのがとてもおかしい。

あ、でも今日の荒尾様、まだ刀に手をかけてない。


「江戸一番の極悪人め」って台詞好き。
時代劇みたいで。
あと、すごい低音で脅してくるので。
そのくせ「それほど見事なのか!」の声は高くておかしい。

「あの娘の行き先にはいくつか心当たりがあります。そこに行かれてから」「うん! 何言ってんだ、お前が行くんだ」
ノリで流されかけてくれる荒尾様(笑)

ちょっと待って、と言われていらいらしてる荒尾様、侍さんを裏手で殴ってた。

中へ入る段になって「はははー!」と笑いながら胸と腿を交互に叩く荒尾様。
これの名称そろそろつけてあげたい。

レディーファーストはいつもの言い方。
女たちに「楽しみだな。ゴージャスだな。怖いなぁ」と応えてあげる荒尾様優しい。

そして「しっかり見張れ!」のマントばさぁがたまらなくかっこいい!!!!
そうなんだよ、このところ壮麻さんにマントなかったから、…ていうか何年ぶり?
シラノではそんなにマント翻さないし、ドラキュラ以来?
いいよね、ほんといいよね…しかも荒尾様だからどんなに仰々しくやってもなんの問題もないからね!
思う存分マント翻せるからね!!!

最近荒尾様、花嫁がいないからといって客席脅さない。


金吉を呼んで精力剤を持ってくるようにいう布袋屋、「あの、ちゅーとしたくなる」…ああ、ちゅーしたくなるのがデフォなんですねあの薬は。
あと、こないだからだろうけど、窓閉めるのめっちゃゆっくり(笑)
金吉が「早く閉めろよ」とグチってた。


屋敷からの荒尾様の声、「もっ、どーして褒めるものしかいなぁいw」が心底嬉しそうな顔してるんだろうなっていう。
壮麻さんってちゃんと声だけでも表情見せてくれるからほんと楽しい。
だって容易に想像できちゃうんだもん、このときの荒尾様の顔。
あと、すっごいいまさらなこと書くけど、ちょっと前に「貴婦人の訪問」で見た山口さんが、シチュエーションは違うけどしきりに「もっ」って頭につけてて、なんかこう、共通するものがあるのかしら、とか思ったり思わなかったり。


足音も荒く出てくる荒尾様、完全に金吉の方だけを見ていて、お高のことは目に入っていない。
だからこそ、顔を上げたお高にめっちゃビビってる。
でもあれ、荒尾様の反応、設定的にはどうやら正しいほうのようで。
可愛いのになぁ。
なんかめっちゃ仰け反ってたのがとても楽しかったです。
「200人をおもてなしした」にわなわなしてた。

お高のおもてなしに「わしにかまうな!」って逃げ帰る荒尾様、今日は足引っ掛かったのかわざとなのか、たたらを踏むような勢いで家のなかに入っていってた。

お高の白塗りメイク見てたら、イゴールに見えてきた。
髭と涙マークつければ完璧じゃね?
そのせいでお高のメイクが可愛く見えてきた。
もともとそんなにゲテモノに見えてないし。

そのあと出てくる荒尾様、なんかこう、見つからないようにそろそろ出てくるのがなんか可愛い。
このままこの家にいるとあの女の相手をさせられる…みたいな危機感だろうか(笑)
逃げ帰るときも「わかったわかった!」って悲鳴あげてたw


金吉が「どんな手だて? 自分で首くくる方法?」みたいなこといってわめいてるとき、丁吉が「なにいってんだよ、大げさだな」とツッコミ。
そして嘆く金吉を放っておいて、「止めろよ!」いわれてから「終わった?」(笑)
あんまりつきあってあげない丁吉(笑)
「で、葬式はいつ?」「知るか、葬儀屋にきけ!」「うまい! なかなかやるな!」
何をいってるんだ(笑)


二階から落ちかける荒尾様の「怖い!」がとても高い声。
それから、我に返って素早く首を振ってから「なんて危ないんだぁ!」。
あれって中の人が透けちゃったっていうシーンなのかな。
障子の締め方がめっちゃ音立ててた(笑)

布袋屋から聞こえてくる「何度いったらわかるぅ」もすっごい嬉しそうで可愛い。


女装させられた金吉が「みてよしみだらけだよ!」って言ってるときに、舞台袖からすごい笑い声聞こえてたんだけど、出演者さんたちまで笑うってどんなおかしな舞台なんだ(笑)
結構遠慮なく笑い声を響かせているようなので、そういう部分も作品として楽しむものなんでしょうね、きっと。


「最後まで言わせろ!」でやっぱりにんまりしてる荒尾様。
可愛い。
だけど「処分!?」での泣きっぷりも好き。
感情表現どんなに大きくしても違和感ないのでとても楽しい。

「この娘に知人はいたのか」とか「葬儀を盛大に執り行う!」がとても芝居がかっていて面白い。
荒尾様の中の人ノリノリでやってるんだろうなぁ。

「ああ、悲しみが胸を突き刺す! ってか支えろ!」
大好き(笑)

「この俺の、はははー! すごさを、知らずに逝くとは」の、「この俺の」までは泣いてるのに、そっから先すっごいナルシストな顔してる荒尾様大好き。

なにか食べますか、って聞かれたときの「は? お前には、くぅ…人の情けというものはないのか!」が低いほうの声でちょっとびっくりした。

いつもは「そう、あそこも」で三階席に向けて手を振っていた荒尾様、今日は親指立ててた。
珍しい。
「お前らもちゃんと見えてるゾ☆」なのかしら(笑)

花嫁の遺体の傍らで泣いてる荒尾様の頭を金吉が撫でるとき、荒尾様も花嫁の足あたりを撫でてなかった?

丁吉に「荒尾様に会えずさぞ無念だったでしょう」って言われて泣き崩れる荒尾様ほんと大好き。
なんなの可愛い。

「思い出を胸に」って胸に手を当てるところがかっこよすぎてずるい。
あと「出陣する」も。

今日も拍手を煽る荒尾様だ、ずるい(笑)
曲の最後が目の前で、もうほんと…幸せ♪


別れのキスがちゅって音たててるの、丁吉さんわざとですか(笑)
たった一瞬嬉しそうな顔するときだけ、ルンゲ。
「ダーリン…」って言いながられろれろしてるのほんと、かっこいいのとバカバカしいのの合わせ技でどうしたらいいの、惚れたらいいの、笑えばいいの。
あと、「どうしてだ?」とか「どんな病気だ?」がなんか好き。
素直。
あ、でも今日はちょっと声が笑ってた。
で、それをこらえるように「そんな病気は流行っていない」が低かった。
「じゃぁなんでみんな騒いでるんです?」に「さぁ?」って肩すくめる荒尾様さりげに好きなんですけど、なんか妙に可愛いんですよあれ。
遺体が動いたというので「動いた!」って驚愕してるとこで足下よろよろになってる荒尾様ほんと好き。
この瞬間まで完全に花嫁の遺体だと信じてたんだなぁ、この人。
とても純粋で素直で。
こういうところも、お美津と双子だなぁと思う。
「素直よ、誰にも素直。みんなあたしを好きになる」は荒尾様主語でも当てはまると思う。


追いかけてるときの荒尾様、「ぶっころーす!」のあとに「まてこいつー!!」が加わったもよう。
てゆかこの走ってるメンバーでは年長組じゃないか…?
しかも舞台の端から端まで走ってかなきゃいけないから運動量結構多くないか…?
さらに刀を振り回しながら。
……荒尾様、てゆーか壮麻さん頑張れー!!!!
でもそんなドタバタやってる壮麻さん好きです。

川端老人に「水軍め!」って言われて攻撃されても、「なんだこいつ?」って顔してるだけでぴくりとも動かない荒尾様。
川端老人はまったく脅威ではないんでしょうね。
布袋屋にはさっさと刀抜いてるのに(笑)

薬を受け取るシーン、「私だ!」っていう丁吉をぎろりと睨む荒尾様。
怖い(笑)

死んだような丁吉に、「お前行け」って家臣の一人の肩に手をおいたら、「いえどうぞ」って一歩下がられて、周り見回して「俺?」ってやってる荒尾様の、なんかこう、気楽な感じ好き。
「じゃ、いっきまーす」みたいな、ノリが軽い。

「この喜びに免じて!」でまた胸と腿を叩く荒尾様。
喜びの…ボディーパーカッション?
お美津を抱き上げた後、手を取って上下に揺らしてるのが可愛い。
えろくない!
可愛い!

お守り、「も、も、もしや…!」
どもるの可愛くて好き。
そのあとお美津とお守りを合わせてるのも。
双子に見えなすぎる兄妹だけど、さりげに動きとか似てて可愛いよ。


コメディトゥナイトの曲のラスト、「トゥナ↑イト」が主旋律だろうけど、下でハモってるそーまさんの声が毎回聞こえて、ここでも低音で支えてるのねって楽しくなる。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター