義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》

◇時間:
11:30

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト




今日は3階の下手から。
楽屋にいる荒尾様な役者さんを存分に眺められるお席です(笑)
後ろの方だと好きなだけ違うとこ見てられるわ(笑)


今さらなんだけど、あの皆さんの一座の名前は「招福座」なんですね。
コメディにぴったりの名前。

冒頭の酔っぱらいさん、今日は客席に瓢箪の酒をかけて「へへーん♪」みたいな顔してた(笑)
そのあと真ん中で寝っころがって、気持ち良さそうにお酒飲んでた。
壮麻さんのお酒飲んでる姿はほんとに楽しそう。
客席に向けてにこってしてみたり、腕を振りあげて見せたり。

みんなでオープニング歌ってるときの荒尾様、出てくるときは厳めしい顔を作ってるのに、真ん中でほかの役者さんと顔会わせるときはにこってするし、歌ってる間めっちゃノリノリで楽しそうだし、見てるだけでわくわくする。
あと帰ってくときの一生懸命走ってるっぽい動きが好き。


今日は席のせいなのか皆さんの声がよく聞こえる。
特に丁吉。
昨日の今日でこんなに声量変わるものなのかと驚くくらい。
音響いい席なのかしら。


金吉が女将に用意した薬、いつもは更年期障害の薬と精神安定剤なのに、今日は更年期障害の薬と若返りの薬(笑)
すっごいいまさらだけど、金吉は女将さんを慕ってるのよね。
でもその話がここにしか出てこない気がしてちょっともったいない。


そんな、布袋屋の夫婦の出発する様子を眺めてる荒尾様の役者さん。
鎧を丁寧に足下に畳んだ後、お化粧したり、下の様子を眺めて笑ったりしていた。
一度は立ち上がってもいたな。
あそこでお茶(?)を飲んでるけど、あれほんとに湯呑みに中身入ってるようにしか見えない。
たぶんほんとは空っぽなんだろうけど。


お美津の、「2と1で3」のところすっごい可愛いから好き。


川端老人が花道通ってくときに楽屋に出てきてなんだかにこにこしてる荒尾様の二枚目役者さん。
比呂たちの歌に今日も親指たててた。
なんかこう気のいいお兄ちゃんって感じ。
なのに荒尾様は今日は荒れてらっしゃる(笑)


荒尾様の客席絡みが細かくて楽しい。
「どんな女もイチコロだぞ! Thank-you!」って客席に手を振ったり。
「信じらんない」のときに客席に向けて「なぁ?」って投げ掛けてみたり、「休憩!」に「はぁ?」って顔したあと客席にも「なんなんだ!」みたいに指差してる荒尾様。
客席への投げ掛け多い。


曲のタイトル「花嫁歓迎の歌」を「うるさい!」って最後まで言わせてくれない荒尾様が好き。
あれ、あの人劇中にいることになってるの?
劇中劇の体裁だからか、このへんの境界が曖昧になってる感じ結構好き。
基本的に役者さんはその中で動いてて、狂言回しとかの一部だけ客席と世界を共有してるはずなのに、荒尾様はしょっちゅう踏み越えてくるから楽しい。
そういやオルレアン公の時もちょっとそんなとこあったなぁ。
あの人客席の存在をわかってそうな。
そういうときの壮麻さんはエンターテイナー性をたくさん発揮してくれるので楽しい。


荒尾様が高尾太夫の顎をくいってするのが、ただのあごくいじゃなくて、指先で顎下をくすぐりつつので、なんなんあれエロい。
さすが元ファントムだぜ…恐るべし。
指先だけでエロスが溢れてくる…
あと、「さらば女たち!」までの、女たちが群がってるところが、とてもとてもラム・タム・タガー(笑)
ああ、壮麻さんのタガーも見たかったなぁ。


花嫁が出てこないからとイラついて手下たちを突き飛ばしてる荒尾様がなかなか横暴なんですけど(笑)
今日は四人全員突き飛ばしたりしてた。


昨日「だまらっしゃい!」って言ったとこ、今日は普通に「黙れ!」だった。
ええと、丁吉を打ち首にしようとするとこ。


丁吉の「休憩させて♪」が可愛いし、それを受けての「はぁ?」って口ぽかんしてる荒尾様ほんと大好き。
表情一つとっても、壮麻さんの演技力の高さがあっていいなぁって思う。


花嫁について「荒尾様を女にしたくらい見事」って言われて「それほど見事なのか!」って感激してるけど、それいいのかって毎回思う(笑)
いやまぁ、女装したらって意味ではないだろうからいいんだろうけど。(それはそれで見てみたい)
あと、なんかこういうこと、十二夜でも言われてなかったかしら(笑)


娘の行き先に心当たりがありますからそちらに行かれてから、と長期地に言われて一瞬頷きかけてから「お前が行くんだ!」ってなる荒尾様、なんか好き。
一瞬だけ誤魔化されそうになってるのが。
でもすぐに気づいてるのも、やっぱりただ者じゃない感あっていい。


女たちを布袋屋に入れるところ、今日も「わしはレディーファースト」だったので、壮麻さんの荒尾様は基本ここは「わし」のようです。
女たちが入っていくので「楽しくなるな」とか声かけてて、アフリカンカンちゃんにガオってされて「怖いなw」って楽しそう(笑)
やだなにそれ、怪物に「ガオ」ってされた反応みたいなの連想しちゃうじゃない(笑)


見張れ、と言われて丁吉を見張る荒尾様の手下四人。
今日は余りに近すぎて丁吉が「ち、近いですね…」(笑)


布袋屋の女将と金吉が、以前に「200人を相手にした」って聞いて戦慄してる荒尾様がすごいおかしい。
女郎屋だと思ってるからの「お前もここの女か」とか金吉への「お前も、か…!」とか。
金吉見ながらちょっと後ずさってるのとか(笑)
でもこの荒尾様、引いてはいるけど罵ったりはしないのでいい人だなぁと思う。
江戸だからかもしれないけど。
あと、「いや、いい」って言って逃げ帰るのが可愛い。


二階の手すりが壊れたとき。
「あっ、怖い!(高音)」って窓枠にしがみついた後、「なんて危ないんだー(低音)」のギャップ好き。


「お前には、人としての情というものはないのか!」が、2回目で「お前には…っ! 人としての」って違えてくるのかなり好き。
この作品、同じせりふが出てくることが多いんだけど、荒尾様のここは同じせりふでさらに感情高ぶってるので違って聞こえるの、とても楽しい。


お葬式で「北も(上手指さし)、南も(下手指さし)、東も(客席指さし)」のあと、一瞬だけ決めポーズしていく荒尾様がすごい好き。
なにやってるの(笑)
あと、丁吉「ここも」荒尾「そう、あそこも」で客席指さした後、客席の上方に向けて手を振る荒尾様、サービス精神旺盛でいらっしゃる。
それでいうと、「ああ、ああ」の嘆きのところの動きもすごく好き。
絞り出すような。

荒尾様歌詞間違った。
「花を。蝋燭を。鉦を打て」で「薪を積め」って。

花嫁の死体を燃やそうとして、「灰を、持って帰る…!」って思い入れたっぷりに言うところも楽しいし、丁吉が止めようとして「荒尾様は優しいから焼くことなんてできないはず」って言われて「あああっ! 中止だ!」ってなるのもすごく好き。
あと、「なぜだ、わしは戦場でさんざん死体を見てきたぞ」って、ここでも「わし」って言ってた。
てゆか、そうだよね、こないだまで戦場でその死体を利用する研究のお手伝いしてたんだもんね、死体なんてほんと見慣れてるよね。


「拍手はいらない!」のあとの「俺を褒めるな!」が怒ってた。
本気で怒ってた。
おお、こないだはなんか嬉しそうだったのに。
歯をむき出しにして怒ってた。

キスしに行くときの「はいっ!」だけが妙に可愛いんですけどなんなんですか(笑)
キャッツのグロールタイガー思い出したじゃないか。
あれ荒くれ部下たちの中で一人可愛いんだよ壮麻さん(当時芥川さん)。
そして今回も、れろれろするまえに「ダーリン」と呟いてから。
荒尾様、花嫁に口付けようとして丁吉の手の甲にキスする痛恨のミス。
ただし、やった荒尾様より、された丁吉のほうがダメージが大きかった模様(笑)
というか全くその辺気にしてない荒尾様っょぃ。


花嫁が病死だったと聞いてちょっとぎょっとしてるけど、そのあとの丁吉の逃げ口上の「越後で伝染病になった」を聞いて、ほかの人たちはみんなてんやわんやしてるのに一人だけ冷静にすぐに音楽を止めさせてるのすごくかっこいい。
音楽を支配する壮麻さん好き。
そして、そんなふうに冷静なのに、死体が生き返るとさすがに動揺するのも素敵。
…こないだまで死体が蘇るのが日常だったのにねー(笑)


今日も追いかけてるとき「ぶっころーす!!!」って言ってた。
お口が悪いこと(笑)
刀振り回すの楽しそう。


布袋屋主人夫婦と遭遇して「うちの店の前で」と言われて「店のまe…お前は女郎屋の主人か」ってなるのすごい好き。


丁吉を捕まえるときの「ふっふー…この男を捕まえろ!」っていう、含み笑いみたいなの好き。
でも「自分で命を絶つ」言われて「なんと…!」ってなるときの、この言い方がどこかで聞いた気がするんだけど思い出せない。
「なんと…なんと健気な…!」って台詞だったと思うんだけど、流れ的にはド・ギッシュなんだろうけどなぁ。

「その薬を英雄に渡してくれ!」に、金吉はそのまま荒尾様に渡そうとするし、荒尾様も何の疑問もなく受け取ってるのがとてもおかしい。
いつのまにルーさんとこんな息が合うようになってるの(笑)

丁吉が薬飲んで苦しんでるとこで「こんなに苦しむもんなの?」みたいに金吉のほう見てる荒尾様がなんか楽しい。
というか、壮麻さんとルーさん比較的仲いい?
丁吉が死んだか確かめるので、左右見まわして「俺?」みたいに自分を指さした後、「はい、いくわ」みたいに軽く手を挙げてから丁吉を確認する荒尾様。
あまり壮麻さんでは見ない動きをされてるので楽しい。


お美津を抱き抱えた後、一度自分の胸をたたいて、そのあとお美津の両手をとって上下にふるふるさせ、そのまま両手を自分の胸に当ててた。
それは「胸筋すごいだろ」ってことなんですよね?
てゆかなんでこの兄妹はいちいち自分の胸に相手の手を置かせるの(笑)
そういうところも似てるのか(笑)


がちょうのお守り、今日は浅いところに入れていたのか、すぐに出てきた。
ああやって肌身離さず持ってたってのは、いつかは家族と巡り会えるかもしれないと信じていたのかな…荒尾様、祝言をあげようとしていたのは自分だけの家族がほしかったからなのかもしれないなぁ。
荒尾家は養子に引き取ってくれたけど、居場所がないのかもしれない。
嫁をとれば自分の家族ができるんじゃないかと、そんなふうに思ってたのかなぁ、なんて。


荒尾様、走ったり刀を振るったりするものだから、後半で前髪がよく落ちてきていて、それを手で撫で付けたり首を振って上げてたりしてて、その首をふる仕草が川端老人に似てて親子だなって。
落ちてきた前髪の感じも川端老人と似てるし。
その意味では最後に親子三人できゃいきゃいしてるとこがなんかとても可愛いし、この三人なんか似てる気がしてくる。
喜び方が同じ。
この川端親子ほんと可愛い。


澤野屋が捕まるときにふにゃふにゃ言ってるけど、今日は「ソンドハイム」って聞こえた。
そういや、澤野屋捕まったとこで「女たちも自由にしろ!」って丁吉が言ってたけど、あれっていままであった?
あれで女たちが自由になったなら、丁吉と高尾太夫の間の障害もなくなるわけだ。


どんな女でも俺になびかない女はいない、と豪語する荒尾様が、はじめて本当の恋に落ちて、相手に話しかけることさえできずにいたら可愛いのになぁ。
「いままで出会ったどんな勇猛な敵にも打ち倒されなかった俺が、あんな娘の眼差しひとつに打ちのめされるのか…!」って動揺しててほしい。(それ「お気に召すまま」)
恋だと気づかなくて布袋屋に「最近動悸が激しい」とか薬を求めに来て、話を聞いてみたらとある娘と対面してるときだけ動悸が激しくなるというので「恋の病につける薬はありません」って笑われて「これが恋か…!」ってなってればいいのに。
よく考えたら、モテモテな役のときの壮麻さんが恋に落ちてる描写は見たことないかも。
だって嫁にする予定だったとはいえ顔も知らない娘が死んでしまったってだけであんなに嘆いていた情緒豊かな人だよ?
ほんとに恋に落ちたらきっととても楽しいことになるよね。
普段の壮麻さんの芝居だと、好きになったら告白まで一直線なことが多いけど。
いや、荒尾様も自覚したら早いかも。


今日はユカイさんの誕生日で、カテコでハピバのお祝い。
ケーキも登場。たぶん顔のケーキ。
歌ってるときに壮麻さんが耳に手を当てて「聞こえないよー」って客席に向けてやってた。

さすがに今回は壮麻さんがカンパニー最年長じゃないだろうと思って調べてみたら、高橋さんと二つ、徳井さんと一つしか違わなかった…。
まって、それで親子?
壮麻さんどんだけ若々しいんだ。
あと、つまりカンパニー最年長は亜門さん?
と思ったらルーさんがいた。
すごい、壮麻さんより年上の人が3人もいるカンパニー…(演出家含めたら4人)
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター