義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ミュージカル「フランケンシュタイン」


◇時間:
13:00
18:00

◇会場:
愛知県芸術劇場大ホール

◇キャスト:
ビクター/ジャック:柿澤勇人/中川晃教
アンリ/怪物:小西遼生/加藤和樹

ジュリア/カトリーヌ:音月桂
ルンゲ/イゴール:鈴木壮麻
ステファン/フェルナンド:相島一之
エレン/エヴァ:濱田めぐみ

朝隈 濯朗
新井 俊一
後藤 晋彦
佐々木 崇
当銀 大輔
遠山 裕介
原 慎一郎
丸山 泰右
安福 毅
彩橋みゆ
江見 ひかる
可知 寛子
木村 晶子
栗山 絵美
谷口あかり
原 宏美
福田えり
山田裕美子

リトル・ビクター:難波拓臣/石橋陽彩
リトル・ジュリア:齋藤さくら/寺田光

◇スタッフ:
音楽:イ・ソンジュン 
脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
オリジナル・プロダクション:ワン・ヨンボム プロダクション
初演製作:忠武アートセンター

潤色/演出:板垣恭一
訳詞:森雪之丞 
音楽監督:島 健 
振付:森川次朗 / 黒田育世
美術:乘峯雅寛 
照明:高見和義 
音響:佐藤日出夫
衣裳:十川ヒロコ 
ヘアメイク:宮内宏明 
擬闘:渥美 博
歌唱指導:福井小百合 
指揮:八木淳太 
音楽コーディネイト:東宝ミュージック
舞台監督:廣田 進 
演出助手:長町多寿子
プロデューサー:篠﨑勇己(東宝)/森 博道(ホリプロ)

http://www.tohostage.com/frankenstein/


たぶん書き足す。

いよいよ最後の地、名古屋!
ちなみに3公演とも5階席から見てました(笑)


マチネのルンゲはヒロインだったよ!
ちゅーされてぽーっとなってたし。
でもソワレは男塾とかそういう絵柄の濃い感じだった。
昼と夜でビクター/ジャックとアンリ/怪物の印象がそれぞれ違うのはわかるんだ。
だってダブルキャストだもん。
ルンゲ中身同じ人なのに昼と夜で全然違うんですけどどうしたの(笑)
なんであんな体育会系。
ルンゲの差異は坊っちゃんに合わせてる部分と、本人のその日の日替わりと両方あって、どこまでがどっちなのかわかんなくて、結局毎回違いすぎて困る。

眉がすごく黒々としてキリッとしてたけど、メイクのせいなのか照明のせいなのか、遠かったせいなのか…だからか余計に男前に見えた。


かっきーだと「恋に落ちてしまいます」であっきーだと「恋に落ちてしまいそうです」なの?
違えてるの?
かっきー坊っちゃんには「恋に落ちてしまいます」なのにあっきー坊っちゃんには「恋に落ちてしまいそうです」の違いはなんなん?
間違ったわけでなく変えてるの?

今日のメニュー、昼ははピーマンの肉詰め。
ママン…(笑)
夜は「エビフライ。3本」



柿小ペアって河原で夕日に包まれて殴りあった末の友情っぽいのに、中加だとキャンパスライフで生まれた友情風なのなんなん。



「質問ですか、命令ですか」
昼。
「どつかれたいんですか、どうなんですか」
「…少しだけなら」
「…じゃあしない」
「ああっ~~」

夜。
「ルンゲ!(手パン!)」「(手パン!)命令、ですよね!」でアラベスク見れた!


ビクターたちがジュネーブに戻ってきたの、もしかしてそれまでいたとこ(パリとか)にいられなくなって戻ってきたとかかな…墓荒らしとかやったせいで。

エレンの「勲章ももらった」っていってるとこがいままでになく強かった。
自信ある姉さんだ。

昼はジュリアに挨拶したあと「お美しくなられて、ねぇ?」って笑顔だし、そのあとも作り笑いだけどなんとか笑顔浮かべてるのに、夜はそんな余裕なくてアンリ紹介したら暗い顔してた。


お城が焼け落ちるとこ、いつも泣くんだけど今日は号泣した(ポイントがおかしい)
だってさ、妻は病死、そのせいで息子からはなじられていたところに、息子を救うため命を投げ出すんだよ?
バロンさんまじ泣くわ。


子ビクターに対して、ステファンが引き離したあと「私だけはあなたの味方ですから」って思ってるようだし、犬のときは事前には知らなくて「生命有機の結合」で知ったけど、でも全力で守ろうとしてた。
なにこの健気な執事。
子ビクターへの対応もそれぞれで変えてるのかしら、なんて。
ジュリアが引き離されたあと手を繋ぐとき。
今日のマチネは屈んで肩に手をおいてから手を差し出して、そのあと繋いだ手に手を重ねてた。
ソワレは手を繋いで歩き出したあと、手を替えて肩も抱いてた。

夜、子ビクターの出発でこっそり手袋で鼻を拭う執事。素敵。


「こう毎回爆発したんじゃ私の身が持ちませんんんんんん!!!!」って駄々こねてるルンゲすごい可愛いけど、あれアンリ相手だと思ってるからなんだよな…可愛い…もしかしたら、アンリ相手なら坊っちゃん相手とも違う関係性ができてるのかもしれない。

銃を取りに行くとき、昼に「とって参ります!ふん!ふん!」みたいにいいながら敬礼してった。
がんばれルンゲ(笑)
「森にはオオカミが」もなんかとても力がこもっていた。
ここにきてこのセリフがかっこよくなるとは。

ソワレは「狼が出るので危険です! 銃を、とってきましょう! はいっ! はいっ!」みたいに敬礼しながら中に入っていってた。
あとそのあとのアンリの「人間は勝手だ」っていってるとこで出て来て「…なにを不吉な話を」みたいに眉寄せてたけど、聞いてるうちに同調してた。



酒場で思ったこと。
たぶんあの時代に「不況」「不景気」って言葉は…ないか、一般的ではない。
資本主義が発達するなかで浸透した概念だから。
まぁ別にいいんだけど。

キスは坊っちゃんが両頬のあと6回、途中からルンゲ唇つきだし。
ルンゲの顎くいってしてて、ほんとなにこのルンゲのヒロイン感。
アンリが鼻先と左頬、唇に二回、二回目は唇つきだすルンゲ。
アンリでもいいのかい(笑)
アンリがルンゲにキスしたあとルンゲの頭撫でてった。
なにやってんだよアンリ!
スパダリかよ!
ルンゲ呼ぶときの「ルンゲ、ルンゲ…ルンゲルンゲルンゲ」みたいに何度も呼んでて、すごく気安い感じするの、長い時間一緒にいた空気感あって。
後半から小西アンリはルンゲへの鼻キスを多用してくれるようになったのでほんとありがとうございます。
壮麻さんのいいところよくわかってらっしゃる。
額より鼻先ですよ!

坊っちゃんにちゅーされたあと地に足つかないルンゲも可愛いけど、アンリとのちょっと駆け引きめいたちゅーで「ありがとうございます!(低)」も楽しい。

夜。
坊っちゃん→「ルンゲ…ルンゲ…三回言うぞ、ルンゲ…」からのキス5回
アンリ→お財布ないのに気づいて「…あ。ルンゲ」と呼んで、背中に手をあてて耳元で囁き
夜のルンゲさんは体育会系だった。
昼間にヒロインだなんていったせいか?(笑)
反動なのかな…
キスされての「ありがとうございます!」が「あざっす!」みたいな。
そのうち「押任!」とか言い出しそうだった。

夜のルンゲが体育会系なのはきっと軍隊生活が長かったからじゃないかと思う。



ルンゲの歌すごいんだけどこれ音響のせい?
なんかすごい迫力だった…
ルンゲの歌がすごすぎてなんかもうぼーっとしてる。
「殺したウォルターの首ーぃー」であげてくるのもだけど、「石で殴ったんです」の「で」のひっくいところもすごくいい!!!
壮麻さんの全力の歌!!!って感じ。
昼から全力だして大丈夫かしらあの人って心配になるくらい全力。

「実験する材料がほしくて」のときに、自分の拳を手で抱き締めるような仕草をするルンゲ。
たぶんあの拳は首。
「実験する材料」のときは拳を胸に抱いてるのに、「殺したウォルターの首」では離してるの好き。心理的距離感というか拒絶感。
殺されたウォルターの首だとわかって怒りに任せて殴り殺すビクターもいい人だとは思うよ…てゆか一番悪いの葬儀屋だよ…

「どうしてこんなことに…」って半泣きで言ってるルンゲほんと泣く。


「どんなことがあっても」のとこ、昼はすっと背筋をただしてまっすぐに相手を見据えて。
夜は坊っちゃんを振り向かせて情熱的に強く。
どちらも言い終わったあと頭下げてからいくのがすごくかっこいい!!
まじ惚れる。(もう惚れてる)


加藤アンリは処刑で「死にたくない!」って言いそうになるのを必死でこらえてるよう。彼は生き甲斐を見つけてしまったんだね。
小西アンリは逆に死ぬ意味を見つけてしまったからスッキリして見える。

アンリが処刑されるとき、アンリが膝をついた時点でもう顔を伏せてるルンゲ。
さぞかしつらいことだろう。
ちなみに処刑を見ている三人。
アンリ膝をつく→ルンゲが顔を伏せる
処刑台にセットされる→エレンが顔を伏せる
最後まで見ているのはジュリアだけ。


「生命創造の歴史が今」のとこ、かっきーはもうすでに魔王なんだけど、あっきーは徐々に闇に染まってく感じでその過程にゾクゾクする。
普通のユリだと思ってたら真っ黒で、しかも花粉が血のように真っ赤な黒百合が咲いていくのを見ている気分。




怪物に銃を突きつけるとき、「き、気を付けて、坊っちゃん…」ああ、このルンゲは怯えてる。ビクターに多くの人が向けた目と同じものを怪物に向けている。怖いから排除しようとしてる。
かっきーのときは比較的しっかりして見えるのになんでこんな違うんだろう?


サンセット大通りでいうと、かっきーはノーマであっきーがマックス。
かっきーは分かりやすくいかれてるけど、あっきーはまともに見えていかれてる。私はあっきーの方が怖い。いつスイッチ入るかわからないから。
普段はすごくまともなのにある瞬間狂気が見える。
あっきー坊ちゃんと加藤アンリだと二人の世界感が強くておいてけぼりのルンゲ可哀想ってなるけど、かっきー坊っちゃんと小西アンリだと二人からなんやかんやされていっぱいいっぱいになってるルンゲ可愛い。
ルンゲは、ビクターの研究内容をちゃんと理解した上で、それの恐ろしさも予感してて、だからこその「例えどんな願いでも主人の願いを叶えるのが自分の役目」って言い切るところがとても怖い。
その意味であっきーに近い。
ただ、ルンゲはマックスと違って人としての一線はそう簡単には越えない…はず…

かっきー坊っちゃんは感情的になりやすくて不機嫌もすべて出るし皮肉もどんどん浴びせるから敵を作りやすい。
あっきー坊っちゃんは人当たりはいいしオブラートに包めるけど、なんでもない顔でとんでもないことしでかすから油断できない。
結論。執事大変。

小西アンリだとアンリとルンゲの関係性が深いというか。
中の人が壮麻さん好きすぎだろっていう。



昼にイゴールが踊ってるとき、わざとなのかダンサーさんの一人とぶつかりそうになったか先行き邪魔しててなにやってんのって(笑)

昼にイゴールがキャッツやった!!!
エヴァに押されたあと、キャッツポーズ!
イゴールのキャッツずるいよ、すべて持ってかれるよー
ほかにもずっとジャンプしてて可愛かったよ!
二回ほどダンサーさんの腰だいてた!
興味ないのかと思ってた(笑)
でも怪物がやられるとこは無関心。

イゴール、夜は女の子の腰だいてなかった。
あれ?

そういやイゴールはサスペンダー引っ張るのやめたんだ。
あれ可愛いのに。

昼は異様にジャンプしてたし、夜はいつもより多く回ってたし(特に冒頭)、イゴールのときの全力のダンス(?)ほんとすごい。

2回ともエヴァはイゴールを蹴らず手で押すだけだった。
さすがに何度もやったら腰に来そうだもんなぁ(^_^;)
酷い扱いはいいんだけど、むしろどんどんやってくれなんだけど、リアルに響きそうなのは芝居忘れて心配になっちゃう。
見えないしそんな動きじゃないけど、一応56歳だから…


怪物いたぶり。
あっきージャックと手下の即興音楽すごくで普通にノリノリだったし、最後怪物に踊れって無茶ぶりするのひどい(笑)

マチネ。
「こいつ?」
「壊れてる!」
「だから?」
「返品させてちょ!」
「…もっかいいって?」
「返品させてちょ!」
「…俺より滑ってるwwwwwww」
ひどい(笑)


お馬さん。
かっきージャック→「乗ってく?」
(うん!)(ぴょん!)
あっきージャック→「乗れ」
(ぴょん!)
「せーの、パカラッパカラッパカラッ…」


夜にエヴァの「どっちが口説いた」あたりで、ジャックとイゴールが手握ってたんだけどなんだったの?
あっきージャックはかっきーに比べてもかなりイゴールのこと呼ぶから、イゴールを大好きねって思ってたらの手繋ぎでどうしたのあなたたちってなった。
階段の上にいるイゴールに、肩の上あたりへジャックが手を伸ばしたら、そこにイゴールが手を繋いできてた。
ジャックとイゴールの手繋ぎ、東京であったらしい。
なにやってるのそこ。
でもそんな仲良しなのにステッキに乗るときは「乗れ」なのがなんというかこう、主従感あって。
ほらかっきージャックとだと互いに自由すぎて(笑)
それはそれで好き。
あ、ジャックが焼きごてするときもなんか仲良しさがあった気がする。
なんだっけ。

かっきージャック相手だと場合によっちゃ後ろから刺しそうなのに、あっきージャックとだと「しょーがねーなー」っていいながらなんだかんだで手伝いそうなイゴール。
ちょいちょい耳打ちとかしてるのも可愛い。
でも打ち合わせなしで意思疏通してるかっきージャックともそれはそれで。
かっきージャックが焼きごてするとき、ジャックは何も言わないしイゴールの方見てないのに手を出した先にさっと焼きごてもってくるイゴールのあうんの呼吸感半端ない。
言葉なしで通じ合うのかよ。


カトリーヌいじめるとき、あっきージャックは見ないようにするのをイゴールが腕引っ張って見させてた。
そしてイゴールは見るの楽しそうだった。
イゴールのあれは「こんな楽しいことみないでどうすんだよ」だわ。
自分が楽しいことはジャックも楽しいはず。みたいな。


前に書いた気がするけど、かっきージャックとイゴールはおそ松とイヤミで、あっきージャックとイゴールはチャーリーブラウンとスヌーピー。
のび太とドラえもんも考えたけどちょっと違う。
あっきージャックとなら、エヴァに部屋追い出されてイゴールの部屋泊めてもらうとかありそう。
「イゴール! イゴール! イゴール! またエヴァちゃんにおいだされた!」
(黙ってドア開ける)
「あっりがとー♪ 相変わらずなんもない部屋だねー」
(ベッドポンポン)
「あ、寝る寝る~♪」

かっきージャックとイゴールは「ここはウィーン」て感じ。
背中にナイフ突き刺して手はキスをする♪
ヴォルフはあっきーなのに。
あっきージャックとは同じウィーンでも「不幸が始まるのに見ていていいのか、未来の皇帝陛下」「我慢できない!」みたいな。


ビクターがエレンに泣きつくときに、とっさに視線をそらせて坊っちゃんの情けない姿を見ないでいてくれる執事は男の子の心理よくわかってる。
エレンの「今日から一人よ」聞きながら痛ましい表情から徐々にきりっとした顔になってって、すっと目を閉じてから坊っちゃんを促しにいくの、決意だった。
この坊っちゃんを全力で守っていく、なにがあっても寄り添う、って決めた瞬間だった。
トランクもって決意するように目を閉じてるルンゲのあまりの美しさに泣く。綺麗。

子ジュリアのいう「どうして大人たちはビクターのことをわかってあげないの?」の大人たちにルンゲは入ってないんだろうなぁ。


額縁なんだけど、あれは空間を句切って室内感とか、場合によっちゃ圧迫間とかを出すためのもので、それ以上の意味はないかな、と。
額縁であることの意味は…作り物感というか、絵の中の世界を覗いてるようにしたいってことなのかな?



名古屋で3公演見るといったら弟に「録画するかDVD出るの待てば」って言われたけど、録画できるわけないし、円盤出てくれるなら買うに決まってるだろ、出ないから通うんだよ。
てゆか出ても通うけど。

スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター