義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》

◇時間:
16:30

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト


今日は初めての二階席。
上手側からいい感じに花道を見下ろしてました。
約1週間ぶり。
思いがけず壮麻さんのトークの日に当たった(笑)


荒尾様は怖いけど、それ以外のときはノリノリで気のいいお兄ちゃんな壮麻さん楽しい(笑)
今日は酔っぱらいのときお酒こぼして見せてた。
「ほらほらー」みたいな。
酔っぱらってるからよろめいてるし、ほとんど寝そべる勢いでお酒飲んでるし、ほかの座員が「行きますよ」って促してもうるさそうに振り払って客席に手を振ったりしてるし、いちいち楽しい。
だばーってお酒こぼしてるときのいたずらな顔ほんと最高。
最終的に座長に引っ張られて「えー」って顔しながら準備しに行ってた。
可愛い。

冒頭の、喜劇って言ってるのに忠臣蔵やってるとこ。
愛之助さんが「忠臣蔵…!」って言ってた。
前にも一回だけ聞いた気がするけど。
2回目の「幕を開けろ♪」がとても楽しそう。
なのに浅野内匠頭の切腹シーンで「おいちょっとこっちこい!」が泣きそう(笑)

川端老人の説明で、水軍のお三方が梯子登ってくときに、足を踏み外しかける芝居してた。
たぶん芝居。
細かい。

役者たち登場で出てきたときの荒尾様、上手から見ていたせいで出てくるときの顔は見えなかったんだけど、正面向いてからはずっとにこにこしてた。
ずーっとにっこにこして歌ってるのほんと可愛い。


金吉がお高に用意した薬が、更年期障害の薬と若作りの薬。
若返りじゃないんだ(笑)


上で見てる荒尾役の役者さん、比呂の「素敵だったぁ!」ですっごいにこにこしてた。
なんだろう、弟とか見るような眼をしていた。

比呂の恋の目覚め、最後の「そうさ、これが恋ー!!!!!」での回転すごい(笑)


丁吉の持つ財布の音に引き寄せられる澤野屋、「トレビアーンなサウンドがミーを呼んでるざます」ごめん、笑った。
いや笑っていいんだろうけど。
高尾太夫の1000両について「高尾だけに高い。君の瞳に乾杯」最後のなぜ付けた(笑)

お美津が病気だと偽って、引き取ろうというところ、前は「私が匿おう」だったのが「面倒見よう」になってた。
それに合わせて比呂も「僕も面倒見よう」。


お美津の「みんなあたしを好きになる」に対して、比呂の「みんな? だめー」が、慌てるようなのではなく「いー」ってするような感じになってた。
それから、お美津が飛ばしちゃう草履、すごい飛んでた(笑)
金吉出てきてからのお美津の「ばー、じん!」の言い方すごいおかしい。

お美津を誤魔化すための丁吉の「私の妹だ」に対して金吉「おでんのはんぺんが好きな」

「一緒にいることを許可します」って言いたくないけど言わされてる金吉の後ろで、しきりに咳をしている丁吉。
あと、それを言われて喜んでる2人が可愛かった。


江戸城を7週しようと花道を通っていく川端老人を、上から見送って拍手している荒尾様。
立ち上がって見送ってた。
そのあとの布袋屋親子の歌を見守って、特に比呂のことを見てたようだった。
曲が終わった後一番に拍手して、舞台に向けて両手の親指を2回立てて見せてた。
いい人。


登場シーンの荒尾様の、「俺は、足が長ーい!!」にエコーかかるのおかしくてならない。
大好き。
「頭が高い!」って睥睨されたい。


花嫁歓迎の歌のテンション高すぎて逆にあんまりよく覚えてないけど、「さらば女たち!」の、女たちの振り払い方が優しいのが好き。


花嫁待ちわびてて、家来たちを脅してるとき、一番端の侍はちょっと見えなかったけど、残り3人は、一人は軽く突き飛ばしてもう2人は頭叩いてた。
こういう芝居してる壮麻さんも珍しい。
ジャベールはテナルディエ蹴ったり、304では相当蹴ったりしてたけど、叩いてるのはそうない、かも。


「俺から逃げるなんて、信じらんない」で顎に手を当てた後、その指で顎を数度撫でる荒尾様の指先が美しくてですね。
あと、眼を剥いて丁吉睨みつけてるのがほんと大好きです。

自分は澤野屋じゃない、と言おうとする丁吉、「私は澤野屋の友達でして、そんなこと言われてもわからないと思いますけど」とか言ってた。


2幕始まりで、おさらいのときにお美津や澤野屋など、登場するたびに拍手が起きていた。
今日のお客さんは結構反応がいいかもしれない。
あと、入浴中の比呂の股間を隠す係がちょっと失敗してた(笑)


丁吉相手に刀振り回して、突き殺そうと構える荒尾様の、刀を逆手に持つ手つきが毎回大好きです。
あそこの手元だけでいいから写真欲しい。

花嫁について「それほど見事なのか」って口あけて笑う荒尾様が肉食系(笑)
すんごい嬉しそう。
でも、丁吉には騙されないで「何言ってんだ」ってやってるのがいいなぁ。

女たちを家に入れるとき、今日は「俺は、レディファーストじゃ」なんで毎回こう微妙に変えてるの(笑)
そして女たちに「入れ入れ。楽しもうな」で最後のアフリカンカンちゃんにガオされて「おお、怖いなぁ♪」。
さすがの余裕ですね。


外から聞こえる荒尾様の声。
「も、どーして褒めるものしかいなぁい!」
すんごい嬉しそう(笑)


荒尾様の髪を縛ってるのの結び目がかわいくて困る。
もっと見てたくなる。
お高と金吉に逃げ帰ってる荒尾様もかなり好きですよ。


嘆く金吉を放置する丁吉。
今日はついに拍手まで起こってて、「拍手の前に止めろよ!」(笑)
あと、葬儀屋の権八が死んだというので「で、葬式はいつだ」「知るか。葬儀屋に聞いてくれ」「うまい!」だった。


二階から「いつまで待たせる!」って怒ってるときの、すっぱーん!って障子の開け方が好き。
桟が外れての「怖いっ!」がトラちゃんみたいに可愛かった。
そういえば、障子を閉めるの手間取らなくなってた。
動揺してるみたいで楽しかったのに。
もしくは立て付けがよくなったのかしら。


花嫁が死んだと聞いて驚愕して出てきた荒尾様。
「ああ、悲しみが胸を突きさすー!」って嘆きながら、「支えろ!」って命じる横暴な感じがとても好き。
命じることに慣れてる人っぽい感じが。
「あのこれは…」って丁吉が言いかけるのに、ほとんど話させずに「黙れ!」って(笑)
あと、家臣たちを離れさせるのに腰をゆすってなのがなんか好き。
「俺のすごさを知らずに逝くとはー!」のときになんか、ニカッってしてた。
ナルシストっぽさが前よりも強い気がする。
というか、今日の葬儀のシーンは今までで一番荒尾様のナルシストっぽさが出てたんじゃないかしら。
それから、何か食べますかと訊かれての「黙れ黙れっ! お前には、くぅうう…っ、人としての情けはないのか!」の、泣くのを必死にこらえてるみたいなの、感情が溢れすぎてて面白い。


そういや、葬儀での曲のタイトルを読み上げないのは、前に「煩い!」って言われたから邪魔しないようにしてるのかな。
「東も」で客席のほう指さした後いちいち顎に手を当てて決めポーズするのほんとずるいと思います荒尾様!
しかも、一瞬じゃなくてきちんと決めてからあっち向くの!
ずるい!!
かっこいい!!!!
「そう、あそこも」で三階席あたり指さした後、やっぱり手を振る。
しかもにかって笑って。
ほんとずるい、大好き。

花嫁のそばで嘆いてる荒尾様の頭に、金吉が手をやって撫でて、それにハッとしたような顔する荒尾様が好きです。
気づいているのかいないのか。

曲が終わって「拍手はいらない!」でいったんは客席を睨んだ後、「俺を褒めるな❤」
とても嬉しそう。
こういうところがこの人の可愛げなんですよ。

「はいっ!」って手を挙げた後、「別れの接吻を」がなんか可愛い。
「はいっ!」はどっちかっていうと低めの声だったのに。
膝をついて「ああ、ダーリン…」って呟いた後レロレロ。
…でもあの舌の動き、なかなか難しいと思うんだけど。
どう練習したんだろうか(笑)
そして今日も丁吉の手にちゅーしちゃってました(笑)
したほうの荒尾様はノーダメージでまったく気にしてないの、ほんと面白い。


捕まった丁吉の「自分で自分の命を絶つ」発言に感激した後、「はいっ(低音)」って刀を渡そうとしてた。
あと、刀を鞘に納める仕草がかなり上達した気がする(上から目線)
いやだって最初のころたまに引っかかってた。

「英雄に渡してくれ!」で、荒尾様は何の疑問もなく自分だと思ってるし、金吉も素直に荒尾様に渡そうとするしで、ほんとこの二人息ぴったりだな(笑)

丁吉が死んだかどうかを確かめるため、家臣の一人の肩に肘を置いてた荒尾様が「お前行けよ」みたいに手で促すけど「いえどうぞどうぞ」されて、周り見まわして「俺?」ってしてから、軽く手を挙げて「いきまーす」ってしてたの、無言のやりとり面白い。


お美津を抱き上げた後、彼女の両手をとって屈んで下から見上げる荒尾様。
もうこれだけでこの人いい夫になるわって感じがする。
下から目を合わせてくれるの、壮麻さんのよくやる仕草ではあるけど、この腰の低さが好き。
荒尾様も高圧的に見えるけど、本音のところではこうして腰をかがめてくれるんだねぇ。


カテコで壮麻さんとルーさんがなんか話しながら笑ってたんだけど、何話してたんですかー(笑)




平野さん、上山さん、亜門さん、壮麻さんのトーク。
ざっくりしたまとめ。
たぶん書き落としたとことかあると思う。
亜門さんが「若手三人のトーク」って(笑)
若手…(笑)

三人が出てくる前に、亜門さんが愛之助さんを呼んで三人の印象を訊く。
平野さん→可愛らしい。普段もあのまんま。声も。もちろん計算はできるけど。七色の声を持ってる。
上山さん→稽古で始める前に「やらせてください!」って毎回言うのが面白い。ポジティブシンキング。
壮麻さん→歌が素敵だし台詞回しも四季で鍛えられてる。王子さまみたい。
(亜門さん「壮麻さん天然だよね」)
稽古場が彼のおかげでなごむ。本番も。毎日が新鮮。キスを止めようとすると僕の手にそのままちゅって。正直やめてほしい。僕の反応を楽しみにしてる悪戯心がある。

上手から、亜門さん、平野さん、壮麻さん、上山さん(私服)。
舞台に登場した上山さんが下手袖で「やらせてください!」

綾「毎回すごい熱量。袖で見てて本気で笑ってる」
亜「芝居に集中してないの?」
綾「それはちゃんとやってます」
壮「中でやってることを袖で注視して笑っちゃいながら出番を待ってる」
亜「緊張しないの?」
壮「緊張してる。僕まだ台本みてる」
亜「覚えてない?」
壮「覚えてますよ」
亜「忘れちゃった?」
壮「なにこれ公開ダメ出し!?」
亜「やめてよ僕優しい演出家で通ってるんだから」
竜「毎回違う。侍だから締めなきゃいけないと思ってるのに、ルーさんがキスしようとするときに被ってるベールを半分ずらして見えてたりして、ルーさんやめてって(笑)」
亜「そんなに違うの? 毎日来ようかな」

平野さんが、亜門さんの演出は思いがけない要求をされたりするから「どんとこい!」と構えていたといったら、亜門さんが「僕そんなに突飛?」と(笑)

亜門さんと壮麻さん、平野さんは同じ高校と大学。
立ち上がった3人がくっつく。
亜門さんと平野さんは芸術学科で壮麻さんだけ外国語学科。
亜門さんと平野さんは中退だけど壮麻さんは卒業してる。
壮「卒業してる僕の方が悪いみたいな…」
亜「よく卒業できたね。でもなんで演劇じゃなく?」
壮「芝居じゃ食ご飯食べられないかなって」
笑い転げる亜門さん。
そして上山さんが平野さんに「中退したから数の計算ができないんだね」と締め(笑)

役について。
綾「前の芝居が、5才の子供を持つ不倫している人妻で、差がすごい。バージンのように振る舞ったら裏があるんじゃないかと思われそうでハードル高かった。声優でもラスボスとか宇宙人の役が多くて、ありのままの女の子ってなんだっけ?ってとこから原点探った」
亜「彼女自身はとろーりしてて、育ててる方は女郎にとの考えがあったかもしれないけど、彼女自身はいい環境で育ってる。僕が3~4才のときにかかれた本だから」

亜「壮麻さんは、この前に暗い芝居をしてましたが」
壮「フランケンシュタインっていう、人がいっぱい死ぬ芝居を。こっちじゃ誰も死なないし、笑いがいっぱい。対極にあるから人としてのバランスがとりやすかったからよかった」
亜「今なんて?」
壮「人としてのバランス。(笑う亜門さんに)先輩! 衣装をつけてからやり易くなった。あと、家で歌詞を練習するのどうしようかと思った」
竜「あそこも太いぞ~とかね」
壮「筋骨隆々の役が、自分の中でなかったから、衣装に助けられてる。まだまだ模索中」
竜「面白い役、すべてが太い。この役で芝居を締められたら、と。荒尾の登場で芝居が動くから」

亜「ロンドンやウィーンミュージカルのような、舞台の中で完結している芝居ではなく、客席を常に意識したブロードウェイの芝居。お客に話しかけたり目を合わせたり。そういう芝居はどう?」
壮「客席と対峙するようになって救われた」
亜「稽古ではスタッフも誰も笑わないから」
壮「花道歩くの生まれて初めて。快感❤️」
亜「花道は神聖なものだから悩んだ。江戸版はソンドハイム直々に言われて、13年もできなくて、江戸版ってなんなの?って。いざやることになったら花道を使うにしても失礼のないように。花道を一番活用してるのは川端じいさんだよね」
竜「愛されるキャラ」
亜「稽古では一周目っていっても誰も笑わなくて。進行状況によっては『一週目』を言うためだけに稽古に来る日もあったのが申し訳なかった」

亜「共演者についてはどうですか? 動物園みたいな、素晴らしい方々」
綾「こんな濃い人たちのなかでやっていけるのかと」
亜「自分が薄いと思ってるの? 自分ではわからないものだね」
綾「人見知りなので最初のうちは美由紀さんとだけ話していた。慣れてきたら男性とも話すように。どこまで、それはパワハラじゃなくてセクハラですよ、とか。ジョージさんの楽屋が隣で、ギターで発声練習してる、とても贅沢」

壮「ほかの舞台だと僕が最年長ということが多いけど、今回は上が何人かいるので心強い」
亜「こんなにおじさんたちが主役の舞台そうないよ。普通は若いイケメンで」
壮「得るものが多い。間の取り方とか外し方、だらっとして笑いをとるとか」
亜「壮麻さん、もし再演とかで荒尾以外をやるなら」
壮「…女装もしたいし…」
亜「金吉?」
壮「お歯黒もしてみたいし…」
亜「リアル女性!? でも壮麻さんのお高見たいかも」
壮「そんな話をさっき床山さんとしてました。ご検討お願いしまーす」
竜「お客さんを味方につける技術すごい。生まれ持ってるのかもしれないけど。お客さんがその人を愛していくようになっているのがわかる。その力がすごい」

亜「ダブルキャストについてどう思う?」
(壮麻さんが上山さんに寄って肩を組む)
竜「僕は得るものしかない。盗めるものはなんでも盗もうと」
壮「竜司には感謝感謝。彼がいなかったら僕はここに立ててなかった。稽古中フランケンシュタインで参加できなくて、宮本さんやみんなも教えてくれたけど、特に竜司が一番教えてくれて。足を向けて寝られない、早く竜治に追い付きたい」
亜「助け合ってたね」
壮「人という字を書くように」

最後にみんな一言ずつコメントして終了。
にっこにこして笑い転げてる壮麻さんほんと可愛いんだけど。
ずーっとにこにこしてて、楽しいカンパニーにいるんだろうな、って。
上山さんの二の腕あたりを拳でつついてみたり、椅子の上にひっくり返らんばかりにして笑い転げてみたり、意味もなく(たぶん楽しかったんだろう)両足あげてみたりしててほんと可愛かった。
荒尾様のように自由奔放に、でもいい人だった。
ところで壮麻さん、花道歩くの初めてって言ってたけど、「火の鳥」で松竹座の花道歩いたんじゃないの?
あれは花道じゃなかったの?
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

コメント

非公開コメント

FC2カウンター