義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》


◇時間:
14:00

◇会場:
新橋演舞場

◇出演:
片岡愛之助
内博貴
平野綾
ダイアモンド✡ユカイ
鈴木壮麻
ルー大柴
徳井優
松田美由紀
高橋ジョージ

伊藤広祥
後藤光葵
澄人
常住富大
広瀬斗史輝
森内翔大
大内慶子
大西絢子
小澤可依
咲良
NAMImonroe
福田あり紗

◇演出:
宮本亜門

◇作詞・作曲:
スティーブン・ソンドハイム

◇脚本:
バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

◇あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド✡ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り―。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公式サイト


たぶんまだ続く。
ネタバレあります。
基本壮麻さんのことばかりです。



壮麻さん、コメディっぷりがさらに上がってるんですけどほんとさすがですわ。
もうほんと、荒尾様に関してはかっこいいと可愛いしか出てこない。
可愛いがちょっと増えた。
荒尾様ほんとかっこいいし可愛いしなんなのほんとに完璧すぎる。
荒尾様って荒々しさはあるけど決して粗野ではないのよね。
むしろ動きにもポージングにもいちいち品がある。


冒頭でミュージシャンと役者たちが花道通ってくるんだけど、ほかの皆さんはちゃんと呼び込みとかしてるのに、壮麻さんの役者さんだけ、瓢箪に入れたお酒飲みながら酔っぱらっててふらふら歩いてきてて、皆さん準備にと走ってくのに真ん中に座り込んで飲んだり、お客さんにお酒かけたり(2回!)。
そのあと客席に向けて投げキッス。
壮麻さんがお客さんにお酒かけてるあたりで、わたしハッと気づいて拍手やめたけど、たぶん周りはもっと早くにやめてた(^_^;)
でも投げキッスを真正面からもらえたもん!
ほんとはキャッチしたかったけど我慢した。
投げキッスもらえたのは単にいい位置にいたからってだけなんだろうけど、やっぱり嬉しかった。


上で着替えてるときにお茶飲んだり、化粧直したりして、川端老人の花道では拍手したりしてていい人。


「その言葉、聞きあきたわ!」の荒尾様ほんとかっこいい。
じゅるり、ってするのが、このところ時々やってた涎を拭う仕草、まさかここで生きてるとは(笑)


「俺から逃げるなんて…信じらんない」のときのポーズすごい好き。
顎に軽く手を添えて。
めっちゃかっこいい。

丁吉の前で足をならして脅すのすごいいい。
荒尾様ほんと抜け目ない。
かっこいい。

しおりが「主よ…」ってやってるときの荒尾様の指の動きがとても怖い。
大好き。


布袋屋に入るときの「俺はレディーファーストなんだ」がかっこつけでなくスマートな感じでかっこいいし、女たちへの「楽しみだな」「うわぁ!(アフリカンガール見て)」とかはたぶんアドリブだろうし、とても楽しい。
初日は「魅力的だな」「怖いな」って言ってた。


荒尾様の、二階から落ちそうになったときの「怖いっ!」が凄い可愛くてだな。


お美津を呼ぶのに、初日は「バージン」と言ってたところが何ヵ所か「娘」になってた。
そのほうが私は好きだなぁ。
バージンって彼女の名前じゃないし。

荒尾様が「俺を知らないままで逝くなんて!」っていってるときに腰を上下にしてるのが、あれはそっちで捉えといていいんですか、それとも考えすぎですか(笑)

葬儀のときの「俺を褒めるな!」で、心底うんざりって感じではなく、褒められて嬉しそうにしてて、ちょっとなにこの可愛いお侍様!

ほぺちゅされたときに「Oh…!」みたいに声あげるの可愛い。
丁吉にほぺちゅされた荒尾様が一瞬すんごい嬉しそうに笑って、そのあと我に返って「違うお前じゃない!」ってしたの楽しかった。
一瞬だけルンゲの顔だった。


丁吉の「英雄に渡せ!」で金吉が荒尾様に渡したのを、素直に受けとる荒尾様。
初日は「俺?!」みたいにして受け取らなかったのに。
より素直さが増してる(笑)


お美津に対してドラミングして見せたうえ、自分の胸(鎧)を彼女にも叩かせてる荒尾様可愛い。
自分の魅力を惜しげもなく振るってるんですね。
かっこよくてかわいい。


もし仮にお美津と実の兄妹でなかったとしても、荒尾様は祝言の夜にお美津に「私の体はあなたのもの。でも心までは差し上げません」って言われてすぐに察して「誰か思う相手がいるのか」って問いただしそうだし、比呂のことを聞かされたら「ほかの男に抱かれるのも苦しいだろう」ってやめそうで。
んで翌朝には布袋屋に二人で来てそのまま比呂とお美津を対面させてあげそうで。
結局はハッピーエンドになりそうな、荒尾様の人柄が好き。
あれは壮麻さんの人徳もあると思う。

そもそもなんで荒尾様が女郎屋から娘を買わなきゃいけないのか。
話を根底から突き崩す疑問ではあるけど。
あの人荒尾家の養子だろうし、月代もないし髷も結ってないから、元服もまださせてもらってなくて、両家の子女との見合いもできずにいるのかな、と。
実子に家を継がせたい奥方とかの邪魔で。
そんなことを妄想してます。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター