義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》

◇時間:
11:30

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト




お席は初めての1階下手側。
楽屋にいる二枚目役者さんがほとんど柱に隠れて見えなかったけど、床に座ってるときとかは見えたので、ついついオペラグラスで覗いてた。
すごい、日本野鳥の会の気分だった(笑)

あ、一応注意書き。
このブログは壮麻さんファンが書いているので、必然的に壮麻さんに関する感想が大半になりますよ。
あとネタバレも考慮しませんよ。


なんかもう、荒尾様がどんどん可愛くなってるんだけど、どうしたらいいんだ。
ルンゲみたいなプリティーとかキュートではなく、チャーミング系。可愛げとか愛嬌とかそういう。
知るほど可愛く思えてくるタイプ。


花道でお客さんに何人もハイタッチしてる二枚目役者さん。
あと、前をいく女優さんのお尻も何度も触ってた(笑)
そして嫌がられてた(笑)
客席にお酒かけたりして、真ん中に座ってお酒飲んでたら、舞台監督さんに「なにやってるんです、始まりますよ」的なことを言われていた。
でも聞いてくれない。
そして座長さんが「なにやってんの」ってくるけど、それでもお客さんに手を振ったりしてる。
「だってお客さんが~」みたいなことをいいつつ。


最初に幕を開けるときの座長さんの「コメディトゥナイツッ!」が楽しそう。
複数形か。
「忠臣蔵は明日っ!」も。

川端老人の家に水軍が忍び込むとき、「きたきた」とあわあわしてみせる座長さん。

役者さんが出てきて「悲劇は明日!」ってみんなでするときに、にこって笑ってた荒尾様可愛かった。


楽屋に現れた二枚目役者さん、
まず客席に向けて手を振ったり親指を立てて見せたり。
サービス精神旺盛だなぁ、今日は(笑)
あと、腰掛けちゃうとほとんど見えなくなるんだけど、床にあぐらかいてるときはちょっとは顔が見えたので、ついつい白いのを追っかけてしまった。

澤野屋について「すてきだったー」という比呂に「どんなことしてた?」と聞く金吉。
こないだまでは「どんなふうに?」だったのに、具体的に訊いてきてる(笑)


澤野屋にて、高尾大夫が出てくるとき。
比呂「あんなに頭大きくなかった」
丁吉「成長したんじゃないですか?」
比呂「頭って成長するの!? あ、割れた!」

澤野屋「そりゃ高尾さんだけに、松尾山よりは高い」
富士山じゃなくなりました。

立ち去るときに、ハーモニカをちょっと吹いてから「アイルビーバック」


今日のお美津は全体的に知能指数低めな感じで作ってた。
あの、草履とばしちゃってあわあわしてるような、あのときの声で全体的に。
いつものだとそれなりに賢そうなんだよね。
なのに今日はだいたい常にふわふわしていて、とても可愛いけどそれはキャラ設定としてありなのだろうかというのが(笑)

「侍があっちから来るかもしれません」と言われて上手の方を見ながら足で床を蹴ってる比呂。
闘牛の牛みたいな。
丁吉が比呂たちにポーズつけさせるときに、比呂の手をくいっと曲げるときに「ララランド♪」
ちょっと受けてた。

そういえば、比呂とお美津のキスは、よく見ると唇にはしてないんですね。
唇の下にいく、いわゆるヅカキスってやつですね。
エリザとかSOMで壮麻さんもやってたわ。

比呂とお美津をいったん裏庭にやったあと、「よくも純真なお坊っちゃんと、海千山千の女をくっつけたな」の金吉、「天真爛漫な変な女とくっつけたな」(笑)
いやいいじゃないですか、天真爛漫なんだから(笑)

丁吉が私の妹だ、というので「そうそう、こんなちっちゃくて石けりと冷や奴が好きな…」
毎回思うんだけどここの元ネタってあるの?

丁吉に「彼女はあなたのもの」と言われてご満悦の比呂、金吉に「いつもありがと、ほんとに可愛い顔してる」「…やな笑いだ」


布袋屋への「では、どーぞー!」のお美津がとても無邪気だった。
確かに今日は天真爛漫に過ぎるくらいかもしれない。


女将の彫像が置いてあるのに気づいた丁吉が「なんでこんなとこに」って呟いてた。

川端老人と金吉がやりとりしてるのを、こっそり見ている丁吉。
でも金吉と「お前が相手しろ!」みたいなボディランゲージを繰り広げてるの、見てておもしろい。
陰陽師として出てくるの、今日は「りんぴょうとうしゃかいじん…」だった。


川端老人を、立ち上がって見送る荒尾様の中の人。
そのあと床に座って、布袋屋親子を眺めているようだった。
歌の後半で腰掛け、鎧を身につけるてた。


布袋屋親子。
「母上は?」に挙動不審になる布袋屋、「昔はよくこうやって遊んだな」と取りなすように。


侍に追い込まれた澤野屋、ついにのけぞりすぎてこけてた。
可哀想に。



登場のせりふは「俺は、足が長いっ!」と短め。
荒尾様登場はよく見えたんだけど、ちょうど私のいる列のあたりで立ち止まって真ん中の方を向いて「なにを見ている、頭が高い!」だったので、背中をひたすら眺めてました(笑)
あと、「お目にかかれて光栄です」言われてるあたりまで、家臣のみなさんが花道で待機してるので、家臣のみなさんの背中ばかり眺めてました(笑)
ちょっと、荒尾様見えないんですけど!みたいな(笑)

「その言葉、聞きあきたわ!」で家臣たちと一緒に手を打って笑ってる荒尾様、なんだか素敵。


丁吉の「花嫁を連れてくるのだ!」に待ちきれない様子で胸と腿を交互に叩く荒尾様。
どうやらこの仕草が定着してる模様。

「偉い方に会うので化粧に手間取って」といわれて「その気持ちはわかる」のときに、「あっあー」(英語っぽいの想像してくれた方がいいかと)みたいに声だして唇の左の方を吊り上げてて。
そんな顔したそーまさんめったに見れないよ!
なんだそのニヤリ顔!!!
大好き!

「どうだ、我が花嫁は」の声がとても低くて素敵です。
声だけでもう嬉しそうなんだもん。

「俺から逃げるなんて、信じらんなーい」で顎さすさすしてるときに、ちょうど目線があってすごい睨まれてる感じになった(笑)
きゃーこわーい(笑)
でもすてきー!(笑)

丁吉「これは悪い冗談です」
荒尾「どういうことだ」
丁吉「全額払い戻させます」
澤野屋「Oh my god!」
のやりとりなのかなんなのか、ここ楽しい。
弁解しようとする丁吉睨みながら指をぐりぐり動かす荒尾様怖い(笑)

「あっちがほんとの澤野屋です、見ればわかるでしょ!」って騒ぐ丁吉の胸ぐらを逆手で掴んだあとその肩に手をおいて丁吉の顔じっと睨んでたら、丁吉が両手で荒尾様の頬に手をかけて「あっち見てください」って澤野屋の方を向かせてた(笑)

「言い訳や泣き言は許さんぞ」「では、その願いとは」言い方変えてきた!
なんか、もっともったいぶったというか、歌舞伎的な言い方になってきた!
その後もそーまさんが何ヵ所か台詞の言い方を歌舞伎風にしてきたので、「あれ、いま私歌舞伎みてる…?」って気持ちになった(笑)
なんだろう、そーまさんが歌舞伎やってる…(笑)
大袈裟な台詞回しがとてもとても似合っていて本当に楽しい!

「休憩させて♪」に「はぁ??? ちょ…おい!!!!」ってなってる荒尾様がとても好きです。


「胸もこんなにふくよかなのに」「…はっ!」のすっごい嬉しそうな口元がおかしくておかしくて。
花嫁のことが楽しみでしょうがなかったんですね、わかります。
きっと、越後からの道中も

「あの娘の行き先がわかりますから、そこへ行かれてから」
「うん! …違う!!」
一瞬素直に頷いちゃう荒尾様が可愛い。
なんなのあれ天使なの?

布袋屋に入るとき。
「おっと…はっはー! わしは、レディーファーストじゃ!」
めっさかっこいい。
入ってく女たちに向けて「楽しみだな。ゴージャスだな(カピタンちゃん)。おお、怖いなぁ♪(アフリカンカンちゃん)」って、女たち一人一人に可能な限り応える荒尾様。
さすがモテるわけだよ。
しかも余裕のある受け答えだよ。
なんだこのリア充。

布袋屋に入るときの「わかっているな」が脅すような歌舞伎風の言い方。
昨日は違ったのにどうしたのいったい!(笑)
どうしよう、すごく楽しい。


布袋屋の主人が金吉に薬持ってこいっていうとこ。
「はっきりいってすごい精力剤。ちゅーしたくなるやつ」
それ実際飲んだ丁吉のあれですよね(笑)
あと、笑いながら窓閉めていくのが今日も長くて(笑)
金吉、「早く閉めろよ」とは言わなかったけど。


お高の「近親憎悪」の最後の「好きよ」でちゅってエアちゅしてた。

声だけの荒尾様の「どうして褒めるものしかいなぁい♪」がとてもとても嬉しそう。
褒めるなと言いながらそんなに嬉しそうな声で言われたらもっと褒めたくなるじゃないですか!
可愛いよ!!!
荒尾様可愛いよ!!!

「ここには甘酒しかないのか!」とドタドタ出てきながら、金吉の盛ってる湯呑みあたりを指さしてたけど、別に湯呑みを指さしたわけじゃない…のかな?

お高に怯えて逃げ込むとき、「わしにかまうな!」って行きながら、たぶん段差に足引っかけてた(笑)
「ああああああー!」みたいな叫びがとても情けなくて素敵。
もっかいでてきたとき、柱磨いてる丁吉にもちょっと驚いて、お高に「うわあああああああ!!!」って逃げてくの可愛いよ。


角度のせいか、お美津が屋根裏にあがってくのがちょこっと見えた。


葬儀屋の権八が死んだと聞いて「ごんぱちー!!!!」と嘆く金吉。
金吉「ウェイト! 待て!」
丁吉「あ、待て? わかんないよ」
どうやら丁吉は英語にはさほど堪能ではない、ということでよろしいか。


2階から落ちそうになった荒尾様。
「怖い!!」のあと、いつもはすぐに「何て危ないんだー」って取り繕うけど、今日はちょっと間があった。
たぶん、「怖い!」っていうほうがこの人の本質なんだろうな。
でもそういうの堪えて、誰よりも強くたくましく男らしく生きなきゃって頑張ってるんだろうな。


布袋屋から聞こえる声の「何度いったらわかる」が「何度いったらわかるぅ♪」 って感じてなんかでれでれしてる(笑)
これあれだ、チョッパーだ。
「褒めても嬉しくねーぞ!」っていいながらすんごい嬉しそうにしてるあのトナカイだ(笑)
道理で可愛いわけだ。



「最後まで言わせろぉ!」がやっぱりにやっとしてる荒尾様。
あと、「悲しみが胸を突き刺す! だから支えろっ!」の感じがすごい好き。

花嫁の遺体の横で身を屈めて嘆いて、金吉に頭撫で撫でされてるときに、なんかすごい幸せそうな顔をしていた。
すごいうっとりと目を閉じていた。
下手から見るの初めてだからそんな表情してるとは思わなかった。

丁吉に「さぞかし無念でしょう」とか言われて泣き顔になるのたまらんです。
荒尾様素直だよ、いい子だよ。

「思い出を胸に」で左胸がしってするの好き。
てゆか壮麻さんが胸に手を当ててるだけでもう十分かっこよすぎるくらいかっこいいのに、心臓を掴むように胸の鎧を掴んでるんですよ。
ほんと大好き。

歌のあと拍手を煽ってから止めさせる荒尾様。
初めてだったよ!
葬式の歌で拍手をさんざん煽ったくせに、止めたあと「拍手はいらなーい! 俺を、褒めるなぁーヾ(@゜▽゜@)ノ」
なんだこれ可愛い。
ああもう今日の荒尾様の、拍手煽りにいろいろ持ってかれたよ!
大好き!!!!!
壮麻さんの定番でさ、拍手を煽って止めて「わぁ素敵、練習したみたい」って言うのまでがワンセットだけど、荒尾様は「俺を褒めるな!」なんですね。


丁吉にほっぺちゅさされた荒尾様が、初めて頬拭ってた(笑)
ああ、一応嫌なんですね。
そうか、もしかして濡れましたか?
いやそこまではないですよね。
…かっきー坊ちゃんとのお酒口移しとは違いますもんね(笑)

キスしようとしたときに顔を覆ってる布がずれたのか、「目の錯覚です!」と誤魔化す丁吉。
「俺は今日越後から戻った」のあたりで我慢できなくてで笑っちゃう荒尾様。
笑っちゃったそーまさん、なんとか堪えて、でも声が笑ってて、すごい頑張ってたけど、後ろ向いたときに「おほほー」みたいな笑い声出ちゃってた(笑)
花京院か。


布袋屋に「うちの店の前」いわれて今日も「店っ!?」だった。
前の「みs…」ってのも好きだったんだけどなぁ。
荒尾様が女郎屋云々言ってると、いつのまにか割って入って「昔は女郎屋なんてなかった」とくだくだ言ってる川端老人。
追いやるときの荒尾様の手つきは比較的優しい方なんだけど、上手のかなりの方までたたらを踏んで行っちゃう。

荒尾様の「もう休憩はなしだぞ」に家臣4人もうんうんと頷く。
仲いいのね(笑)
あと、こんときの目をかっぴろげた荒尾様すごい好き。

「英雄に渡してくれい!」で当然自分だと思ってるから、丁吉が「私だ私!」っていうと「えええ?」って感じで眉を寄せて丁吉を見上げる荒尾様。
いやまぁ確かに荒尾様は英雄ですけど!(笑)
英雄=自分を疑わないとこ好き。

「キスさせてー!」の丁吉に騒いでたら、布袋屋が荒尾様に「あんた行けよ!」みたいに指差してたけど、あれ荒尾様とチューしろよって意味なのか、あんたが止めろよって意味なのかどっちなんだろう(笑)

ガチョウのお守りのこと聞いて「ももももももしや!?」ってどもってた荒尾様。
言葉も発せなくなるくらい思いがけなかったのね。
お守りはすぐに出てきた。
いつか家族に会うんだと肌身はなさず持ってるんだねぇ。

最後に比呂が両親に「僕たちを結婚させてください」と言うとこ、最初事態を理解してなくて比呂と布袋屋夫婦を何度も交互に見てから了解して比呂を応援して見守る荒尾様いい人。


カテコでシナつくるルーさんに爆笑したあと、ルーさんが隣に来たら真似して体をくねらす壮麻さん。
可愛い。


コメディトゥナイトを一緒に見た友人の幕間第一声。
友「大きい柄の着物ってことは豪華禁止令の前?」
私「…いや、鎖国を破って、と幕府云々があるからペリー来航後新政府樹立前」
友「そうか…どこで戦ってきたんだろうね…」
私「幕府が勝った戦闘ないよね…」
友「江戸初期ならわかるけど」


いま、気づかなくていいことに気づいてしまった。
お高の母親が104歳で、お高が「18年間ほっとかれた」ってことは比呂はだいたい20歳。お高の母親が84歳か85歳の時の孫。
……ちょうど半分としても、二人とも当時としてはかなりの高齢出産じゃないんだろうか? 
間にもう一世代入ってない?
もしくは、ああ見えて比呂は実は30歳くらいなんだろうか。
それはそれでちょっと可哀想すぎるんですけど。
やっぱり間にもう一人いてほしいところ。
それだと出産年齢的にはちょうどいい…しかし今度は旦那との年齢差が…(笑)

スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター