義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》


◇時間:
11:30

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト





あれ、荒尾様、一昨日から比べてもだいぶアドリブ増えてる…どうしたの今日。
一昨日は先週とほぼ同じだと思ったのに←
お席は2階上手のすごい見切れる席だけど、まぁ楽しいですよ!
荒尾様がとても楽しいですよ!
あちこち見えないけど!(笑)
いやほんと、身を乗り出さないと舞台のほとんどすべて見えないからね。
背中を背もたれにつけない観劇は久しぶりだ。
どのくらいなら乗り出していいのか探りつつ見てる。
てゆか壮麻さ…愛之助さんとちゅーした…(笑)


最初の酔っぱらいさん、花道の最初のあたりで女性のお尻触ったり、お客さんと握手したり。
中央にいってからは客席にお酒だばだばかける真似。
そして中央に寝転がって、楽しそうにお酒をあおるし、足を上げようとするし、座長に言われるまで好きなことしてる(笑)
あの酔っぱらいさんあと5分でいいから見てたいなぁ。
一瞬過ぎて色々もっと見たいのに。


2回目の忠臣蔵で「忠臣蔵は明日!」と座長さん。

役者としてでてきてるとこ、「O」の口で怖そうな、でもコミカルな表情作ってる荒尾様w
だけど歌ってるときはとてもにこにこ。
あ、そうそう、「ちょっぴり淫らで」の手つきが好き、エロい(笑)
壮麻さんは指先のエロスがすごい。



金吉が用意した薬、今日も「若作りの薬」でした。


上で着替えたりしてるときの荒尾様の二枚目役者さん、最初脱いでるときは、化粧したあと床にあぐらかいてた。
後ろに手をついてみたり、お茶を飲んだり、なんだかリラックスしてた。
あと、腕をぷらぷらさせたり腕や足の筋を伸ばしたりとストレッチしてた。


お金の音を聞きつけた澤野屋、「わお、ラブリーなサウンドが俺を呼んでるざます」(笑)
あと、丁吉たちに女たちを見せるときに「テキーラ、カセーラ、キヨミズデーラ!」みたいなこと言ってた。

お美津の身請け額を言うのがやたら溜めてる(笑)

そして比呂の泣きっぷりがとてもとても情けなくていい感じ。

お美津を預けていったんどっか行く澤野屋「アイルビーバック」
丁吉「かっこいー! さすが女郎屋の主だ!」

「すなわち3回ですか! すなわち3回ですね!」って言ってるお美津が可愛い。

川端老人に陰陽師と名乗るときに、いつも持ってくる布を忘れたのか、布袋屋で受け取ってから。
登場の時の「なむあみだぶつ、りんぴょうとうしゃ…」って、後半はいいとして、前半はお題目だよねぇ(笑)

「お江戸の結界が切れたのは云々」のとこ、前は高い声だったのに今日は低い声で。
変えてきたんですね。


この辺で上の楽屋にでてきた荒尾様。
今度は椅子(床机?)に座ってた。
川端老人を見送るときは立ち上がって、布袋屋親子の歌のときは足を膝にのせて。
立ち上がってお見送りしてる二枚目役者さん、いい人。
比呂に向けて両手の親指立てた後、さらに拳を握って見せる。
あと、拍手が誰よりも早い。


眠り薬を作る丁吉と澤野屋。
澤野屋「まて!」
丁吉「なんだよ!」
澤野屋「…なんだっけ? あ、お前が侍と話しをしろ!」
一瞬忘れたのかしら(笑)


花道歩いてきて「右、左、澤野屋はどこだ、右、左」ってしてるときに、いつもは急に立ち止まるから侍たちが荒尾様にぶつかるんだけど、今日はぶつからないで代わりに後ずさってたので「なに戻ってんだ」と怒る(笑)

高尾太夫への顎くいのあと、すんごい顔近いんですけど荒尾様。
そのままキスしちゃいそうだったんですけど!
もういっそしちゃえよ!
高尾太夫さえよければ!(笑)

「あそこもすごいぞ」であんまり腰揺すってなかった。
今日の荒尾様は全体的に下ネタ控えめ?
そういや、壮麻さんは「あそこもすごいぞ」ですけど、上山さんは「あそこも太いぞ」なんですよね。
なぜ違うのか、違えたのか気になるところ。

「どんな女もイチコロだぜー! へいへいへいー!」
とても楽しげな荒尾様でした(笑)

女たちが荒尾様にキャーキャー言ってるときにピンクのハンカチ振ってるじゃない。
あれって壮麻さんが前の事務所で前の名前のときに作ったサインの刺繍入りタオルハンカチ…ではないね(笑)
ピンクなのはももちゃんだからなのかと思ったけど、たぶん上山さんのときもピンクなんだろうな。


「その気持ちはわかる。俺は、生きる伝説だからな!」で胸、腹(腰)、太腿と両手で叩いてから腕を上げてポーズ。
その真似してる侍に「笑いすぎだ。なんだこれは」。
さっきあなたがしてたことじゃないですか(笑)

花嫁出てくるの待ってる間の家臣への横暴は最後頭叩いたのしか見えなかった、残念(見切れ席)


「娘がそんな早く遠くへ行けるはずがない」と言われて家臣の侍を突き飛ばしてる荒尾様。
ちょっとだけ進路を遮ってたからかな。


「これは悪い冗談です」っていう丁吉に目を剥いて、刀に手をかける荒尾様が抜刀五秒前で素敵!
澤野屋が丁吉を澤野屋の主だといったあと、同意する金吉に「もうその話はいいんだよ!」と丁吉。
澤野屋側向いてる丁吉の顎をくいっとして自分を向かせる荒尾様。
シチュエーションが違えば胸キュンなのに(笑)


しおりの「主よ…」のあと、指を一度ぐりんと動かしてからの「さて、どうされたい」
いい感じに怖い。


「その、願いとは」って真剣に睨み付けてる荒尾様まじかっこいい。
かっこいい以外ない。
やばい…まじ惚れる。
「休憩させて??」「35分休憩いただきまーす」に、「はぁ? …は?」って2段階で口ポカンしてて、左手で丁吉を、右手で客席指差してた。


今日の荒尾様は胸と太腿叩くのがブームだったようでした。


「胸だってこんなにふくよかなのに!」「はっ!」の荒尾様がすごい嬉しそうな顔してた(笑)
居間まで見た中で一番嬉そうかも(笑)
ああ、巨乳派なんですね。

「娘の行き先にいくつか心当たりがあります。そこに行かれてから」
「そうか!( ・∇・) なにいってんだ、お前がいくんだっ!(*`Д´)ノ!!!」
一瞬嬉しそうな顔するの、今日はっきりと笑顔を見せていた。
よいわ(≧∇≦)

「お入りください」いわれて、両方の腕まくりして腕叩いてから「おっと、…わしは、レディーファースト(歌舞伎の見栄風)じゃ!」
袖ないのにとか歌舞伎かよとかとにかく突っ込みどころたくさん(笑)
あの見栄練習したのかなぁ。
さらっとそれらしいことができちゃってるんだけど研究したのかしら。
「俺は、レディーファーストじゃ」で女たちが入っていくとき、「素敵だな」とか言ってて、アフリカンカンちゃんにガオされてやっぱり「ぉぉ、怖いな(*^_^*)」楽しそうで何よりです。
あと、「しっかり見張れ!」ってマント翻していくのがすんごいかっこいいんですが!!!


「どーして褒めるものしかいなーい!」っていう荒尾様の声のなんと嬉しそうなことか。
壮麻さんの荒尾様は「俺を褒めるな!」といいながら褒められて嬉しそうなとこが可愛い。


「二百人相手した」ときいてわなわなしてる荒尾様素敵。
女将におもてなしすると言われて寒気を催していた(笑)


女将が戻ってきたとおたおたする丁吉と金吉、金吉の嘆きに「止めてよ」「気は済んだ?」
最初から止める気ない(笑)
あと、金吉の「聞かない」が花道の入り口で、そのあとの立ち位置が変わっちゃって、葬儀屋が死んだと嘆いてるときにいつもは上手に行く丁吉が下手に。
出ハケ間違う丁吉に「間違ったの? やめてよ、ドキドキする」
それに反撃するように、下手行く金吉に「お前もあっち(下手側)が好きだな」と丁吉。


荒尾様の「怖い!」が、いままで聞いたことないような声だったんですけど、壮麻さんその声どっから出したんですか。
なんかものすごく可愛かったんだけどアニメ声みたいな声じゃなかった?


娘が死んだというので侍が呼びに行くと、「なんだと!?」(ぱしん!)
ここまで殴る音がはっきり聞こえたのは初めてかもしれない。
頬押さえて出てくる侍さん可哀想。

「俺のすごさを知らずに行くとは」のところを、その前と同じ「ああ、なぜ娘は死んだのだ…!」って嘆いていた。
うむ、やはり今日の荒尾様は下ネタ(っぽいのも含めて)控えめだ…


「葬儀を執り行う!」
「はいはいわかりましたー」←なげやり
丁吉の諦めがよくなった気がする。

「この悲劇をともに嘆こう」で客席に向けて開いた腕で指先くいくいしてなにかを誘う荒尾様。
いやさすがにそこで拍手はしませんよ?

葬儀のときの、「東も」でのキメ顔とか「あそこも」のいい笑顔で手を振るのとか、前よりさらに顕著に。
ただもしかしたら、あれ、役者さんとしてやってるのかもな、という気がちょっとした。
荒尾様がそうしてるのか、あの二枚目役者さんがやってるのか。

丁吉に「私が遺体と一緒に焼いときますから証文ください」って言われてるときに、本気で嘆き悲しんでる荒尾様がすごい好き。

「ああー、ああーあー」の荒尾様、あれもしかして片手はマイク持ってるのか?
ロックスター?

「心優しい荒尾様にはそんなむごいことができるはずがありません」
「なぜだ、わしは戦場で、ほらみろ、たくさんの死体を見てきた」
ほら見ろってどこを。ここはワーテルローですか(笑)

荒尾様の一人称「わし」は、威厳を出そうとするとでるのかな。

「悲しみが胸を突き刺す!」で2回とも胸に手を当てるときバシッと音がしてたけど、葬儀のときの「思い出を胸に」でもバシッと音をさせてた。
あの鎧の素材なんだろう、柔らかそうではあるけど。

今日の荒尾様の歌きいて、フランケンでやれなかったぶん歌唱力で殴りにきてるな…って思った。
イゴールは可愛いの暴力だったけど荒尾様は歌唱力の暴力だ。
なんかもう、すさまじい。

拍手されて「俺を褒めるな」がはっきり嬉しそうな荒尾様。


「最後の接吻を」
「もちろんです!」
で丁吉がほっぺちゅしようとしたらちょうどそのタイミングで丁吉の方を向いた荒尾様。
すごいショックな丁吉と、さほどでもないっぽい荒尾様。
さすが慣れてらっしゃるだけある…(笑)
いやだから、なんでフランケンに引き続き男性とちゅーしてんですか。
今後愛之助さんが用心するようになったらどうしよう(笑)
ちゅー事件のせいでふたりとも笑いすぎて進めるのに一苦労(笑)
ちゅーしたときはしれっとしてたのに、愛之助さんの反応に笑っちゃったのかな、壮麻さんは。

事故ちゅーしちゃったときに、ロックオブエイジズで壮麻さんとmisonoちゃんがしちゃったの思い出した。
壮麻さんが息子の彼女の髪にキスしようとしたら同じタイミングで振り返っちゃって。
その回以降そのシーンは互いに顔を見合わせてエアチュを投げるになりましたが。

伝染病だという丁吉に、「そんなものはない!」と詰め寄ったら、丁吉が笑っちゃって、
荒「俺は…どうした(笑)」
丁「いえ…(笑)」
荒「俺は今日越後から来た。そんなものはない!(笑)」
丁「(笑)じゃあなぜ笑ってるんです」
動揺しまくりのお二人(笑)


そういえば、動揺しすぎたのか、澤野屋の「女たちが逃げたんだ、捕まえてこい」があったのかなかったのかよく覚えてない…なかった?
てゆかカピタンちゃんとアフリカンカンちゃん連れてくとこもあったっけ?
よく覚えてない…


丁吉を追う荒尾様、「あいつを殺せー!!」→(花嫁と思ったら布袋屋女将事件)→「ぶっころーす!!!!」なのがとても物騒で(笑)
まぁ、うん、あれを間に挟んだらそれも仕方ないよね…(笑)


川端老人に「水軍め!」って攻撃されてるときの反撃しなさとか、川端老人を追いやるとこの手つきの優しさとかから、女子供と老人には優しい荒尾様の性質が垣間見える。


丁吉が薬のんで苦しんでるとき、痛ましげに見てるんだけど、荒尾様いい人だな…そろそろ丁吉のことも憎めない気がちょっとはしてきてるのかもしれない。
なんだかんだで悩まされたが、最後にあんな苦しむのは可哀想だと思う程度には。

精力剤飲んじゃって「誰でもいいからキスせてー」ってなってる丁吉に、さっき荒尾様としたじゃん、と思っちゃった(笑)



壮麻さん、しばしば女性役やりたいと言ってるんだしそろそろやりませんか。イギリスでサー・イアン・マッケランがやった、アラジンの母親役みたいなの。
七回くらい衣装替えて、中には超ミニもあったとか(笑)
それを70近い年でやったんだからすごいわ、あの方。


なんとなくだけど、荒尾様とヴィクターに重なるものを感じる。ヴィクターは母を、荒尾様は家族を、共に失った大切なものをもう一度取り戻そうとあがいて常人離れしたことを成し遂げている。
ただヴィクターにはルンゲがいてエレンもジュリアも待ってるけど、たぶん荒尾様には誰もいなかったんだろう。
あ、いやでも荒尾様にも彼を慕いすぎておかしなことになってる人がいた(笑)
執事じゃなくて侍だからあんなことになってるのか(笑)
え、じゃあもしかしてあの侍さん、荒尾様が小さいときからついてたとかだったりする?
ちょっと待って、なんか新しい可能性が広がりかけてる。
まって、荒尾家に引き取られた荒尾様がほんとに坊っちゃん的境遇だった可能性が…?
ジュリアいないから自分から求めに行っちゃったけど。
坊っちゃんが知力だけを頼りにで世間をわたってきたように、荒尾様は武力だけを頼りに渡り歩いてあの地位を築いたのか…
ということで、あの侍さんに名前はないんですか。
中の人と同じで呼びそうになるけどさすがにそれはまずい気がする。
そのうち荒尾様に「なんなんだお前は」っていわれて「愛されたいんです!」って言い出したりは…しないか(笑)
しかし、荒尾様=ヴィクターで侍さん=ルンゲなら、扱い的にルンゲよりさらに可哀想じゃないか、侍さんは(^_^;)
ルンゲはなんだかんだで愛されてたけど、侍さんは…どうなんだろう。
だいたいどつかれたり叱られたりしてる…「どつかれたいんですか」とか訊かれる前にどつかれてる。

荒尾正蔵とビクター・フランケンシュタインの共通点
※幼い頃に家族を失い、取り戻そうとしている
※戦場でたくさんの死体を見てきた
※戦場で大きな手柄をたてた
※20年ぶりに故郷に帰ってきて姉妹と再会した
※頭脳明晰、容姿抜群
※彼をとても慕うあまりおかしなことになってる人がいる

恐ろしい事実。
設定上はヴィクターより荒尾様のほうが年下。


荒尾様が結婚することになったのは、荒尾家の弟のせいだといいなという妄想。
養母が実子に跡を継がせたくて結婚の邪魔をしてたけど、いざ弟の方に嫁を迎えようとしたら「兄が祝言も上げていないのになぜ私が」って反論されて、仕方なく知り合いを通じて女郎屋から買い上げた生娘を…の手配をして。
武家の娘と添わせるのはダメだからと女郎屋から適当なのを見繕わせたとかだといいな。
荒尾様本人は家族がほしかったから、荒尾家の嫡子か嫁かで迷って嫁を取ったんだと思う。
嫁取りと引き換えに廃嫡を受け入れた。
だから「お前は俺のすべてであった」なのかな。

スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター