義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ミュージカル「フランケンシュタイン」



◇時間:
18:00

◇会場:
日生劇場

◇キャスト:
ビクター/ジャック:中川晃教
アンリ/怪物:小西遼生

ジュリア/カトリーヌ:音月桂
ルンゲ/イゴール:鈴木壮麻
ステファン/フェルナンド:相島一之
エレン/エヴァ:濱田めぐみ

朝隈 濯朗
新井 俊一
後藤 晋彦
佐々木 崇
当銀 大輔
遠山 裕介
原 慎一郎
丸山 泰右
安福 毅
彩橋みゆ
江見 ひかる
可知 寛子
木村 晶子
栗山 絵美
谷口あかり
原 宏美
福田えり
山田裕美子

リトル・ビクター:石橋陽彩
リトル・ジュリア:齋藤さくら

◇スタッフ:
音楽:イ・ソンジュン 
脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
オリジナル・プロダクション:ワン・ヨンボム プロダクション
初演製作:忠武アートセンター

潤色/演出:板垣恭一
訳詞:森雪之丞 
音楽監督:島 健 
振付:森川次朗 / 黒田育世
美術:乘峯雅寛 
照明:高見和義 
音響:佐藤日出夫
衣裳:十川ヒロコ 
ヘアメイク:宮内宏明 
擬闘:渥美 博
歌唱指導:福井小百合 
指揮:八木淳太 
音楽コーディネイト:東宝ミュージック
舞台監督:廣田 進 
演出助手:長町多寿子
プロデューサー:篠﨑勇己(東宝)/森 博道(ホリプロ)

http://www.tohostage.com/frankenstein/

5回目。
1週間ほど行けなかったんですが、その間にも変化してるんですねぇ舞台って…
ルンゲさんの歌に泣くとは思わなかった。
今回は2階の上手から。


ルンゲの愛情がアガペーすぎて泣く。
あっきー坊っちゃんの「情熱溢れる若き天才科学者」感よかったなー。

ごはんはメンチカツ。
こないだ見たときはコロッケで、今日がメンチカツ。
なぜか揚げ物が多い(笑)
坊ちゃんが何か言いかけてるのを遮って「メンチカツ♡」なのが可愛い。

お昼にはニンジンスープだったそうで、急にどうしたの、もしかしてお肉ばっかりだとか坊ちゃんは肉食系男子だとか、ニンジン嫌いの坊ちゃん(勝手に決めつけてる)のためにみじん切りしてハンバーグつくってる話で盛り上がってたの見られたの、とか思っちゃった(笑)

ウェリントンに生意気な口聞く坊っちゃんをはらはらしてるとこすごい好き。
「ああ、そんな言い方したら…!」みたいに「抑えて」みたいな動きしてるの。
今日は将軍に敬礼しなかったね、ルンゲ。
どうしたのかしら。
気もそぞろな感じがした。
戦争が終わるというのがあまり喜ばしく聞こえなかったのかな、坊っちゃんのために。

客席が距離があったせいなのか、「私は20年もお仕えしてるのに」がちょっと拗ねて見えた。
なにあれ可愛い。
でもアンリを妬んではいない。
「私だって坊っちゃんと仲良くなりたいです!」「…なればいいじゃないか」みたいな(笑)

「命令ですか」で後ろ手を組み胸を張るルンゲ、「命令、ですよね!」
「命令、ですよねっ!」っていうときにアンリを見て言ってた。
見送るアンリがちょっと笑ってて、暗いとこに小さな笑いを運んでくれるルンゲって光だなぁって思ってた。


ジュネーブに帰ってきたときのルンゲの表情の変遷すごい好き。
「ご主人様、坊っちゃんが戻られました(使用人としての上品な笑顔)」
→ビクター無視
→さっと青ざめて「坊っちゃん!」とかけよりかけ、すぐに笑顔を浮かべてジュリアに挨拶、流れでアンリを紹介して空気を変える
→アンリたちが挨拶してる間後ろで深刻な顔
→鍵を持った坊っちゃんスタスタ
→ステファンの怒りに青ざめつつ、アンリに「気にしないで」ととりなす
→ウォルター
→なるべく表情消す
→出ていく坊っちゃん
→青ざめながらもステファンに謝りアンリ促し、もう一度ステファン振り返る。
この涙ぐましいフォローよ…

ウォルターは来週だか来月だかに留学するんだよね。
来週って聞こえた気がするけど、それだと裁判までが一週間ほどしかないってこと?
「ドイツ女は見た目より太ってるから」に起こる客席の笑い。
留学中に女遊びを覚えた坊っちゃんを心配してはらはらしてるけど、口は出すなと言われるし、かといってステファンはともかくジュリアやエレンにへ知らせられないしと気を揉んでるルンゲが、坊っちゃんの誕生日のお祝いを用意してるのに本人は忘れて女の子のとこいってしょんもりしてる執事が見たい。


エレンが城に訪ねてきたとき、アンリが出てきて怯えを見せる姉さんすごい好きです。
あの人、過去の出来事のせいもあってずっと閉じ籠ってるのかな、それエルサじゃん。
ゆきだるまつくろー!
いや、エレンには魔法の力はないけど、周囲からはビクターと同類とみられてるんだし。

今日はビクターのパパに泣いた。
城が焼け落ちるときに、息子を助けるために城を囲む人たちを「どけっ!」ってかき分けて中に入っていくとこ。
不器用にしか息子を愛せなかったパパが、そのあとルンゲの姿で戻ってきたような気すらした。

そのルンゲは、子ジュリアが子ビクターに挨拶するのを、微笑ましくみてるのに、ステファンに引き離されて表情固まってた。
そっからあとはもう坊っちゃんをものすごく大事に思ってた。
子どもの挨拶見てるときの表情、すごくよかった。
もちろんそのあとの、ビクターに手を差し出すところも。
気遣いが溢れていた。

犬を生き返らせたとこで「ただ坊っちゃまは、お嬢様のために」って言ってて、もしかして「坊っちゃん」ではなく「坊っちゃま」と呼んだの初めて聞いたんじゃないかしら、と。
もしかしたら聞き違いかもだけど。
それにしてもこのときのルンゲの号泣すごい…ほんとすごい。
ビクターかばってるときのルンゲもほんと…触り方が壊れやすい宝物に対する繊細で柔らかな触れ方で、叩かれた頬だけじゃなくて倒れたことで体のどこかを怪我してないかもきちんとチェックしてて、坊ちゃんを愛しくてたまらないのが伝わってくるからずるい。

子ビクターの前に立って階段上るルンゲが、一旦踊り場で立ち止まって振り返るの、笑顔とかではないんだけど全身でビクターを案じてるのがわかった。
ただ振り返るという動作に、深い思いを込められる人だなぁ。


あと、今日のエレンとアンリのシーンで「お前らさっさと付き合え」と思いましたまる!
アンリ×エレン、ビクター×ジュリアで結婚式挙げることになったら、ルンゲとビクターが二人して号泣してそう。
んでエレンに「なんて顔してるの。あなただって今日の主役じゃない」って涙を拭かれる坊っちゃん。
てゆか壮麻さんこのひとつ前は結婚の神やってたんだからこっちで二組の結婚式もお祝いできるよ!(笑)

「銃を、取ってきましょう、はい!」っていってわたわたして取りに行くのすごい好き。
あの人の戦闘力の低さすごい好き。
カンスト9999の戦闘力で5くらいな感じ(赤ん坊が1)。
その後姿を見送る小西アンリがふっと微笑んでて、ルンゲさんって癒しですよねわかるわかる、って(笑)

アンリの話しているのを途中から聞いているルンゲ、今日は「正直これが正しいのかわからない」っていうとこで同意しているように見えて、アンリと同じ気持ちなのかな、と。
研究に対するスタンスは、坊ちゃんよりもアンリに近いんだろうな。
でも夢を見つめてまっすぐに進む坊ちゃんだから、彼を信じてついていこうと思っているのかな。
一抹の不安は心の奥底に隠しつつ。
でも時々その不安が、例えば蘇った犬の記憶とかでふっと浮かび上がってきて、そのたびにそれを否定するルンゲとか、きっといるんだろうな。

「嵐になります」ってコートの裾を翻していくルンゲがやたらかっこいいですせんせー。


酒場で女の子の上を通ってく時、アンリ、股間触られてた?
あと、アンリや酒場のアンサンブルさんのラッキースケベがようやく見れた(笑)

「これです、こ、れ!」って左手で頭指差しながら右手で人差し指口に当てて「しー」ってしてるの可愛かった。
ちゃんと秘密も守れる、できる執事。

キスは坊っちゃんが6回、アンリがエアキスを3回ほど。
坊っちゃんの高速キスはいつも通りだったけど、アンリ…お前…ルンゲの頬に手をかけて徐々に近づきながら「ルンゲ、お前は、本当に…本当に…(ちゅちゅちゅ!)いいやつだ!」「ありがとうございます!いいやつ万歳!」
鼻と鼻がくっつく位置だった。
近いよアンリ!
それなのにルンゲお前キスされかけたと思ってないだろ。
アンリに唇奪われかけたのにきょとんとしてるルンゲに「お前は危機感を持て!」とつい言いたくなった。

坊っちゃんにちゅーされてカップ受け取り、流れでアンリからもカップをもらって、二つを抱えたまま腰かけてそこにいた女の子と乾杯して二杯とも飲み干してた。
乾杯したあと「幸せー!」とかも言ってたわ、ルンゲ。
その後アンリに呼ばれてエアキス。
「いいやつばんざーい!」と女の子と盛り上がってたら請求書だされて「なに? なんですかこの額! なんでこんな高いんですか! 知らなーい!」と逃げ出すのが最高に可愛い。
あと、今日は乾杯した女の子にちょっとだけかくまってもらってた。
すぐに見つかってたけど。
こやつモテるな…(笑)
女の子にモテるのにまったく気づいてないっぽいルンゲ愛しい。


え…ルンゲ…え…なに、あの歌…「殺したウォルターの首」からのすさまじさ…一週間前と全然違う…なんなのあの迫力。
なんかもうすごすぎて言葉にできない。
ここから裁判までの緊張感半端なかった。
ルンゲに始まって全員がすごくよかった。
あんなに緊迫感あって盛り上がるシーンになるなんて。

「逃げろビクター連れて。すべて僕がやったことにして」を聞いてから逃げたってことは、ああなるのわかってて逃げたのかルンゲ。
そりゃ転げ回りたい思いだろうさ!
後悔と懊悩と煩悶で死にそうになってのたうち回りたいだろうに!


ビクターがエレンから「まさかアンリの首を…」って言われてる辺りで、坊っちゃんを見上げるルンゲの目に恐れのようなものがあった気がした。
初めて、ビクターを恐ろしいものと思った、みたいな。
「ジュリアお嬢様と私は」のとこで、扉の近くからあまり動かなかったの、もしかしてそれ以上は近づけなかったのかな。

あれハピエンにはルンゲが裁判で証言することだと思うんだけどさ、ルンゲ、物理的に来れないのかなってちょっと思ったけど、違うわ、あの人心理的に来れないんだ。
アンリの顔見れないんだ。
だから処刑のときもだれよりも早く顔を伏せるんだ。
アンリを死なせた罪悪感に転げ回って苦しんでるルンゲおいしい…(舞台上では転げ回ってはいない)
たとえステファンが「甥は戦争で神経が病んでる」と言ったって、ルンゲが証言すれば覆りそうなのに(少なくとも即刻死刑はなさそう)、証人に出てこないの、甥(と自分)を守ろうとしたステファンがなにかしたのか、ルンゲ自身の意思かを考えてたんだけど、なんとなくルンゲの意思のような気が。

そうだ、今日のアンリの、処刑場にいく直前だったか、いつもは上がってたとこを上げてなかった気がする。

葬儀屋の一件のあとアンリの顔見れないルンゲすごいいい…罪悪感と申し訳なさで裁判にも顔を出せないし、処刑のときもさっと顔を伏せて。
相当苦しいだろうな。
アンリを死なせるのは実質自分なのに、坊っちゃんを生かすためなんだと言い聞かせないといけない。
そんなん私ならつぶれるわ。罪悪感で。
アンリの死を自分のせいだと思ってるルンゲは、だから余計に実験が成功してほしいかもしれないなと思った。
だからぎりぎりまで襲わなかったような。
もし生き延びて結末を知ってたら、ビクター以上にルンゲは苦しんで自分を責めたかもしれない。
…ちょっとそんなルンゲ見たい。

アンリを見殺しにする選択、マックスなら眉ひとつ動かさずに選べるだろうに、選びながらも激しく動揺し自らの行動を悔いるルンゲはやはり対極的な執事だなぁ。
同じ人が演じた、同じように主人を熱愛してる執事なのに、こうも違うのか。


怪物に向けて銃を構えるルンゲが、撃てなそうだった。
実際撃たないけど、あの人は撃てない。
絞められた坊っちゃんが声出せなくなるまでぎりぎりまで迷って、それで銃の台尻で襲いかかるの、もし勘違いだったとしても大丈夫なように咄嗟に切り替えたように見えた。
あの人はアンリと同じ顔した怪物は殺せない。
「大丈夫だ、ルンゲ、大丈夫」っていう坊っちゃんが声を出せなくなって初めて行動に移してるルンゲが、「この怪物が!」っていうのは、「これはアンリではなく怪物だ」って自分に言い聞かせながら殴りかかったように見えて。
怪物だから殴っていい、と思いたいように見えて。
怪物を殴る直前まで銃口を向けてたルンゲは、でも殺す意思はなかったんだよなぁ。
怪物の過剰防衛案件ではある。
しかたがないけど。

死に際、坊っちゃんの頬に手をかけようとしてた。
心残りありながら死んでくようにも見えた。


小西怪物が、ビクターに首閉められてなんとか逃れたあと、ひたすら「イタイイタイイタイ」って思ってそうで、でもビクターから銃で撃たれて振り返ったときに初めて憎しみでぶわっと全身が覆われたような気がした。
あと小西怪物が最初の方すごい顔歪めてるの、電気刺激で筋肉が不随意収縮してるのか。
もしくは神経がまだうまくつながってないか。
あの表情をしたくてしているわけではないのね。


前は、ルンゲは無償の愛でひたすら尊いと思ってたんだけど、今日のルンゲは婢俗な部分もちゃんとあって、醜さも持ち合わせてるんだなと思ったら余計に愛しくなった。
壮麻さんがそういう内面の弱さに振り回されたり向き合ったり目をそらしたりして苦しんでるときの芝居はほんとに最高だよ!
ビクターから見れば、ただひたすらに愛情を注いでくれるおかんな存在のルンゲだけど、一人の人間としては利己的なとこもあり、ずるいところもあり、弱さもあるところがたまらなく愛しい。



あの、イゴールいちいち可愛いけど毎回毎回することが違いすぎて思い出せない…言語化しづらい…負けた…ほんとに壮麻さんに負けた…こんな、レポしづらい役があるか…ちくしょう…俺の文章力ではイゴールの可愛さを百分の一も伝えられない…
今日のイゴールのかつら(?)、前より後頭部にフィットしてなかった?
前からあんなに後頭部の窪みくっきりしてた?
あと仮面も浮いた部分が少なく感じた。
なんかつやつやしてた。
ファントム…って思ったのは内緒(笑)


手拍子煽りですぐに手拍子もらえたからか、両手の親指と人差し指でそれぞれ丸を作ってた。
可愛い。
エヴァに付きまとってるイゴールがエヴァに叩かれてた。
でもさらに付きまとってた(笑)
今日のイゴールはやたらエヴァやジャックに絡まれてる印象。
そういやどじょうすくいみたいな動きしなかったか、二度ほど。
音楽に合わせて。
下手の方で数回バレエの、ジャンプして空中で足をつけるやつ、やってた。
あの体型でおどろくほど身が軽いイゴール。
あと回転すごい。
軸ぶれない。
体幹すごい。
なんでもないようにひょいっとやっちゃうのがさらにすごい。


最初に焼きごて持ってくるときのイゴールが舌なめずりしてた。
焼きごて当てに行くときの動き(うまく口で説明できない、ひょこひょこ横に摺り足?)もすごい可愛い。
イゴール、客席に背中向けてても可愛いとかほんとおかしい。
何度悲鳴をあげたか。
周囲の皆様ごめんなさい。
そのあとのコーラスラインで上目遣いして客席見てくイゴール可愛い…なにあれ可愛い。
なにそのあざとい上目遣い…
イゴールの上目遣いあざとい…
てゆかイゴールが可愛くてならないんですけど、なんなんですかあれ。
なにあの生き物。
凶悪な悪魔のくせに可愛いとかなんなの!!!!!
きゅるん♪て擬音つけたくなったわ!

イゴール、たぶんジャックが怪物いじめてるときに上手の方でボックス踏んでた。
なにしてんの(笑)

少なくともジャックはイゴールの仮面の下の顔知ってそう。
お肉も脱いで細身のただのイケメンに戻ったイゴールを町で見つけていきなり声かけそう。
「おーい、イゴール~」
「ちょっ…この姿のときそれで呼ぶなって言ってるだろ!」
「あ、そうだった?ごめんごめーん」
みたいな。


怪物と引き離されたあとのカトリーヌ、あれ映画版レミゼの「夢破れて」的なシーンなんだ…
カトリーヌの夢破れてシーン(違)で、ものすごい勢いで「丸刈りのアン・ハサウェイ…」ってワードが脳内でぐるぐるしてた。
肩すごいはだけてるんですが大丈夫ですか。
あとイゴールは見てただけ(男たちの監督)だなって思った。
衣裳的にも難しいだろうし。
イゴールがカトリーヌの足の間にぺってしていくの、「お前にはその価値もない」みたいな示威行動ですよね…

カトリーヌが怪物に薬飲ませるシーンを最初に見たとき。そんな怪しい薬はむしろ怪物じゃなく闘技場のみんなに飲ませたほうがカトリーヌ的にはいいんじゃなかろうかと思って、でも、致死性の毒じゃないから意味ないかなと思ってたんだけど、みんなに飲ませといたほうがその後の展開やっぱ変わるよね。
音月さん高音苦しそうだってから喉に来てたのかしら。


カトリーヌいたぶりシーン、エヴァがノリノリのサディストっぷりを発揮してて、震えるジャックがイゴールにしがみついて、イゴールもぎょっとした顔で見てるの、すごい面白い。
てゆかエヴァのりのりやった。


闘技場に火をつけたあと、怪物がカトリーヌを助けにいってたら、って考えて、彼女を牢に入れようとしてるイゴールが殴られて血塗れになりながらあの仮面が外れるとこまで想像した。


怪物は怒りに任せてなら人を殺せるけど、ステファンやジュリアは手にかけることができてもエレンにはできないの、もちろん計算もあるかもだけど、アンリのときの感情が多少残ってて、エレンを直接…はできなかったらいいな。
最初気絶させたときにはやろうとしたのに、とか。
加藤怪物は加藤アンリとの地続き感があったんだけど、小西怪物は最初アンリとは完全に別人で、なんなら頭じゃなくて体のほうの人格かっていうくらい別人だったけど、だんだん理性的になるにつれて感情のどこかにアンリがいる気がした。


回想の「坊っちゃん、時間です」って出てくるときのルンゲの声がすごく優しくて甘くて、これビクターの回想なんだからビクターにはこう聞こえてるのか…って衝撃だった。
そりゃキスのひとつもするよ(よくわからない納得)
あとエレンのお別れで泣くつくビクターに「一人になるのよ」って言い含めるのが笑いを含みながらで、幼い子がわがままいってるのに「しょうがないわね」って笑ってるようで…姉さん…(T-T)
そしてそんな二人の姿を直視できなくて目線をそらしているルンゲも好き。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

タグ: ミュージカル 鈴木壮麻

コメント

非公開コメント

FC2カウンター