義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》

◇時間:
11:30

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト



お席は3階上手。
私だいたいここにいる気がしてきた(笑)
今回は見切れもなくとてもよく見えました

荒尾様ますます可愛くなってるんですけど、もうこの路線なんだろうか(笑)
ほんと可愛いんですけどどうしたの。
あれおかしい、荒尾様なんであんなかわいい子になってきてるの…?
荒尾様という、超絶完璧マッチョイケメンという役なのに可愛くなってきている壮麻さんってなんなん…いみわからん。



酔っぱらいさん、花道でお客数人とハイタッチして、女優さんのお尻触ろうとして怒られてた(笑)
そして中央で客席にだばーってお酒かけた後、ほとんど寝ころんでお酒煽って。
舞台監督さんが「もう始まりますから早く」って呼びに来ても「いいから」って言って追い払って、座長さんに引っ張られてようやく立ち上がるけど、幕が閉まる直前客席に手を振るw
とてもとても楽しそうw


「生演奏!」って言ってる座長さん楽しそう(笑)
「忠臣蔵は明日だ!!」

2回目の「♪幕をあけろぉ!」の弾んだ感じ好き。

川端老人のとこから双子を奪っていく水軍たち。
家の中覗き込んだ後「わぁ!」って嬉しそうに顔を客席に向けてから双子を奪ってた。

布袋屋の建物が出てくる直前、左右に割れる奥の幕が不思議な揺れ方をしてたんだけど、あれは演出なのかな。


役者として出てきたときの荒尾様、なんか「がおー!」みたいに怖い顔を作ったりしてるんだけど、でも随所で笑顔で可愛い。
「侍と!」「老人!」とかやってるときに、自分が歌わなくてもなんかいちいち違うポーズつけたりしてた。
ちょっとあの人どんだけポーズ盛ってるんですか(笑)
「いいことも」で隣の人と顔を合わせるときには親指立てて、「悪いことも」で逆を向くときは顎のあたりに手を当ててキメポーズ。
かっこいいよ、うん、知ってる!(笑)



金吉が女将に用意した薬は更年期障害の薬と若返りの薬でした(笑)


最初に楽屋に現れた荒尾様の二枚目役者さんがすごいアクティブなんですけど。
全身ストレッチしてるんですけど。
あと、足をあげて筋伸ばしたり。
てゆか柔らかいですね股関節。
だろうなとは思ってたけど。
前屈も深いし。
化粧が床にあぐらかいて。
その前にお茶飲んでたときは腰かけてたのに。
荒尾様ほんとアクティブ。


比呂が恋の目覚めで歌うときに4回転ぐらいしてた。
あと、「許してください、取り乱して」でぺこりって頭下げるの可愛い。
歌い終わった後ちょっと息が乱れていた。
お疲れ様です。

丁吉には強い比呂。
「お返ししなさい!」の「んー!!!」って顔が(笑)


澤野屋の女たちのショー、カピタンちゃんのときに澤野屋がハーモニカ拭いてるけど、曲が終わっても吹き続けてた(笑)
澤野屋「でかい女が好きで結婚したんじゃないの?」
丁吉「まぁそれもあるけど…って何言わせるの、中身だよ中身!」

高尾大夫が出てくるとき、比呂が「あんな頭大きくなかったよね、頭って成長するの? …割れた!」って言ってた(笑)
澤野屋「高尾さんだけに富士さんより高い」だそうで。

店の2階にお美津が現れるとき、ちょっと建物が揺れた。

お美津を布袋屋に預けるというので澤野屋「お侍が来るまであの娘生きてるといいが…」それフラグって言うんだと思います!(笑)

お美津と会うというのでちょいちょい身だしなみ整えてる比呂面白かった。

一旦どっか行く澤野屋「アディオス!」
カバディ的な動きをして去っていく。
丁吉「さすが、江戸一番の女郎屋の主!」


見張っていてね、と丁吉が二人にポーズ取らせるときに、比呂もお美津にも手をきゅっとさせてた。

草履を飛ばしちゃうお美津、草履への駆け寄り方がてこてこって感じで可愛かった。

金吉に邪魔されて、丁吉と金吉が言い合ってる間にお美津を自分の後ろにかばう比呂、ちょっとかっこいい。

丁吉「あの子私の妹なんだ」
金吉「あああの、ここにびたぁって、目にあたって、お岩さんみたいになった」



川端老人の時に楽屋のとこから身を乗り出して見てる荒尾様の二枚目役者さん。
金吉が「そっちじゃないです」ってするとき。
前においてある長櫃に手をついて見下ろしてたよ!
川端老人の花道も立ち上がってすごく楽しそうに拍手。
とてもいい人。
てゆか壮麻さん、楽しんでらっしゃる(笑)
そのあと布袋屋さんが台詞間違って笑いで一時中断したときに、壮麻さんすごい笑い転げてた。
あの声は壮麻さんだと思う。
楽しそうで何よりです。
ちなみに間違ったのは「タワシと亀の子を…そりゃ同じか」でした。

船旅中、舞台監督さんが三味線弾くときに頭の布が落ちたのはわざと?

「2回足す1回」がわからなくて、2と2を足そうとしてるお美津に、教えてあげる丁吉。
「まじかよ」ってなってた(笑)
丁吉「2回に1回、すなわち3回です」
お美津「すなわちって何ですか!」
まじかよ(笑)

金吉の頬に手を当てて「可愛いなおまえ」と言って帰ってく余裕たっぷりな比呂さん(笑)

「あなたにお仕えいたします」って言った後、「2と1」の手で帰っていくお美津可愛かった。
足し算できたのほんとに嬉しいのね(笑)

金吉の「私は情緒不安定」で「あわてないで、落ち着いて、一生懸命、がんばって」あれ、なんか歌詞違う(笑)


「右、左、澤野屋はどこだ!」で立ち止まった荒尾様に、ぶつからないように後ずさる家臣たちに気づいて「こいっ!」ってする荒尾様、今日はちょっと優しい。

「その言葉、聞き飽きたわ!」で笑うときに家臣たちに親指立てたり拍手させたりする荒尾様。
なんか、…前より家臣たちとフレンドリーな(笑)
もちろん怖いとこもあるんだけど、家臣たちにとってついていきたい兄貴みたいな、リーダーみたいな。
ちゃんと慕われてるんだろうな。
荒尾様に「俺についてこい!」って言われたらついていきそうだ(笑)

高尾太夫にすごい顔近いのでチューするかと思ったけど丁吉に阻まれた(笑)
荒尾様のキスを邪魔する男、丁吉。

「さらば女たち」の低さがかっこいい。


花嫁がなかなかでてこなくて家臣たちをどつく荒尾様、最初の二人は膝(腿?)で押して、あとの二人は頭叩いてた(笑)
押してるとこがなんかこう…互いの呼吸みてる感あってなんか好き。
そして客に向けて、拳をちらつかせる。
あの、中指立てる仕草の拳版みたいな。


「俺は、生きる伝説だからな!」で胸と腿を交互に叩く荒尾様。
喜びの表現、これで定着するのかしら。
それとも今後変わるのかしら。


「俺から逃げるなんて、信じらんない!」が、いままでは自己陶酔が強い気がしたんだけど、今日は結構怒り狂ってらっしゃった。
でも怒っててもかっこいいよ荒尾様…!

「これは悪い冗談です」言われて指をグリグリさせる荒尾様。
戦闘準備って感じで怖い、大好き。

丁吉「澤野屋に払い戻させます!」
澤野屋「えっ!?」
丁吉「わたし澤野屋の友達で」
荒尾様「うん?」
丁吉「こんなこといってもおわかりになりませんよね」
ちょいちょい感嘆符が増えてる皆様。


丁吉の胸ぐらを裏手で掴んだあと、その肩に手を置く荒尾様。
いい感じに怖い。

「ならば教えてやる」の低さ好き。
超好き。

「休憩させて♪」に「はぁ!?」ってしてるくせに、幕がしまる瞬間客席指差してた腕で手を振る荒尾様素敵すぎる(笑)
今日すごい「はぁ?」って聞こえた。


「俺はレディーファーストじゃ!」の前に胸と腿叩く荒尾様。
「ゴージャスだのう、怖いのうw」
なんでそう時代劇口調(笑)


布袋屋の中から聞こえる荒尾様の声が、今日「どうして俺を褒めるものしかいなーいw」がすんごい嬉しそうな声でなにあれ可愛いんですけど。


「お前もか!」って後ずさるというか、飛びすさるというか(笑)
「わしにかまうな!」って逃げ帰るのすごい好き。

もっかい出てきたときに、「わかったわかった!」って言って逃げてた。

そういやこのシーンでは脇差しだけ腰に差してる荒尾様が結構ツボ。
ああ、お腰のものを預からせてるのね…


金吉と丁吉。
「もう聞かない!」の場所が花道手前で「なんでこんなとこいるんだ」とセルフつっこみ。
権八が死んだと聞いて「ごんぱちー!! いいやつだったのにー! ごんぱちー!!!(泣)」

金吉を澤野屋にひっぱってく丁吉。
「夢叶えてやる。いいから、恥ずかしがるな」


窓の手すりが外れるとこ、壮麻さんはいつも屋根の鯱のあたりまで身を乗り出してくるので、落ちないか心配になるレベル。
きっと大丈夫なんだろうけど、ハラハラ度が高い。


「俺を褒めるな! 何度いったらわかるぅw」
これ絶対録音じゃない、もうほんと嬉しそうに、明らかに初日と違うし、これも毎回違う(笑)
ほんと嬉しそう。
声だけなのに可愛い。


丁吉の「だってお前、可愛いもん!」で、顔の下に両拳持ってくるのってなんですか、可愛いポーズですか。
しかも頬膨らませてませんか。
なんかこう、女性誌とかに載ってるモテテク的なあれじゃないですか(笑)

金吉が「シミだらけだよ!」で耳の下のほくろが云々、「二つともあげるよ!」いや無理だから(笑)


花嫁が死んだと、侍が報告に行くと「なんだと!(ばちん)」「いたい!」が痛そうな音。

「だまれ! 最後まで言わせろ!」で、「言わせろ(*^▽^*)」のときににかっと笑う。
嬉しそう(笑)
目の奥が底光りしてそうな、爛々とした目でにかって笑うのとても楽しい。
荒尾様の、人の言葉聞いてないっぷり好き。

「そして盛大に…あ、盛大に…!」
壮麻さんが歌舞伎やってるよおおおおおおおお!!!!
これもう「鈴木屋!」とか「芥川屋!」とか声かけた方がいいのかなぁ!!!!(すんな)

2回目の「ああ、ああ、悲しみが胸を突き刺す…! だから支えろ!!!」
「だから」って(笑)

「ああ、俺のすごさを(´・▽・`)! はっはー! 知らずに逝くとは!」
なぜそこで嬉しそうな顔をする、荒尾様(笑)
腰の動きもなんかやらしい。

「待ってる間なにか食事でも」と丁吉に言われて「お前には…くぅぅ…人の情けはないのか!」って詰め寄るときに、弾みでか、丁吉と手を繋ぐ形になってた。
しかも指を絡めてるやつ。
荒尾様のパーソナルスペース狭い。

「北も南も、東も」で指さした後顎の下に手を当てるキリッとした決め顔やばいめっちゃかっこいいんだけど、そのシチュエーションに笑う。
そこいちいちキメ顔されるといちいちときめくからさぁ!!!!!
「そうあそこも」でやっぱり上の階に向けて手を振る荒尾様。
嬉しい。

丁吉に「彼女の無念を晴らすためにも」って言われてるときに泣いちゃう荒尾様の純真さ好き。

「なぜだ。わしは、ほらみろ、戦場でたくさんの…」
やはり「ほら見ろ」でしたわ。

「中止だー!!!!」の声の高さすごい好き。


ちゅーする前に「Oh…my daring…」
丁吉にほぺちゅされて一瞬嬉しそうに( *・∇・*) って顔するのたまらん(笑)
丁吉の手にちゅってしちゃうの、今日は音が派手だった(笑)
たぶん一番大きかったんじゃないかしら、今まで聞いた中で。


金吉の2回目の「脱がなきゃー」で足、ってか足の付け根あたりまで露わにしてるんですがいいんですか、まぁ問題ないですね(笑)

荒尾様とお高の「俺のヴァージン!」「お侍様、私はヴァージンじゃございません」「み、見ればわかる!」のとこ。
逃げていきながら「助けてー!!!」って(笑)

川端爺さんに「水軍!」って杖で攻撃されてものけぞらなくなった荒尾様。
「なんだこいつ?」って無害な小動物を見下ろすような目で、身じろぎせず。
カツラがとれた金吉に「お前はどこのオネエだ」で刀に左手だけかけて。
今すぐ抜く感じではないかな。
その一段階前。

布袋屋の主に自分の店の前から消えろと言われて「店のmっ…」って言いかけてから「お前は女郎屋の主か!?」ってなる荒尾様好き。

私がすべて悪い、と名乗り出た丁吉に「ほっほー…」って低く笑う荒尾様の、怒りでにやりとゆがんだ顔すごい好きなんすよ!
残忍な顔してる。

「英雄に渡してくれ」言われて完全に自分が受け取る気でいる荒尾様(笑)
丁吉が薬で苦しんでるのを見てるときは、1回目は「こんな苦しい門なのか!?」って金吉見たりしてて、2回目は同情してる風でもあるんだけど、3回目になると慣れてきてちょっと不信げに見てる(笑)
静かになった丁吉に、手下さんの肩にぽんと手をおいて「行け」ってするんだけど、「どうぞ」ってされて、周り見回して「俺?」って指さしてから「じゃ、いくわ」みたいに軽く手を挙げて。

「誰でもいいからキスして!」ってなってる丁吉に、布袋屋が「あんた行け!」って荒尾様指さしてて、なんだかんだでそういう役割は荒尾様なのね、と(笑)


あっちを向いてるお美津の肩に手をおいて振り返らせ、そのまま手を滑らせてお美津の手をとる。
その手を自分の頬に当てさせ、さらに手を滑らせて自分の胸に手を当てさせる。
これあれですよ、去年のファントムでやった触らせるエロスですよ!!!!
エロスは控えめながらエロい。
特に頬触らせるとこ。
お美津に頬から胸にかけて触らせる荒尾様ほんとエロいんだけど、同時に、そういやお美津も比呂に自分の胸触らせてたしやっぱ似てるんだろうなこの二人、って思った。
というわけで、特に荒尾様がお美津に自分の胸触らせてると私が二重の意味で嬉しい。
やっぱ双子なんだねぇこの二人。


スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター