義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ミュージカル「フランケンシュタイン」


◇時間:
12:00

◇会場:
日生劇場

◇キャスト:
ビクター/ジャック:柿澤勇人
アンリ/怪物:小西遼生

ジュリア/カトリーヌ:音月桂
ルンゲ/イゴール:鈴木壮麻
ステファン/フェルナンド:相島一之
エレン/エヴァ:濱田めぐみ

朝隈 濯朗
新井 俊一
後藤 晋彦
佐々木 崇
当銀 大輔
遠山 裕介
原 慎一郎
丸山 泰右
安福 毅
彩橋みゆ
江見 ひかる
可知 寛子
木村 晶子
栗山 絵美
谷口あかり
原 宏美
福田えり
山田裕美子

リトル・ビクター:石橋陽彩
リトル・ジュリア:寺田光

◇スタッフ:
音楽:イ・ソンジュン 
脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
オリジナル・プロダクション:ワン・ヨンボム プロダクション
初演製作:忠武アートセンター

潤色/演出:板垣恭一
訳詞:森雪之丞 
音楽監督:島 健 
振付:森川次朗 / 黒田育世
美術:乘峯雅寛 
照明:高見和義 
音響:佐藤日出夫
衣裳:十川ヒロコ 
ヘアメイク:宮内宏明 
擬闘:渥美 博
歌唱指導:福井小百合 
指揮:八木淳太 
音楽コーディネイト:東宝ミュージック
舞台監督:廣田 進 
演出助手:長町多寿子
プロデューサー:篠﨑勇己(東宝)/森 博道(ホリプロ)

http://www.tohostage.com/frankenstein/


千秋楽なのでまとめも載せとく。
ツイッターに乗せてたやつよりは読みやすいと思う。
無題

東京千秋楽!
なんだかんだありましたが、ここまで来ましたよ…。
お席は2階の上手側。



ルンゲはヒロイン。
イゴールはアイドル。
間違いない(確信)
昨日はたまに台詞回しに不安があったルンゲだったけど、今日はとても安定していてよかった。


フランケンシュタイン最初の泣きポイント。
安福将校に撃ち殺される江見負傷兵と、彼女を助けようと奮闘してる山田看護兵と栗山看護兵が、死んだ負傷兵の目を閉じさせるところ。
フランケンはさ、主役も大変そうだけど、アンサンブルさんほんとすごいよね、衣装だけでも何着着替えてんだろ。
メイクまでがっつり変える人もいるし。


今日の「熱い眼差しのせいで、恋に落ちてしまいます」で、この人ほんとにビクターに恋してないなって感じた。
ルンゲにとって坊っちゃんは恋する相手ではないんだなって。
だから冗談で言えるんだな。
「あなたに恋しちゃう」が冗談として成立してるうちは恋には落ちない。
「あんたなんて好きにならない」のほうが可能性がある。
と思うんだけど、それって坊っちゃん→執事の可能性があるってことか。

ついに出たカツカレー。
ガッツポーズして喜ぶ坊っちゃん。

「私は20年もお仕えしてるのに」で珍しく「いー」って顔してたルンゲさん(笑)
不満そうな尖らせた唇かわいかったです。

「質問ですか、命令ですか」
「どつかれたいんですか、どうなんですか」
「愛されたいんです!」
「んー、却下」
「あー!」
からの「これが欲しいんだろ」ですよ、なにこの展開。
坊っちゃんの「却下」も笑い含んでて、こいつほんとわかってる…この坊っちゃん、ルンゲがなに喜ぶかわかってて遊んでやがるぜ…っていう(笑)


平和になったよーっていってるときの、ステファンとジュリアとエレンの仲良し親子っぷりがすごくほのぼのして微笑ましくて、あとステファンが人々から尊敬されてる人格者なんだなって感じがして、なんか泣きたくなった。


個人的泣きポイントその2。
息子を救おうと人々をかき分けて燃える城に飛び込むバロンさん(ビクターパパ)。
エレンの「誰か助けて!」にも泣くし、そのあと火傷でもしたのか肩を庇って出てくる子ビクターにも泣く。
あそこはやばい。

子ビクターがジュリアと引き剥がされるのを見てるときのルンゲの表情が好きすぎる。
最初は「よかったですね」って微笑んでたのに引き離されて愕然としてて、痛ましい表情になって手を差し出す。
しかも歩きながら肩を抱く。
最高オブ最高。
子ビクターの肩を抱いていくルンゲがほんと優しくてだな。

子ビクターが犬を甦らせたの、何となくだけどエレンは何をしたのか具体的には知らない印象。
ルンゲは日によって実験に付き合った日と事件が起こってから初めて知った日とある感じ。
でも実験を手伝っていた率高そう。


エレンと話すアンリの言葉を聞いてるルンゲ、今日は「彼には夢がある」のあたりで聞き入ってるようで賛同してる感じで、「正直これが正しいかわからない」で少しうつむいて「…でも、私は坊っちゃんを信じます」って言い聞かせてるようだった。


酒場。
「坊っちゃん! 手に入れましたよ!」
「「出た、ルンゲだー!」」
「わー!(万歳) 聞いてください! 坊っちゃん、手に入れましたよ!」
酔っぱらい主人にとりあえず付き合ってあげる執事可愛い。

「ルンゲ、お前はいいやつだ」でぽんと胸をたたいてそのまま通り過ぎ、たのに戻った来た坊っちゃん、「これが欲しいんだろ」とぶちゅーして、見送ったルンゲ「当たり!(*´∇`*)」
「これが欲しいんだろ」はスリルミーの台詞なんだとか。
なんてことを。
かっきー坊っちゃんは、ルンゲにちゅーするときにまず首の後ろを掴んで引き寄せるのでほんとずるい。
坊っちゃんのことが好きすぎてちゅーされたらふわふわお花飛ばして喜んでる執事まじ可愛い。

アンリはエアキスのとき小声で「あげる」って言ってなかった?
「あげる♡」って言ってたよね。
あれ甘く言ってるけど「(ここの勘定の請求書)あげる♡」って意味だよね(笑)
ひどい男だ小西アンリ。
アンリに「ルンゲ、ちょっとこい」って呼ばれて「ん?」って首かしげながらとてとて寄ってくルンゲはなんかこう、「ほんと気を付けて。まじで男は狼だからね…(主に財布が)狙われるよ…」って思う(笑)
危機感をもて!

個人的に、「奢る!」っていったとき酒場の人にキスされかけたらのけぞってるくせに、ルンゲにはノリノリでキスしてく小西アンリに盛大にツッコミをいれたくなります(笑)

かっきー坊っちゃんは「これが欲しいんだろ」って確信犯でルンゲに御褒美あげるし、小西アンリだと「俺も混ぜてー」って感じで乗っかってくるので、見てる方は「あらあらまぁまぁ(やめてあげてルンゲさん死んじゃうw)」って感じなんだけど肝心のルンゲさんが喜ぶので「好きにしなよ!」ってなる。

「いいやつー」「いいやつー」とアンサンブルさんに囃し立てられ、自分も「いいやつー」とコップに向かって話すルンゲ。
それアンソニー(笑)
女性(江見さん?)にもたれてお酒飲んでるルンゲとか、会計で一度は逃げ切れたと思って、先の女性と手を打ち合わせてたりするルンゲすごい可愛い。
今日はそんなに女の子にでれでれしてる感はなかった。
むしろ坊っちゃんのちゅーにふわふわしてた。


酒場のアンリにお熱な木村さん、アンリが殺人者と知ったときの愕然とした表情とそこからの手のひら返し最高でしたわ…ああいう芝居大好き。
うっかりルンゲの登場を見損ねるくらいよかった(笑)


「石で殴ったんです」のときに、低音になってた。
まさかあんな歌で変化つけてくるとは思いませんでしたよ…
アンリの「逃げろ、ビクター連れて」を聞いてるルンゲがアンリの言葉を思い出しながら罪悪感に苛まれてる顔をしていてほんとよかった。
その表情を見たくて来たのよ。
泣き出す寸前みたいな。


今日のエレンは、ビクターのことを本当には理解してない感すごいあった。
愛情はあるけど、弟が何してるのかもわかってない。
エレンの「おじさまに言えば死刑を免れさせてくれるかもしれない」に頷くルンゲ。
そのあとの「まさか、アンリの首がほしいの」に恐ろしいものを見るようにぎょっとしてた。
でも最終的には信じようと決意してた。
ルンゲが信じたのは、アンリの首を使ったりはしないビクターだったのかも。
人としての一線は保ってくれると信じてたのかも。


かっきー坊っちゃんは実験室での笑い方が怖いので、ルンゲは怪物だけでなく坊っちゃんのことも心配してそうで、気苦労多いなこの人…ってなる。

かっきー坊っちゃんの腕に倒れこんだあと、ずるずる落ちていきながら坊っちゃん見上げるルンゲ愛しいし、傷とか体とかでなくルンゲの顔に手をかけてひたすらルンゲの顔見てる坊っちゃんも愛しいし、死んだあとも頭をゴンって落とさないでゆっくり横たえてくれるのもありがたい。
坊っちゃん、丁寧にルンゲの頭を床に置くよね。
まぁ中身は生きてるわけだから乱雑に扱えないんだろうけど、それ差し引いても嬉しい。

怪物が甦ったときには完全にいっちゃってるのに、ルンゲが死ぬときの「しっかりしろ!」は正気に戻ってる感あって、ここが切り替わりのポイントなんだなって感じがはっきりする。
で、正気に戻った頭で現状認識→アンリじゃない、みたいな。



怪物が「俺の最初の記憶は首を絞められたこと」って言ってるときに「ジバニャンか…」ってなったけどたぶん違う。
(妖怪ウォッチの。元飼い主に「車に跳ねられて死ぬなんてダサ」と言われて妖怪化したけど、実は悲しみから来た言葉だったっていう)


イゴールの靴どうしたんですか、壊れたんですか。
靴壊したのか、黒いバンドで止めてあった。
昨日の昼は大丈夫だったのに。
先日のブログで底が剥がれかけてるなと思ってたら今日になってのバンド。
あのタイプは縫わずに張り合わせてると思うから、修復…できるのかなぁ。
大阪でどうなってるか気になる。

イゴールの真っ黒唇ヤバイ。
昨日イゴールの真っ黒唇可愛いっていってたら壮麻さんがブログに接写アップしてくれたのまじなんなのあの神ってなる。
壮麻さんて、かつらじゃない自前の髪だとだいたい公演の間に2回くらいは髪型変わるけど、ルンゲはかつらだしイゴールもあれだからそういうことはないね…と安心してたらイゴールのメイクが変わるとかいう不意討ちずるい(笑)
結局、週替わりくらいで変わってなかった?


イゴールの動きについては、ダンスに詳しい人に毎回レポしてほしい(笑)
私、そっちの知識弱いから、系統立って動きを覚えらんない。
すごく悔しい。

今日はエヴァの邪魔特にはしないで踊ってたのに(ボレロ?スクエア?のあと膝に手乗せて交差させるやつ)、エヴァに横腹から蹴られてて、老体にやめてあげてwwwwwwwってなった。
でも蹴られてもめげずに続けるイゴールさん。
それとどこかで今日足あげしてた、けど、直角より少し上までしか上がらないのは服のせいだろうな…(笑)
でも可愛かった。
あと、上のほうで試合見てるときにもすごい可愛いポーズしてた…可愛いのはいつもだけど。
とにかく可愛かった。


フェルナンドとジャックのやり取り。
「最近不景気で…」
「それは誰の真似だぁ!」
「おとなの事情で言えないんです…」
「今日だけは許してやる、言え!」
「…日本の、俳優です…」
「ひ、がつくやつかぁ!」
「そうです…」
「なんだとぉ!!!!!」
ここで怒り出すフェルナンド意味わからな過ぎておかしい。

エヴァとジャック。
「(両膝ついて水をかける仕草)きゃっ! もうやめてよぉ、今日水着もってきてないんだからぁ! …あいつ最近思春期なn…」
「(ばしっ!)」
「いたい! セリフ最後まで言わせて!」
「ほんとさ、夫として役立たずなんだからさぁ、商品の管理くらいちゃんとしてください。お願いしますよ」
そのあとのセリフを噛んだみたいになっちゃったエヴァに対してジャックが「自業自得」(笑)
横で見てるイゴールさんは相変わらずのイゴールさんでした。

ジャックに二度目に「イゴール!」って呼ばれたあと、「しょーがないなー…はいっ!」って感じでジャックの隣にしゅたっと来るイゴール可愛い。


昨日は焼きごて出してきたときに焼きごてを舐めるような仕草してたイゴールが、今日はやったあと舐め回すような仕草してて、どっちにしても舌火傷するから!!!って心配になる(笑)
手元はいいけど、先の方危険だから!
先っぽ舐めちゃダメ!

手下たちが怪物いじめてるとき、「きゃっ!」って感じで手で顔を覆った後泣くマイムしてるの可愛い。
怪物いじめのあとジャックに呼ばれて近寄ったら怪物の足につまずくイゴール可愛かった。

「イゴール、御褒美にこのステッキあげるから、なんか一発芸やって」
「……(ステッキを地面にたててステップ踏みつつその周りを回る)」
「俺より滑ってるwwwwwww」
ジャックお前のせいだろ。
イゴールへの無茶ぶりは、やめたげてよ、あのひとアドリブには強いけど無茶ぶりには弱いんだからーって私が心の中で悲鳴あげてた。
(訳:けしからんもっとやれ)



カトリーヌにぺっしたあとのイゴールのすごい悪い笑み好きだよう!
凶悪な顔してたよう!


怪物がチューバヤにやられるときに、今日も鉾の隙間から見ててなんだあの可愛い生き物って。
イゴールは壮麻さんがアンサンブルさんと絡む数少ないシーンのひとつだから楽しい。



2幕の回想で「急がないと汽車の時間に間に合いません(曖昧)」って声かけるルンゲが、にこってしてて、ちょっとおどけたような表情で、なるべく深刻にならないように、坊っちゃんの気持ちを少しでも和らげようとしてるように見えて、「ルンゲお前ってやつはこんなときまで…(;_;)」ってなった。
ルンゲの「恋に落ちてしまいます」もこの系統なんだろうなぁ。



カテコでかっきーが「半分くらいインフルだった」って言ったとき「そんなに?!」って目見開いてた壮麻さん可愛かったです。

壮麻さん満額回答ですか。
カレーだした上に替え歌まで披露!
元歌は「殺人者」のルンゲパートより。

素敵な舞台になること
目指してお稽古してました
インフルエンザ ぎっくり腰 年末年始
乗り越えてきたのです
(拍手抑えて)
キャストと オーケストラと スタッフと
お客様が一つになれたのです

しかし、今日の葬儀屋のいきさつ話してるとこの歌もとても素晴らしい名演だったのに、その裏ではこんな可愛い替え歌作ってたなんて(笑)
ありがとうございます、今日の壮麻さんはお客さんの期待全部に満額回答して、さらにボーナスまでつけてくれました。
今日の壮麻さんは全方面にデレてくれてて、そこまでサービスしなくてもみんな生きていけますよありがとうございます!って感じで、うん、壮麻さんが人を楽しませたり喜ばせるの大好きなの知ってるけど、ねぇ、そんな、ほんと、嬉しい…大好き…ってなる。
ほんと、すごい人。

あと、かっきーに紹介されて「坊ちゃん、ありがとうございます。鈴木壮麻でございます」ってまだルンゲが抜けない挨拶してた(笑)
いつもだと「すずきそーまですっ!」みたいな言い方なのに。
替え歌したあと手をくるくるさせる貴族風のお辞儀をしてくれたのすごい嬉しかった。
あれをあんなに優美に優雅に美しくできる日本人俳優はそうそういないと思う。

しょっぱなが壮麻さんの替え歌で、かっきーが「すごすぎて何も言えない」(笑)
この次の相島さんが「ハードル高い!」ってなってた(笑)
そして自分の出番が終わって楽屋に帰ったら向かいの壮麻さんの楽屋からこれを練習してるのが聞こえた、と暴露を。
舞台の下手から上手へ移動して後ろから相島さんをくすぐる壮麻さん。
後ろからくすぐってきたあと「しー!」ってしてる壮麻さん可愛すぎた。
あと、音月さんとか柿澤さんとかに「近い!」って言われてから帰っていった。
カテコ中にあんなに移動するキャストほかにいないよ(笑) 
フリーダムすぎて楽しい。

濱めぐさんが「再演してほしい」って言ってる横で壮麻さんは何やってたの? 
「しー」ってしてたの? 
それとも忍者ポーズ? 
それともお願いポーズ?

音月さんの「ニューヨーク、ロンドン公演」発言に、あれなんていうんだろ、モンローポーズ? 両手を下に下ろして手だけ床と水平に曲げて、片足ちょっと上げる。そのポーズで「やったぁ!」ってやってた壮麻さんが可愛かったです。

小西さんの「がお」に膝から崩れて笑ってる壮麻さんも楽しかったです。

かっきーが怪我の話してるときに体の前で組んだ手をしきりににぎにぎしていた壮麻さん。
すごい真剣な表情で柿澤さん見ながら。
なにか思うところあったのかな。

あと、カテコの合間に何度か子ビクターくんと目を合わせてたのもすごい可愛かった。
出てくるときも二人で手を繋いでて、なんかぴょんぴょんしながら出てくるの。
二度ほどやっててほんと可愛かったです。
そして、いちいち共演者や客席に向けて首をこてんと倒してく壮麻さん可愛すぎる。


何回目かのカテコでチューバヤな後藤さんが子ジュリアを肩に乗せてきたの、お嬢様と野獣感あってすごいよかった。

カテコラストのビクターと怪物カテコのPPAP。
柿「地方で待ってるよ!(前半が拍手でかき消されてる)(拍手やみ)…どうしよう」
小「あれやれば。今流行ってるやつ」
柿「…I have a アンリ・デュプレの首、I have a ビクター・フランケンシュタイン。Ah! 怪物くん!」
(拍手)
柿「さっきこれだけの笑いほしかったよ!」
小「(笑) 地方で待ってるよ」
なんだあのコントって感じで、博士と怪物っていう漫才コンビ組めばいいよって思った。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター