義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

しげち

Author:しげち

カテゴリー

ミュージカル「フランケンシュタイン」

◇時間:
18:00

◇会場:
日生劇場

◇キャスト:
ビクター/ジャック:中川晃教
アンリ/怪物:加藤和樹

ジュリア/カトリーヌ:音月桂
ルンゲ/イゴール:鈴木壮麻
ステファン/フェルナンド:相島一之
エレン/エヴァ:濱田めぐみ

朝隈 濯朗
新井 俊一
後藤 晋彦
佐々木 崇
当銀 大輔
遠山 裕介
原 慎一郎
丸山 泰右
安福 毅
彩橋みゆ
江見 ひかる
可知 寛子
木村 晶子
栗山 絵美
谷口あかり
原 宏美
福田えり
山田裕美子

リトル・ビクター:難波拓臣
リトル・ジュリア:齋藤さくら

◇スタッフ:
音楽:イ・ソンジュン 
脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
オリジナル・プロダクション:ワン・ヨンボム プロダクション
初演製作:忠武アートセンター

潤色/演出:板垣恭一
訳詞:森雪之丞 
音楽監督:島 健 
振付:森川次朗 / 黒田育世
美術:乘峯雅寛 
照明:高見和義 
音響:佐藤日出夫
衣裳:十川ヒロコ 
ヘアメイク:宮内宏明 
擬闘:渥美 博
歌唱指導:福井小百合 
指揮:八木淳太 
音楽コーディネイト:東宝ミュージック
舞台監督:廣田 進 
演出助手:長町多寿子
プロデューサー:篠﨑勇己(東宝)/森 博道(ホリプロ)

http://www.tohostage.com/frankenstein/


これでビクターを2回ずつ見たわけだけど、あっきービクターは内に籠る印象、かっきービクターは周りに当たり散らす感じ。
アンリは全方位型の秀才で、ビクターは機能特化型の天才。

随所随所で、ルンゲがいるはずなのにみんなの意識として頭数に入ってない気がするんだけど、ルンゲはほとんどビクターと一心同体ってことなんですか。
ビクターのそばにいるのが当たり前だから、いちいち居たと言及する必要ないんですか。




今日のメニューはチーズリゾット。
「ルンゲ!」と坊っちゃんのお叱りつき。


アンリ引き留めるとこ。
くいって顎をしゃくる、坊っちゃんの真似してから「どうやったらそんなに仲良くなれるんですか?」可愛い。
「質問ですか、命令ですか?」
「ルンゲ!(手叩く)」
「命令ですか…!」
「質問ですか、命令ですかー」って偉そうにふんぞり返ったときの語尾の伸ばし方面白かった。
本人はいたって真面目に坊っちゃんに愛を叫んでるのに、いつものことだと流されてる執事さんの不憫さが好き(笑)
まぁでも酒場で報われるからいいじゃないの。


平和になったよーってやってるあそこ、ステファンが市長なら市長公邸とか?

ジュネーブに帰ってきたときの、坊っちゃんのフォロー頑張ってるルンゲすごい好き。
素っ気なく通り抜けてく坊っちゃんにみんなが唖然としてたら、すかさず立ち直ったルンゲが坊っちゃんに無視されたジュリアに「しばらく見ないうちに美しくなられて」って素敵な笑顔で話しかけて、そのまま話そらす如才なさすごい好き。
動揺を人前では見せないで主人のフォロー頑張ってるのに、坊っちゃんがあまりに素っ気なすぎるのでわたわたしてるのとかも好き。
でも慌てて坊っちゃん追わず、その前にちゃんとステファンに頭下げて、アンリも連れてくのも忘れない、できる執事。
ルンゲはできる執事なんだよ、キャラはあれだけど。
ルンゲの仕事できる感すごい好き。
でも普通にキリッとしてれば尊敬されたりもしそうなのに、あの性格だから損をしてるというか、貧乏くじ引かされてるというか。
坊っちゃんの態度はルンゲだから見せる甘えだと思う。
そうしても離れないからこその。
アンリへの態度は離れてほしくない相手への態度で、ルンゲへのは離れることなんてあり得ないと無意識に確信してるからの態度だと思うんだ。
だってアンリとは最初は対立もあったんだしさ。
でもルンゲは、なにされても、なにがあっても、絶対に坊っちゃんを見捨てないって、了解してるんだよ。きっと。

ルンゲの「こちらジュリアお嬢様。こちらは坊ちゃんの姉上のエレンお嬢様」のときに、「坊ちゃんの婚約者」とか「坊ちゃんの従妹の」とか言ってあげろよ、っていつも思う(笑) 道々そういう話はしてきたのかもしれないけど。
毎回思ってたんだけど、エレンって結婚してないのかな、してないんだろうな。
いい年だろうから、まだこれからとかではなくて相手がいなかったのかな…ヴィクターのせいっぽくて、そう考えるととても重い。


ジュネーブについてからのヴィクターの変化に気づいていて、アンリはヴィクターかルンゲには訊かなかったのだろうか。
訊いたけどはぐらかされたかな。
坊っちゃんははぐらかすし、ルンゲは坊っちゃんが言わないなら、と教えてくれなかったのかな。


子ビクターと出会ったときのルンゲ、軽くかがんでビクターの肩に両手おいてから手を繋ごうと手を差し出してた。

子ビクターが読んでる本に「腐敗しても甦らせることできるよ」みたいに書いてあるけど、坊っちゃんそれ信じちゃダメよ、腐った脳では失敗したでしょ?って毎回思う。
子ジュリアが、本を読んでる子ビクターの斜め後ろから隙を狙って本を奪っていったの可愛かった。

子ビクターの「生命、有機の結合」で泣いてるルンゲ、かなり泣いてた。
ステファンに殴られた坊っちゃんを庇うとき、ステファンを睨んではいなかった、かな。
ただひたすらに坊っちゃんの心配しかしてなかった。
そのあともずっと坊っちゃんの顔とぶたれたとこ見てた。
ステファンに殴られた子ビクターをとっさに庇うルンゲ、それまで泣いてたのに、目を見開いてすぐさま坊っちゃん庇ってたの、あれ考える前に体が動いてそう。
もうすでに坊っちゃんへの熱愛がかなりの段階に来ているのか…

ルンゲはいつから坊っちゃん大好きになったのか考えてるんだけど、犬の実験からなのかな、と。
それまでも同情して気遣ってはいたんだけど、ヴィクターが何考えてるかをはっきりと知ったときに、いじらしさや健気さに母性が溢れたのが最初じゃないかな。(母性なのか)

もしかしたらルンゲはもともとはジュリア付きの執事だったのかな、あの立ち位置は。
で、子供二人の世話を任されて、ヴィクターが旅立つ前にジュリアに言われて坊っちゃん付きに正式に。
とか想像するのも楽しい。
「ルンゲ、お父様にお願いして、あなたをヴィクターに付いていかせるようにしたわ」
「ありがとうございます、お嬢様」
「あたな、ヴィクターを大好きだものね」
「はい! お嬢様と同じように、坊っちゃんのこと、大好きです」
「でもヴィクターと結婚するのは私よ」
「もちろんですお嬢様」
みたいな。
たまに執事が坊っちゃん大好きすぎて、お嬢様が子供っぽい嫉妬で「あたしの方がヴィクターを好きなんだから!」って言ってて、それににこにこして「そうですね」って答えてるルンゲが見たいです。

子ジュリアと花輪とか作ってればいいのに。
「これルンゲにあげるわ」
「ありがとうございます、お嬢様」
「こっちは一番綺麗にできたから、ヴィクターにあげるの」
「きっと喜ばれますよ」
「あのね、ルンゲ、私、ヴィクターが大好きよ(こそっ)」
「ヴィクター坊っちゃん素敵ですもんね」
「私もヴィクター坊っちゃん大好きですよ」
「あらでもヴィクターを一番大好きなのはあたしよ?」
「ええ、ええ、そうですとも、ジュリアお嬢様。さあ、坊っちゃんに持っていきましょう」
みたいなやりとりしてればいいよ!

ところで、「愛のない人生」というけど、死んだ母からは愛されてただろうし、父だって命はって助けてくれたし、ジュリアからも愛されてたし、もちろんエレンからも愛されてたし、ルンゲからはうざいくらい愛されてただろうに、…あれだけ周りに愛があったのになぜあんなになったのか。
母を救えず、父を自分のせいで死なせ、ジュリアも傷つけた、ってことのほうがビクターの闇に多大な影響を与えてそう。
それは、愛があっても救えないほどの自責の念だったのでは。
それから逃れるために研究に打ち込んだのかもしれない。
てゆかステファンだって、わかりにくいけど甥っ子として未来の婿としてヴィクターを愛してたと思うんだ。
でなければ執事付きで学校にやるなんてしないよ。
もちろんヴィクターがまたおかしなことをしないように監視させる意味もないとは思わないけど。
愛情がなかったら、閉じ込めるとかしてたよ。

自分がいると周りの人を不幸にすると思ってる坊っちゃんが、ルンゲだけは側にいさせたのって、どういう事情なのかな。
まさか不幸にしてもいい相手だと思ってるわけでもなし。
一度は離れさせようとしたけど、ルンゲが「坊っちゃんの側にいることが私の幸せです」って言い募ったのかな。
「坊ちゃんのあらせられるところが、私の安息の地であります」って言いそうで、ルンゲ。
アミアンズをさらに尖鋭化したらルンゲになる。
このセリフ、おきめすでは「坊ちゃん」のところが「公爵」だったけど、もともと無いセリフなのに、アミアンズのキャラにとてもよく合ってて、素晴らしい追加だった。


3人が戦場から帰ったのが、期日が2週間といったことから考えると7月の半ばには帰れただろうし、パリ条約締結までかかったなら11月だし、どっちかな。
なるべく長く戦場にいたほうが研究はできるし、できれば帰りたくなさそうだから条約締結までいたかもしれない。
でもたぶん死体はもうなさそうだ。
エレン姉さんの回想が入ってるからあれだけど、ジュネーブに着いた日と、脳爆発はその日のうちか翌日くらいだよなぁ。
でもその時点で「こう毎回爆発するんじゃ」ってことは、ジュネーブに着く以前から新鮮な死体が手に入らなくなって失敗続きだったのかな。
だとしたらパリ条約あたりまでいたのかも。
もしくは、死体を求めて、イシーの戦いとか降伏を拒んだ一部城塞の戦いとかにも出向いていったけど、9月のロンウィ降伏以降は本格的に死体が手に入らなくなり、11月パリ条約締結で戦場にいる理由もなくなったから戻ってきた、ってとこかな。
夏だから死体の腐敗も早かったんだろう。
帰ってきてからすぐの実験材料はどう調達したんだろう。さっさと墓荒らしにいったのかな。戦場の死体から、墓場の埋葬死体に手を出すまではちょっとくらい葛藤してほしいんですけど。


「こう毎回爆発するんじゃ私の身がもちません!!!!」は、誰もいない、もしくはアンリや坊っちゃんしかいないと思っていたからのだよね。
エレンにはあんな顔見せてないんだよね。
久しぶりに会った執事が、昔は優しい超絶イケメンだと思ってたのにあんなだと知ったときの気持ちといったら…(笑)
優しい超絶イケメンだと思ってた執事があんなキャラだと知ったときのエレンお嬢様のショックは、きっと私が初日に受けたものと同じ(笑)

アンリがエレンにビクターのこと話してるとき、後ろで聞いてるルンゲがとても神妙な顔してて、ルンゲがアンリのこと少し好きになりかけている気がした。
人としての好意というか、友情めいたものを。

銃を手にしているときの壮麻さんの、頼りにならなそう感ほんと好き。ルンゲだからだろうけど。
ちゃんと戦える役の時は戦える動きをしてくれるのよ、あの人。
あと、へっぴり腰ではなく、一応の使い方は知ってるんだとは思う、ルンゲは。
使ったこともあるとは思う。


さりげに酒場で「これです、これ!」って人前だから直接的な言葉使わないけど言いたいこと駄々漏れなルンゲ好き。あれ可愛い。

坊ちゃんからのちゅーは高速で、最後ちょい長め。
アンリは指ならしてた。
坊っちゃんにちゅーされて、「ありがとうございます!」のあと名残を味わうのかエアちゅを何度かしていた。
よかったね。

坊っちゃんにちゅーされて椅子に腰かけてのんでるときに、テーブルに座った女の子の太腿に肘をおいていて、わざとなのか気づいてないのかどっちだろうと思ったら、そのあと彼女の顔見上げて膝撫でてたから、あれわざとか(笑)
あれ、私、壮麻さんが女の子といちゃついてるのすごい久しぶりに見る…おきめすは女の子いないし、EotRはゲイだし、FPも女の子いないし、かえるくんはがまくんが好きだし、サンセットはマックスだし、タイタニックは…むしろアンドリュースやスミスと仲良かった…あれ…?
なんか、そもそも壮麻さんが女の子といちゃいちゃするのを見たことあったっけ?ってなってる…んんんんん?
タイタニックの前はズボン船長、その前が304、さらに前がシェルブール、…あ、サミーはいちゃいちゃしてた!
って、2011年かよ!
いやいや、もう少しあるだろ。
今日久しぶりに女の子といちゃついてる壮麻さんを見て、そうだこの人女の子大好きな演技めっちゃうまかった、って思い出した。
触り方がギリギリエロくなかった。
でもルンゲさん、女の子にはモテそうだけど、常に坊っちゃん優先するから恋人できなそう。
そもそも執事は結婚するとき辞めるもんだし。
酒場で女の子とちょっといちゃつくの見て、ルンゲさんは坊っちゃんに付く前はたまにはああして女の子と遊んだりもしてそうだなと思った。
たぶんすごいモテる。
でも特定の彼女作らずみんなで遊ぶだけ。
ジャック・コナーか。

お金を払わされるルンゲ、「なにこれ? …なんですかこの額! なんでこんなに高いんですか! 知らなーい!」と逃げ出す。
そのあとマスターに捕まって、お金出すときにすごい口尖らせてた(笑)


ルンゲの歌が「言葉詰め込んでる」って感じがあんましなかった。
耳が慣れたのかな、それとも壮麻さんの歌い方がよりよくなったのかな。
ルンゲさんの歌の「殺したウォルターの首」のところすごい好き。
めっさ低音。
迫力ある。


「坊っちゃん。どんなことがあってもジュリアお嬢様と私は、坊っちゃんの味方です!」で、坊っちゃんの二の腕掴む。
とても力強い。
決意していた。
今日のルンゲはほんとに坊っちゃんしか見てない。


裁判で、ウォルターは母親が「うちの子返して!」ってなじってるけど、葬儀屋に関してそういう人いなくて、葬儀屋ってどこの世界でも人望ないのかな、って。
ウォルターって誰だよと思ってたけど、祝勝会でドイツ留学するといってたのがウォルターじゃなかったっけ…てことはあの日からそう時間たってないの?


冒頭と一幕終わりのあのシーン、エレンは「恐ろしいことをしようとしているわ」って止めに来てるけど、ルンゲは「お気を確かに!」って言ってるの、坊っちゃんが錯乱したと思ってるのかな。
それともアンリの首を使うのはいくらなんでもルンゲの想定外にあるのかな。
「どんなときも味方です」って言ってたのは、坊っちゃんがそんな非道なことはしないと信じていたからなのか…でも彼が道を踏み外すかもしれないことをどこかで感じていたからこそ「どんな望みでも叶えたい」って言ったともとれるし。
ううむ、そのへんのルンゲさん出番が少なすぎて心情がわからん。


ルンゲの最後の言葉が「坊っちゃん…」なのがとてもとても彼らしい。
あとこんときの「ぼっ…」が、血を吐きながらっぽいのも好き。
ごふって感じ。

ルンゲの最後に、あっきー坊っちゃんはかなり長くうずくまってた。
相当ショックなんだろうな。
かっきーのときはそれでもまだアンリが残ってないかと一縷の望みをかけて呼び掛けてるようにも見えたけど、あっきーはもうアンリはいないのだという確認作業のような気がした。
自分を納得させるための。


坊っちゃんにとってのルンゲはママだと思う。
しかもエレンが聖母的な象徴なら、ルンゲは日常の口うるさいおかん。
ハレなママがエレンでケのママがルンゲ。
もともとは普通に超絶イケメン執事だったのに、坊っちゃんにママみを感じられてそのままおかん化していった執事さんとか考えてたら、それはそれで坊っちゃんの好み通りというのか要求通りに変化したんじゃないかしらって結論に。
調教され済みの執事(笑)
ルンゲに向けてたまにうっかり「ママ」って呼びかけちゃって真っ赤になる子ヴィクターとかいなかったのかな。
先生をママと呼んじゃう的な。
んで、それ以来ルンゲが「私は坊っちゃんのママになります!」「いやまじやめて」みたいなコントが繰り広げられてるといいよ。
会見の時の「手袋になります!」的なノリで「坊っちゃんのママになります!」言ったらいいよ(笑)
だれか、ルンゲママのお料理教室みたいな絵を描いてくれないだろうか…エプロン着けてるの見たい。
大丈夫だよ、映画のマックスだってエプロンしてたんだから!
ルンゲは可愛い花柄のたくさん散ったやつしてそう(それ中の人のシャツ)

エレンとルンゲがヴィクターにとってハレとケそれぞれのママなら、ジャックにとってはエヴァは刺激的な妻でイゴールはなんでもいうこと聞く愛人…違ったパートナーってとこかな。


イゴール、相当お肉着てると思うけど、前にサミーで胸と腹にお肉着て踊ってたらすごい痩せたらしいから、今回も激ヤセしないかちょい心配。

イゴール…なんであなたそんな毎回動き違うの。
ほんとなんでそんなことできるん。
ダンスシーンのイゴールの動きはほんとおかしいよあれ…なんであんな軽やかに自由に動けるの。
エヴァの後ろでバレエのステップやったりしてたよ。
イゴールがくるくる回ってるときも軸がまったくぶれてなくて、あの年であんな回れるのすごいなと思った。


「利子が3ヶ月分たまってる!」のとこで、うわーって両手をあげたあと片手だけ3にするイゴールさん。

そういやあっきージャックの「お前だけが俺の理解者だ」がなかった。
あれ初日だけ?


「こいつは」
「壊れてる!」
「だから」
「返品させろー!」
なんかこのピエロの言い方なにかを連想するんだけどなんだろう。ナイトメアビフォアクリスマスのクラウン?

怪物いじめのあとのジャック、「行くよ、イゴール。乗れ」
命令でした(笑)


カトリーヌにぺっしていったイゴール、今日は振り返ったあと笑ってた。
うわぁあれ悪い人や! 近寄ったらあかん! っていう空気がやばいな。
客席にわかるように笑ったんだろうな、あれ。


怪物がチューバヤに負けたときに涙を流すマイムするイゴールさん好き。
大袈裟な動きで。
今日は「あれー? あれー?」みたいに左右に揺れたあと、涙を流す仕草。

あっきージャックはチューバヤ倒す前にイゴールに何事か囁いてて、イゴールも一言二言返してるっぽいの、打合せしてるのがなんか好き。
てゆか喋れるんだなお前(笑)

カトリーヌをいたぶるエヴァについて、あっきージャックがイゴールにしがみついてきてるためか、イゴールそんなに悪どくない。
「あんたたちも!」ってエヴァに言われたとき一緒に気をつけ!してる。
でもカトリーヌを連れてくときにわざわざ怪我してる方の手を掴んだあと、傷口を親指でなぞるようにしてから行くの、それはあかんよ! 痛いよ! イゴールさん容赦ないよ!
ルンゲはどMだけどイゴールはどSっぽい。
Sっていうか、嗜虐性高い。
ルンゲはどMだろうし、そーまさんだってM気質強いのが得意なのに、なんでイゴールはあんなにS気質なのか。
その芝居どっからもってきたの。
どこで覚えたのそんなの。

イゴールを見ながら、あの仮面が返り血で染まるところを見たいとか思ってしまったので私はいろいろと手遅れな気がしている。
ナイフとか使うときも、手袋は汚さないんだよ、きっと。


エレンが冬物詰めたトランク持ってきてくれて、ビクターにお別れをいってる間、ルンゲも泣いてた。


フランケンシュタインは、出てくる言葉とか概念とか物事とか出来事とか群衆心理とかが、現代と近代と中世が混じって歪なつぎはぎになっているのかな…まるで怪物のように。
とすれば、整合性を要求するのはもしかするとお門違いなのか。


原作ではヴィクターは、怪物に繁殖できると考えていたんだよね。
怪物の要求で花嫁を作ってやるも、こんなおぞましい化け物が繁殖したら大変だと花嫁を壊してしまい、怒った怪物がヴィクターの婚約者を殺す流れじゃなかったっけ。
その流れをやろうとすると、カトリーヌの遺骸を持ってきた怪物の要求で彼女を甦らせて、って感じか。
それはそれで見てみたかったな。
もしカトリーヌを怪物化して、怪物(アンリ)と怪物(カトリーヌ)が北極に行ったら…でも怪物は人間に近づいていってたし、どこかでカトリーヌに「君は俺が人間じゃないから怖くないと言ったけど、俺は人間になろうとしている」って嘆いてもいいな。
スポンサーサイト

テーマ: ミュージカル
ジャンル: アイドル・芸能

コメント

非公開コメント

FC2カウンター