義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ミュージカル「フランケンシュタイン」


◇時間:
12:00

◇会場:
日生劇場

◇キャスト:
ビクター/ジャック:柿澤勇人
アンリ/怪物:小西遼生

ジュリア/カトリーヌ:音月桂
ルンゲ/イゴール:鈴木壮麻
ステファン/フェルナンド:相島一之
エレン/エヴァ:濱田めぐみ

朝隈 濯朗
新井 俊一
後藤 晋彦
佐々木 崇
当銀 大輔
遠山 裕介
原 慎一郎
丸山 泰右
安福 毅
彩橋みゆ
江見 ひかる
可知 寛子
木村 晶子
栗山 絵美
谷口あかり
原 宏美
福田えり
山田裕美子

リトル・ビクター:石橋陽彩
リトル・ジュリア:齋藤さくら

◇スタッフ:
音楽:イ・ソンジュン 
脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
オリジナル・プロダクション:ワン・ヨンボム プロダクション
初演製作:忠武アートセンター

潤色/演出:板垣恭一
訳詞:森雪之丞 
音楽監督:島 健 
振付:森川次朗 / 黒田育世
美術:乘峯雅寛 
照明:高見和義 
音響:佐藤日出夫
衣裳:十川ヒロコ 
ヘアメイク:宮内宏明 
擬闘:渥美 博
歌唱指導:福井小百合 
指揮:八木淳太 
音楽コーディネイト:東宝ミュージック
舞台監督:廣田 進 
演出助手:長町多寿子
プロデューサー:篠﨑勇己(東宝)/森 博道(ホリプロ)

http://www.tohostage.com/frankenstein/


インフルで死んでました。
いや、元気は元気だったんだけど、医者にとめられてて(笑)
今年のインフルは猛威を振るいすぎだ。

てなわけで、ほんとは8回目くらいになるはずだった6回目。
お席はすごく近いところ。
なのに途中から我慢できなくてオペラグラス使いました、ごめんなさい。
だってルンゲの表情見たかったんだもの…

夜公演のチケットをとりたいと当日券並んでみましたが、キャンセル待ちが昼夜で合わせて10枚とかいう希少すぎて。
完売御礼もいいとこですよほんと。
こんな人気演目になってくれてうれしいです。

あ、そうそう、このブログは壮麻さんの感想9割で構成されてますので、そのへんお覚悟を。
ほんとに壮麻さんのことしか書いてないようなあれですからね。
これだけ読むと壮麻さん主役かよって思うくらいですからね。
別に主役だと思ってるわけじゃないけど壮麻さんばっかり見てるからそうなっちゃうんですよ仕方ないじゃないですか(笑)



「恋に落ちてしまいます」とかやってると坊っちゃんに無視されて「もっ!」ってあわあわして拗ねてる執事すごい可愛いからもっと見たい。
厨房についていきたい。
「ろーたいにむちうって!」って文句いってるルンゲ可愛い。


メニューはカニピラフ。
カニが続きますな。
ルンゲがかたくなに魚料理を作らないのは、坊っちゃんが魚を嫌いだからなんだろうか。
ルンゲがメニューいってくとこ、あっきー坊っちゃんは「ルンゲ!」って言うけどかっきーはガン無視してて、息子の部屋にお菓子持ってきた母親に「かーちゃんいいから出てけよ!」って感じだった(笑)


「質問ですか、めーれー、で、す、か(アンリの真似)」
「しばかれたいんですか、どうなんですか」
「友よ!(胸叩いて)って呼ばれたいです!」
「絶対やだ」
「ああっ!」
可愛い。

アンリ引き留めるときに全力疾走で追っかけてるのも可愛い。



無愛想過ぎる坊っちゃんのフォローでジュリアにもエレンにもアンリにもステファンにも全方位へ気を使うルンゲがほんと苦労の耐えない執事すぎて。
あの人でもああいうビクターの態度には慣れてて、よくあの手のフォローはしてるんだろうな。
今日、ビクターがあいさつもしないで行っちゃったとき、「ジュリアお嬢様」って呼び掛けたあと少し間があった気がしたの、なんだったんだろ。
もしかしてみんなの注意を坊っちゃんから自分に引き付けようとしてのタメだったのかしら。
(台詞を忘れたのかちょっと心配になったのは内緒)

「ドイツの女性は見た目よりおでぶちゃんだから、幻滅するなよ」って言ってた、珍しい。
後ろでルンゲがはらはらしてた(笑)
ビクターが誰かと話してるとだいたい気じゃないルンゲ。
問題発言多い主人持つと大変ね、って思う。
ドイツ女性のくだりの件で、坊っちゃんは多少の遊びを経験してそうだなと思ってるんだけど、ルンゲから「なにされても私はなにも言いませんけど、医者の息子としては病気もらってくるとか妊娠させちゃうのだけは気を付けてくださいね」「わーってるわーってる」みたいなのを想像してる。
あと、坊っちゃんのことは毎月か毎週の勢いでステファン(とジュリアとエレン)にレポートを提出してると思う。
挨拶しないビクターのくだりで、ルンゲがステファンに頭下げてくの、「申し訳ありません、私がついていながら」って見えた。教育もある程度任されてたのかな、って。


特に回想のルンゲが切なくてならない。

子ビクターに初めて会ったときの「わたしジュリアよ」を見てる微笑ましさと、引き離されたことへのぎょっとした表情、そこからの子ビクターの肩に手で軽く触れてから手を繋ぎ、さらに途中でまた肩を抱いてて、父性(母性?)の塊だったよルンゲ…

「腐敗死体にも応用可能」ってとこで涙腺崩壊してた。
そのあとのジュリアとの別れでこっそり鼻の下をぬぐうルンゲさん。
回想のルンゲはだいたい目を真っ赤にして泣いてるなと思ったけど、坊っちゃんに関してはあの人いつでも涙もろかった。

汽車乗るとき、ジュリアとエレンの別れの挨拶を見てるルンゲの目線がなぜか切なくて、彼女たちならもしかしたら坊っちゃんの悲しみを癒せるかもしれない人たちなのに、自分にはそれができない…みたいに見えて、それが今日のルンゲの切なさの原因かな…でも、階段で一度振り返るのがすごく優しくて。
汽車の振り返った表情の柔らかさといったら、ほんと。
ふわりと穏やかに、包み込むような慈愛の表情で、ああさすが元神の子…尊い…拝むわ…アーメン。って感じだった。
こないだ見たときはルンゲは聖から俗へちょっと傾いたなと思ったけど、今日のルンゲさんは卑俗さもありつつやっぱり聖だった。

回想のルンゲ、なんとなくビクターとの距離を感じた。
ジュリアやエレンのような位置にはいけない自分を自覚してる感じ。
坊っちゃんに欠けているものがあるのはわかってるのに、それを埋めることができない、立場すらない。
かっきーがルンゲに対して舌打ちで呼んだり命じたりしてるからかも。犬か。
ルンゲの切なさは、坊っちゃんを心から愛していて彼の幸せだけを心から願っているのに、坊っちゃんに本当に必要な心の隙間を自分は埋める立場になれない、家族でもなければ友ですらない、ただの使用人にすぎない、恋する相手にすらなれない、立ち位置の違いをわかりすぎてるがゆえの切なさかも。
どんなに尽くしても、本当に坊っちゃんのためになることはできなくて、もしかしたらそれができるかもしれないアンリのようになりたいのに、そう見てはもらえない。
でもすべては坊っちゃんに幸せになってほしい、ただそれだけが望みっていうのが伝わってきてほんと切ない。
「ああ、神でも悪魔でも誰でも構わない、あの人を救ってください。わたしのただ一人の愛しい主人を、あの高潔で悲しい魂を、癒えることのない苦しみから、どうか救いだしてください!」って祈ってそうな執事さんだった。
そのためなら悪魔に魂を売っても後悔しないだろうな、あの人は。
ルンゲ、坊っちゃんの家族にはもちろんなれず、友にもしてもらえず、あげく恋すらさせてもらえないとか考えたら切なくて切なくて。
ルンゲの行き場のない思いだけが降り積もっていくのに、それがどんなに重くても彼は笑顔にしてしまうとか。
なにそれやばい。

ルンゲは基本的に坊っちゃんに向ける眼差しも声もとても甘くて、回想だとその傾向がさらに強まるので、あの人が坊っちゃん大好きなのはみんなの中でも共通認識なんですね。



酒場で「これです、これ!」のときの、頭指差したあと「しーっ!」って人差し指を口に当てるルンゲの手が優美すぎた。
なんというか、壮麻さんの指先が顔とかのラインに沿って流れるときの動きってすごく綺麗。

ちゅーされるルンゲが自分から唇差し出してた。
どうした(笑)
唇突き出して「もう一回!」ってねだってた。
キスをねだるルンゲ新しい…(笑)
坊っちゃんからのキスは右頬、左頬、唇に複数回、8回くらいか。3回目あたりから唇突き出して、5回目あたりでやめかけたのを「もっと!」というようにさらに突き出し、「しょうがないな」って感じでさらにキス追加。
ちゅーされるときに自分から唇突き出すルンゲ、初めてじゃないかと思うんだけど、夜はどうだったんだろ。
唇を突き出して漫画みたいになってたのに、ちゃんとイケメンのままだったのずるいと思います(笑)
あと坊っちゃんは執事の首の後ろ引き寄せるのずるい。

あっきー坊っちゃんからのちゅーは「ほんとありがとう!」って感じなのに、かっきー坊っちゃんは、「こいつ俺を好きだもんなー」って感じもあるように見えて、恋心(笑)弄ばれてる感もないことはないけど、同時に「こんなに喜んで可愛いなー」感もあるので、もういいよ勝手に幸せになってろよ…(笑)
自分からちゅーをねだるルンゲが「もっと!もっとください!ご主人!」ってしっぽパタパタ振ってるワンコに見えるし、それに苦笑しながらもキスしてやる坊っちゃんが「あーうちの犬可愛い」ってなってる親バカに見えてきたのでちょっとそろそろ脳を診てもらった方がいい気がする。
でもかっきー坊っちゃんは、ルンゲのこと可愛いと思ってそうな気はした。
あと小西アンリも「あいつらのやり取り癒される」って思ってそうで。

アンリは両頬のあと鼻先にひとつ、上唇を食むようにちゅ。
小西アンリのルンゲへの鼻キス、実は一度誰か壮麻さんにやらないかしらと思ってたのてとても嬉しい。
あの人の鼻にはキスすべきだと思うんだ!
もし今度誰か壮麻さんにキスするなら、鼻と鼻をくっつけてからのキスもやりませんか。てゆか鼻キスしませんか。壮麻さんの鼻は鼻キスするためにあると思うのです。
そしてそのあと鼻がつぶれるくらいのキスをですね…(笑)
もうなんか男女どっちでもいいや。
アンリ→ルンゲのキス、離れた瞬間壮麻さんの上唇がぷるってしてたから触れてはいたと思う(3列目でオペラグラス使ってたやつ)

EotR見てた人間としては、あっちでホモフォビュアに苦しむ壮麻さんをさんざん見てきたのに、こっちではその同じ相手と軽率にキスしてるからなんなんだよこれってなる(笑)

ビクターにキスされたあとは夢見心地っぽいルンゲが、アンリにキスされたあとは「あざーっす!」みたいな体育会系に見えるのなんでだろう(笑)
あと、今日確か一杯しか飲んでなかった…はず(笑)

勘定押し付けられるとこも可愛かったよルンゲ。
今日は万歳とかはなかったけどなんか変なことはしていた(なげやりな感想)
だから壮麻さん、アドリブも本気の芝居も変化が大きすぎて頭がついていかないよ!!!!!
壮麻さん、3日に一回くらいは見ないと全部についていけない。今日声出して笑っちゃったとこたくさんあったのに。

勘定を要求するマスターが、逃げ回るルンゲを先回りして階段で待ち構えてるのがすごいどや顔で楽しい。
お金の袋を手渡す直前に、袋にちゅってするルンゲ。
そりゃ惜しいよね(笑)

酒場で、木村さんだと思うけど、アンリに酒瓶渡して「ああん、いい男!」ってなったあとなにかとアンリに絡んでる女性アンサンブルさんが、曲が終わるあたりではもうほぼ完全にアンリに落ちてるっぽいのに、そのあとのアンリ非難するとこで責め立ててるのとてもつらく悲しい、と今日初めて思った。


葬儀屋の一件を歌うルンゲ、今日とても丁寧に歌ってるなという印象。
言葉の一つ一つをきちんと客席に届けることを意識して、そこに感情を乗せて。
当たり前のことではあるけど、ああいう説明の歌でありながらもドラマチックにできるのはやはり実力だなと思う。

今日のルンゲ、アンリを見捨てたことの罪悪感もないわけじゃないんだけど、それよりも坊っちゃんのためになるようにしなきゃ、って感じがして、ルンゲにとってはアンリは最終的には(心の痛みを感じながらも)切り捨てることができる存在だったんだなって思った。

「ジュリアお嬢様と私は、なにがあっても坊っちゃんの味方です」のときに、頬を涙が伝うルンゲ。
綺麗な涙だった。


かっきー坊っちゃんはルンゲに対していちいち舌を鳴らしてから呼ぶから犬扱いかよ!ってなる。
最初のときもだし、「コートをとってくれ」のときもやってた。
犬かよ!
でも、「ルンゲ、しっかりしろ!」ではじめて人として見てもらえた感じがした。
よかったねルンゲ。
ビクターがルンゲに「コートをとってくれ」っていうときの「ちょちょちょ」って舌打ちほんと犬扱いすぎるし、言われて心配はありながらもコートとるルンゲさんほんと好き。

怪物に殴りかかるの、こないだの小西さんの時はちょっと躊躇いがあったというかギリギリまで迷った感があったけど、今日は結構早く「この怪物め!」ってなってて、ルンゲさん思いきり早い。

ビクターは、ずっと「死者を甦らせる」という夢(狂気)の中にいて、ルンゲはその夢でも、もしくは現実で普通に結婚するとかでもいいからとにかくビクターに幸せになってほしかった。
それまで犬扱いだったルンゲの死でビクターは夢から覚めた。
彼のなかでルンゲは人になり、ビクターは普通の幸せを得た。
だから、2幕の怪物が出てくるまではビクターの目覚めたあとの現実に生きる姿。
ルンゲは死ぬことで、ビクターが一時的ではあれ満たされた時を手に入れるきっかけになれた。
でもそれは怪物の姿になった悪夢によってうち壊される。
っていうふうに感じた今日のマチネ。

「サンセット大通り」ではジョーの死とマックスの最後の一押しのせいでノーマは幸福な狂気の夢の中に飛び込んでいったわけだけど、ビクターがアンリの死によって同じように狂気の夢に落ち込もうとしているそのぎりぎりで、ルンゲは現実の立場に立つの、ほんとに同じ執事でありながら対比的で面白い。
ルンゲからビクターへの愛情は限りないアガペーなんだけど、ルンゲからの一方通行すぎて、アガペーってそんなもんだけどさ、ってなる。
あの人愛を返されることを期待してない。
奉仕することが当然で、見返りがあると思ってない。
切ない。
もうちょっと見返りを求め…あ、でもキスは求めてた(笑)
ルンゲが執事の一線を絶対に踏み越えないのは、家系的な教育の成果でもあるんだろうな。
使用人の心得を叩き込まれて育ってる。

ルンゲがビクター・フランケンシュタインの犬ってよりは坊っちゃんのわんこすぎて可愛い。
イゴールは猫。
自分に都合のいい間はジャックやエヴァのいうこともきいてあげるけど、都合悪くなったら簡単に彼らも切りそうなドライさがあった。


イゴールはアイドル(確信)
彼に関してはすべてが可愛いので私の脳は記憶することを放棄しました。
あれは可愛いの暴力です。
終始可愛くて私にはあれを正確に伝える語彙力も表現力も記憶力も持ち合わせていません。

イゴールの唇のメイク変わったよね。
真っ黒。
真っ黒唇可愛いよーなんであんな真っ黒なんだよー
あと、首も白くしてないし、かつら(?)の下の方が浮いてて髪がちらっと見えてた。
あれうっかりってよりもわざと下に普通の人間の姿があるキャラクターって感じになってるのかなって。
仮面をとったあとのイゴールもいるんだよっていう。
それとイゴールのかつら、結構細かい傷ある。

大して邪魔してないのにエヴァ様に背中蹴られるイゴール。

曲終わりで後ろの方にいなきゃいけないイゴールが、今日ちょっと遅かったのか、闘技場のジャックの手下さんに鉾をとってもらってた。
なんか普通にイゴールがあの闘技場に存在してるのねぇ、って。

イゴールがねぇ、いままでになく自由だった。
ジャックに呼ばれたときも直立になってなくて「なんか用~?」みたいな感じで近寄ってきてて、ジャックからもエヴァからも自由なイメージ。
従いたくないときは従わない、でも基本的に性質が似てるから手伝ってやってもいいけどさ、みたいな。


「三ヶ月も利子の支払いが滞ってる」ってフェルナンドが言ってるときに、ひょこひょこ戻ってきて「さんかげつ!?」みたいに左手口に当てて右手で3作ってるイゴール可愛すぎた。
萌え袖。
相島さんはステファンだと遊べないけどフェルナンドだとかなり遊ぶ。
今さらの感想。

「最近あいつ思春期なんだー」でゴルフの真似するジャックに「おーナイスショットー」と称賛はしてくれるイゴール。
いいやつ←


怪物いじめの時。
「こいつ」
「壊れてる!」
「だから」
「へんぴんさせろー」
は遊ばないのね。

小西怪物はお達者だったらしい。
…達者ってか股間押し付けてただけじゃ…
あと、EotRではやってもらうほうだったのに、とも思った(笑)

「乗ってく?」と訊かれて疑り深そうにしばしジャック見たあと後ろに乗ろうとしたら「やっぱやめた」とされて、強引に後ろに乗っかってパカラッ!って帰ってってて、ジャックに「やめてーせくはら~」って言われてた(笑)
ジャックお前が悪い。


怪物がチューバヤに負けたとき、鉾の隙間から見てるイゴールめっちゃ可愛かったけどなんなんあれ。
それ全然顔隠れてないよ!


カトリーヌがエヴァにいたぶられてるとき、それを見ながら最後あたりで舌なめずりしてるイゴール。
とてもたちが悪い。


もし仮に後ろに手が回ったら、「俺の素顔知ってるのお前らだけだからさ、悪いけど死んでよ」ってへらっと笑いながらジャックたちを刺しちゃえそうな怖さがイゴールにはある。

イゴールのあり方は、ただの道化師を越えて、かつての宮廷道化師とか、シェークスピアが描いたような道化の域にまで行ってると思う。
どこまでも誰よりも自由で、自分を含めた全員を客観的に見ている。
しゃべらないからそう見えるだけかもしれないけど。



アンサンブルさんと言えば、ジュリア警護の傭兵さんたちで、十字架構えた丸眼鏡の学生みたいな人は新井さんかな?
一人だけ武力にならなそうな感じがいい(笑)


小西怪物は、ビクターを殺さないんじゃなくて殺せなくなってしまったように見えた。
エレンを殺せなかった(だから気絶だけにした)あたりからアンリの感情が甦ってきていて、でも記憶はなくて、ついには見知らぬ子供も殺せなくなって、いま俺はビクターと対峙してもあいつを殺せない、と悟ったような。
ビクターが怪物を撃った瞬間に、なぜだか「よかったよ、創造主。あんたは俺の思った通りの男だった」って思ってそうに見えた。
あと、ビクターが自分の頭を銃に押し付けたとき、「俺は初めていまあんたがどんな人間か知った」って思ってるように見えて。
それまでは文章やイメージでしか知らなかった相手の生身を知った、みたいな。


怪物が創造主に復讐したように、ビクターも創造主(神)に復讐しそうに見えてならない。
あのかっきービクターは終演後に神に戦いを挑んで世界を滅ぼす悪の科学者になりそうで心配。
それでしか心の均衡を取り戻せなそうで。
でも、アンリとかルンゲの生まれ代わりみたいな子と出会ったなら変われそうな。
ルンゲの場合は子供でなく犬でも可(ひどい)
なんなら北極で見つけたアザラシかシロクマの子でもいいよ。
餌にしようとしたけど無垢に見つめられて殺せなくな…いやかっきービクターなら殺せるか。

賛同者いないの覚悟で言うけど、今日かっきー見ててたまに鹿賀さんを思い出すなぁと思ってた。
角度によるんだろうけど。
下から見上げたとき。
目元が。
日生だからかもしれない。


カテコの二回目で壮麻さんが子役ちゃんの手を引いてきてて、よくやったルンゲ!てゆか壮麻さんと子役ちゃんのツーショ!って、よくわからんとこで受かれてた。
壮麻さん、子供にほんと優しいから見てて癒される。


あと、余計なお世話かもだけど、壮麻さんお肌がお疲れのようなので、できれば早めに帰ってしっかり休んでください。
次のお仕事がすぐ控えてるのはわかるけど、体ももう少し大事にしてください。
と、思ってしまった。
いやまぁ、ルンゲだしあのくらいでもいいんだろうけど。
でも、今日壮麻さんお疲れかなって思ったよ。
たまに台詞回し怪しかったし。
肌の色つやもいつもより沈んだ印象だったし。
「コメディトゥナイト」のお稽古しながらだし、今度のはドタバタ立ち回りなんかもありそうで、きっと大変よねぇ。
無理はしないでほしいわ。


スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター